2007年4月23日月曜日

2007年就職活動日記vol.4

受ける企業を絞ろう

そういえば、書くのを忘れていましたが、ここに書かれているのはあくまでぼくの体験なので、必要以上に気にしすぎると後悔するかもしれませんよ。何事もやってみて失敗した方が、次回の役に立ちます。
それでは今日は企業選びについて。

・受けたい企業が決まっていれば受ければよい
が大原則です。
でも普通は決められないし、全ての業界に興味を覚えるでしょう。
そこで
1.人と向き合う?orモノと向き合う?
2.短期決戦?or長期決戦?
3.多くの人と交わりたい?or少数でも深くつきあいたい?
などを考えれば答えは出やすいでしょう。
答えが出なければ多くの企業・業界を回るのも方法です。ぼくも受けてない業界が住宅、食品、飲料、流通・小売りだけですから。








実際問題、今みたいに就職活動が長期化した状況ではできるだけ多くの企業を同時に回る必要があるのも事実でしょう。
ついでに多くの企業で聞かれることもほとんど同じであり、それは志望動機ですらそうです。少し業界研究を行えば業界内の企業の違いがわかるようになるので、それを適当に加工すれば通用するのですから……。
決めすぎるのも問題だとぼくは思ってますけどね。