2008年4月27日日曜日

iPod Touch復活!

 今日、Apple Storeに行ってきました。まあファームウェアの復元とアップデートをしてもらいましたよ。僕の他にも同じ症状になった人がいるかもしれないから、そこで聞いた話をメモします。
 
「'iPod'が復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(1604)」
 何でもApple純正ケーブルを使わずにPCとiPodを繋いだらこの症状になりやすいらしい。もしくはPCとリンクしている途中でiPodを外すとか。
 対処法としてはできるだけApple純正製品を使うことしかないでしょう。終わり。
 いや、Apple Storeに行っても工場に行っても問題が見つからないだけですからねー。

 で、iPod Touchを軽く遊んだ感想。
・iTunesが重くて、Firefox使ってるとFirefoxの描画に悪影響出まくる。文字が全て消えるよ。
 うーん、何て言うか不安だ……。

・画像とか動画を取り込むにはどうすればよいのだろう。第三世代からいきなりiPod Touch(しかも説明書なし)はきついぜ。

・正直、iTunesの曲の並び方自体に不満がある……。たぶんやり方が悪いのだろうけど、良い手順が見つからない。iTunesもマニュアルが充実しているわけではないからなー。

・同期させて音楽を取り込ませるのはきついな。普通に容量を食いまくる。

・何か不満ばかり挙げてるみたいだけど、前から思ってたことが大半で、iPod Touch自体はすっごく好き。再びiPod Touchが壊れてもAppleを恨むことはないだろうなー。

 それにしてもAppleがすごいのはこんな物を作ることのできる発想と技術力、デザインでしょう。
これを見てもわかるとおり、かっこいい。持って見せびらかしたいですよ。まあ、中身は東方同人音楽ですけどね。

 しかし、こういうのを見せられると日本の製品は眺めて喜ぶ感覚が欠けてるような気がします。例えば筆記具の世界がそうですね。実用性のみ。最近は値段を出せば性能とデザインが両立しているのを選べるようになりましたが。
 人に見せるだけでも楽しい製品で差別化・付加価値化するーーーなんてのが近年のキーワードですが、Appleはその戦略を地で行っています。頑張れ、SONY。無駄にATRAC(だっけ?)みたいな「優秀だけど他の企業製品やフリーソフトで採用されない独自規格」を作っている場合ではないぞ。絶対にダメなわけではないけど、一定の性能を手に入れた消費者が他に何を求めるのかを探すべきだと思います。