2008年4月12日土曜日

「夢のおもちゃ工場」感想


 どっかで見たことあるネタが多いなーと思ったら、駕籠真太郎プロデュースのおもちゃの宣伝だったのですね。なんていうか、SF(少し不思議)ではあるけどパンチが足りない作品もあるかも。何て言うか、おもちゃシリーズはマンガとしてもおもちゃとしても個人的には面白さを感じられなかったから……。スカトロネタって飽きるのが早いのですよ。
 以下適当に個別の感想。
・「白い糸」。最終コマのテレカから出ている白い糸の話を読みたかった。これって無機物とか動物とかのネタに発展させた方が面白そうですよ。
・「なぜなに地震と火山」。火山を女性の体に喩えると……? な作品。面白いんだけど、詰め込みが足りない……。
・その他スカトロシリーズ。「アイコ一六歳」を読んでしまうとやっぱり少し落ちます。