2007年10月30日火曜日

Nintendo-DSとタッチペンって僕にとっては相性が悪かった

 今持っているコンシューマーゲーム機はニンテンドーDS(以下DS)です。そういえば日本で一番売れているらしいですね。ドラクエの最新作もDSになったみたいですし。
 まあちょっと前に言われていた「普段ゲームをしない層」に売り込んだ結果なのですが。というわけでソフトもそんな感じになっているですよ(参考。DSのゲームタイトル-Wikipedia)。
 で、色んな会社が素晴らしいゲームを作っているのですが、一言言いたい。
タッチペン操作は電車じゃ無理だ。
ていうか、何で携帯機にタッチペン何ぞを付けようと思ったのだろう。
 いや、揺れる所で精密な作業を必要とするゲームはするな、という言葉はごもっとも。でもムダにそんな機能を持っているから「よし目新しいもんがあっから使ってみるべえ」的なメーカーも多い。ぶっちゃけ今のDSは漢字を書くとか以外はプレステのゲームに似た代物だからタッチペン操作なんていらないですよ。あってもいいけど十字ボタンでも使える仕様にしてくれ。どうせリアルタイムストラテジーとかのゲームはできないんだから(画面が小さすぎるのとキーが少なすぎるから)。
 まあそんな感じでDSを使ってます。PSPも一時期持っていましたが、どっちもどっちですね。PSPはバッテリーが長持ちしません。<ポータブルじゃないじゃん。
DSは二画面だしバッテリーがありますが、そこまでポリゴンとかリアルタイム系とかはできません。
 しっかし電車の中じゃタッチペンが上手く使えないのはイタイです。ちょっと設計コンセプトミスの予感。