2007年4月27日金曜日

PSP買いました

ソフマップでドット抜け中古を17800で。
うわ、画面の発色がいいな。GBAとは大違いだ。
正直な話、ここ数年の携帯ゲーム機戦争はニンテンドーDSの圧勝って雰囲気があるから、PSPを買う気はありませんでした。でもまあ満足、かな。
PS2系やPC系のソフトをプレイしている人なら好きなタイトルがあるかもしれません。何せファルコム、ガンダムアクション、GTAが出ているので。
逆に脳トレやポケモン、のんびりしたゲームをやりたい人には向いていないでしょう。
そんな意味でニンテンドーDSは普段ゲームをしない人へも買わせたけど、PSPはゲーマー向けで、市場的にはDSに勝てないのかなぁ、と個人的に思ったりします(あ、勝つってのはこの先数年、雑誌で取り上げられるとか言う意味で、勝ったからと言ってメリットはないかも)。

ただ、ニンテンドーDSとWiiは日常的にゲームを行わない層へ売ってしまったが故に流行が終わると売れないのでは? と考えてしまいます。ニンテンドーDSって初めのうちはコアなゲーマーがいて、そして脳トレやDSLiteで広告が付き、品切れになった印象があるため、欲しい人が買い終えて、脳トレブームが終わったら任天堂の売り上げは目に見えて下がるのでは? と余計なことを考えてしまいます。
普段ゲームをしない会社員に受け入れられると年間通して売れますが、そういう人たちは新しいソフトが出たからと言ってせっせと買わないような気がします。
どんなビジネスモデルを作るのかゲーマーとして注目の的ですね。