2014年5月22日木曜日

「無一文の億万長者」(コナー・オクレリー、ダイアモンド社、2009)

 訳者の山形浩生氏をネットで発見してからいつか読みたいと思っていた本だ。経済学の解説書だとかが優先していて順番が後回しになってしまった。

1.概要
 この伝記は億万長者と言われていたデューティーフリーショッパーズの創業者が人知れず慈善団体を設立しており匿名を条件に1国を変えるほどの寄付=投資を行っていた、と紹介される。実は僕は山形氏のサイトでその文言を読んで優先順位が下がったのだ。だって匿名で寄付するって出落ちじゃん。何を考えて億万長者なのにそんな行動に出たのか気にはなるが、他の本を優先してしまった。
 で、実際に読んで上の紹介文とは全く違うことに驚かされた。主人公のチャック・フィーニーがなぜわざわざ匿名で、という理由は様々ほのめかされているが結局はわからない。チャックの出身地の他の人とはどう異なるか、アイルランド移民はみんなアイルランドへ行って涙を流すのか、などチャックを知るために比較されるべき情報は存在しない。それらがある意味で、本書でのチャックの神がかり的な凄さを補強している。
 それよりも面白かったのはチャックの努力。お金を稼ぐための努力は並大抵のものではなく、ゲームしたいとか美味しいもの食べたいとか昼寝したいとか煩悩にまみれた私のようなゴミクズ人間からするとため息をつくしかない。っていうか、こんなに私生活を犠牲にするならばお金持ちになれなくても仕方ないなと思うレベル。ちなみに、一見チャックは仙人とか世捨人みたいに全財産を寄付した印象を受けるが、家族に遺産を残したり家を数件持つなど散財も普通に行っている。
 というわけで、疑問点とかは次に。

2.疑問とメモメモ

  • 幼少期より事業というかお小遣い稼ぎに精を出し、読者としてはそこで得られたアイデアが後のチャックの起業家としての目につながったのかなと読み取れたのだが、一般的なアメリカの子供と比べて違いはどれくらいなの?
  • DFSや投資先・寄付先を成功に導いた要因がわからん。失敗談がほぼないので「チャックはとんでもなく先を見通す目を持っていて、極めて優秀なスタッフにも恵まれたのでした」以上の要因が見つからない。リムリック大学への投資がゴミになる可能性だって、DFS株を売りきれずにバブル崩壊のダメージを食らう可能性だってありえたわけだ。そもそもDFS創業時(当時は違った名前)、米軍に免税を売りつける段階では相当数の人間を相手に商売をしてたはずなのだが、たった数名で配送作業とか可能だったの?
  • 出てくる人間が本当に超人しかいない。DFS創業時に1日15時間働きっぱなしでも音を上げなかったチャックはもとより、デールもローズも本書を読む限りではチャックに従い延々っと働きっぱなしである。よく彼らの奥さんは逃げ出さなかったなあ。今の日本では普通に離婚ものな印象を受ける。
  • チャックの伝記だから仕方がないとはいえ、周りにいたミラー・パーカー・ピラトやダイアンはどう感じてたのかが気になる。特に彼らが決裂するのが唐突過ぎた。
  • DFS時代の租税回避について――本当に国に税金を支払わないで良かったのか? もちろん合法ではある、が、現在ハリケーン・カトリーナで被災地が延々と復興しなかったことも知られるようになり、公共による投資の不足という問題もあり手放しで賛同できない(でも僕はチャックほどの才覚があれば税金を支払わずに自分で寄付すべきだと考える)
  • 言ってしまえば所詮は超巨大NPO・NPOであるアトランティック財団の暴走を止める体制は? 本書で何度も出た完全匿名=マネーロンダリングでは? という疑惑に対して最後までちゃんとした回答はなかった。
  • 上記全てと関連して、結局はチャックを支えるスタッフが優秀であることが重要だったのではなかろうか。それは本書で数少ない失敗談として上げられたスローソン(GAグループを任されたものの"普通"の起業家であったため企業風土を乱した)の例が示す通りだ。財団の寄付先はほとんどがスーパーマンみたいな個人によって支えられていたが、彼らが数%でも利己的ならばここまで効率的な寄付はできなかったはず。寄付先だって出所のわからない金を学長なり何なりが無理やり押し通したってことでしかない。また、財団の運営メンバーも子どもたちもチャックの理念に共感(というよりも心酔)していたので問題はなかったのだが……。そういう素晴らしい人間を見つけたり育てたりするチャックがすごいのだという理屈は成り立つが、とんでもない額のお金が目の前にあるにも関わらず黒い誘惑に負けなかったサブキャラたちのすごさでもあると思う。


3.感想
 面白い。偉人の伝記ってのは小学生の頃に読んでつまらなかったのでそれ以降手を出してなかったが、本書は欠点も含めて読者に考える材料を与えてくれた。
 僕にとっては、寄付に対する見方を変えたのは事実だが、同時にチマチマしい寄付って価値があるの? とも思えた。1人5万・10万を頑張って捻出するよりも誰か大金持ちが数億円をまとめて投入したほうが効率が良いのでは? 気持よ~く大金持ち様に寄付してもらうために我々下々は寄付した人を崇める体制を整えたほうが効率的では?
 例えば投資を讃えてシュワルツネッガーシティに町の名前を変えるとか、奨学金の利用者は姓をクリントンに変えるとか、病院で死の淵から這い上がった人は家に常備する本をキリスト教の聖書なんかじゃなくてゲイツの伝記に変えるとか。それは各国ですでに表彰という形で作っている制度だが、もっと気持ちよくなってもらったらもっとたくさんのお金を出してくれるだろう。例えば大口の寄付者が車から降りたらその場にいる下々はみんな土下座するとか、そんな仕組み。チャックは1人しかいないけど、チャックの真似なら低コストでできるわけで、いかなる餌なら食いついてくれるか、それを考えるのも面白そうだ。例えば本書では金のあるところにしか登場しない王族共を、大口の寄付者(それも手元に残した資産は稼いだ財産の1割以下とか)としか交際させないようなシステムにしてみるとか。
 1人1人の心の中までは変えられないってのは本書の隠れたメッセージだと思う。チャックはDFSの経営にしても寄付にしても1度決めたらてこでも動かなかったし、それはミラーなど彼のパートナーだった人も同じ。でも、制度を少し変えるだけで――本書の例では民間の寄付と同額の補助金を政府に出させ寄付を促進する方法があった――人々の行動も変わるというのは本書でいっぱい書かれている。
 ここでおもむろにユニセフだかなんだかのサイトを検索して振込先を確認したら格好良いのだが、行動に起こしていない。色々考えさせられたのは確か。
 最後に、考えるだけではお金持ちにすらなれないよ、ってのが本書のメッセージの1つでもあることを書いておこう。チャックも子供時代からひたすら小遣い稼ぎのアイデアを実行していたのだし。

「百合男子」(倉田嘘、一迅社)→2巻断念

 まだ咳が出るけど現世に戻った。
 自分に合わなかったので完読する前に中途断念。しかも読めなかった理由を書こうとするありさま。

 物語ってのは主人公が好きになれるか否かでハードルが大きく上下する。あまり詳しくない事柄について書かれた随筆ですら筆者の書きぶりが上手ければ最後まで読み通す気になれる。その意味で、「百合男子」の主人公は僕には合わなかった。

 百合男子のあらすじを最初に聞いた時、2次元キャラに命をかける主人公がオタクであるコンプレックスとしかもマイナーなジャンルである百合好きこだわりを現実世界でどう生かすか、それとも物語世界に拘泥するかという絵面を想像した。実際は全く異なる。主人公が向かうのは作中の現実世界で行われる百合(というかソフトレズビアン)に対する妄想でしかなく、主人公が空気読めず周りを引かせて痛い目にあうギャグってのが基本パターンとなる。

 正直、主人公が気持ち悪くてページをめくるのが苦痛だった。

 かつて、腐女子という連中が男性オタクから可視化されるようになったとき、現実の男性をネタにしたり無機物を妄想に使ったりするらしいという噂が先行し、それをエッセンスの1つにしたマンガがあった。名を「全日本妹選手権!!」(堂高しげる、講談社)という。僕は完全にギャグマンガとして読んでいたが、当時は批判も浴びたらしい。腐女子とはいえど、ここまで身勝手な妄想なんてそうそうしねーよ、と。「全日本妹選手権!!」は現実を二重に歪めており、生の男性を元に妄想する腐女子をネタ化するオタクたち的な構造であったと言える。
 それ以降、正確にはそれ以前からの流れなのだが、妄想を現実に侵食させない努力ってのをオタク業界は少しずつだが行っており(喩えは悪いけど「イエスロリータ、ノータッチ」みたいな)、生身の人間に対しての妄想をキモいと評するだけの健全さを今では手に入れたと思っていた。

 だからそんな「健全さ」からすれば百合男子の主人公は気持ち悪いと感じざるをえない。
 作中の現実世界で目の前で繰り広げられる2人の女子の仲の良さ、それに対してオタクの妄想でしかない「百合」を当てはめ、自分の欲望を満足させようとストーキングする主人公。主人公視点だからとはいえ、その仲の良い女子2人の関係が読者からも百合としか表現できない現実感のない光景なのも坊主憎けりゃ何とやらかもしれないが気持ち悪いと感じてしまう。
 「男性である自分はそこに存在してはいけないのではないか」(コピー元はwikipedia)と苦悩する主人公だが存在しちゃいけないのは主人公自身の妄想だけであって(ギャグ風味ではあるが本屋で大声で独り言言うとかヤバすぎ)、ただの読者になるのは大歓迎されると思う。
 ちなみに現実世界の百合――つまりレズビアンの世界は例えばcakesで読めたりする。cakes連載がレズビアンの主張をどこまで代弁しているのかはわからないが、現実世界の面倒さを感じ取るにはちょうどよい。百合男子の妄想が現実を類型化した都合の良い妄想でしかないってのがこれでもかというほどわかり……別に百合に何の理想も抱いていない僕ですら同性愛はそんなもんじゃねーよと打ちのめされた。

 実のところ、主人公が現実の人間を妄想に使う気持ち悪い人間だってのは1巻の終わりから延々とテーマとして上がっており、多分3巻で主人公なりの解決というか結論が出るのかもしれないが僕はこれ以上読めなかったよ。「マリみて」が流行った頃なら十分なインパクトを持ってたかもしれないが今だと悪い意味でギャグにしかならない。
 この主人公(というか出てくる男性陣が大なり小なりそうなんだけど)は悪い意味でファンタジーから卒業できてないので、読者に応えられるような結論を出せるのか疑問。そればかりか主人公に下手に思想を与えると無批判で受容しそうなのも怖さの1つである。

 そうそう、僕が一番笑ったのは2巻のコミケ帰りに百合レンジャー5人で議論するシーン。百合に性表現は必要か否かってのは太古の時代の鍵のような泣きゲーにエロシーンが必要かという議論の焼き直しでしかなく、会場に男しかいなかったことも合わせて百合ってのが男性の性的妄想の1変型に過ぎないことを意味してるのだが彼らは気付いてるのかな(そもそも百合と性表現は対立しておらず、森奈津子氏みたいな作家もいるくらいだから……)。

 さて、今回僕がわざわざこんな記事を書いたのは文句を言いつつもギャグマンガとして笑えたから。主人公が気持ち悪かったのは事実。それは別にオタクをカリカチュアしたのが悪いわけではなく(そもそも僕は「ロリコンフェニックス」とか「かってに改蔵」とか、それこそ「全日本妹選手権!!」みたいなオタクをネタにしたマンガを好んでいたし)、現実との距離のせいなのかもしれない。
 ぱっと見では現実を元にしたような世界、人物の絵柄も比較的写実的に描かれている社会。たぶん刃物で腕を刺したら血が出て、しばらくは腕が使えなさそうなリアリティがあるため、余計に男性陣の思考・主人公の行動の異様さについていけなかったんだと思う。ちなみにこの作品はギャグマンガなので、6階から落ちてもケガ1つしない。この作品がいかにもマンガマンガした絵柄で、もっと日常の描写も類型的ならば普通に受け入れていたかもしれない。