2008年5月9日金曜日

無限新聞に載ったぜい

 5月5日ころ、ゴールデンウィークなのに独り寂しく無限でUOってたところ、無限新聞の記者さんに会いました。
 で、その記事がこれ
 
おおー、我ながら何かかっこ良いこと言ってるなあ。
まあ宣伝っぽいけどな。もっと自然な感じで記者さんと話をしていたんだけど、要約とかされたり相手の相づちを消されると微妙にわざとらしいですね……。コメント欄に書いてあるとおりに。
 で、まあ個人的な補足として、特に無限新聞からわざわざ僕のサイトに来てくれるかもしれない方に書きますが、

質問が前後しますが、Mugenに来て間もないときにPKされることはどう思いますか?
「あー、難しいですよね。実はこのキャラは無限2キャラ目で、1キャラ目はUO始めてすぐにMugenで殺されて、嫌になって消したのです」
なぜそれでもMugenに戻ってきたのでしょう?
「ある程度一般で暮らして、一般の特徴とMugenの特徴を考えて、Mugenが好きならば、殺されてもMugenに戻りますよ」
戻ってくれてうれしいです
「いえいえ、やっぱり楽しいですよ、Mugenは」


一番最後のこの件、嘘でしょうね。
 新人がPKされて、無限を辞める気にならない人は少数でしょう。一般に慣れていれば慣れているほど無限を諦める傾向は強くなるはず。
 僕が最初に無限に来たのはUO始めて2週間目で、初日にスキル上げ最中に3,4回PKされたので無限から撤退しました。今はUO始めて6ヶ月目ですが、そのくらいの時間を空けなければ無限に再び戻ろうとは思いませんでしたね(その間は桜で物欲番長になってました)。
 PKするなと強制もしませんが、もしもヘイブン周辺でスキル上げしている人を見かけてもそっとしてあげてほしいですね。僕もそうでしたが、新人は大抵エスコートを何回も行ってやっと低減装備3パーツとかを買ったりするので……。
 PKは確かにプレイスタイルの一つですが、延々とPKされて挙げ句になけなしの低減装備を奪われた新人が無限に留まるか否かは考えた方が良いと思います。少なくとも僕にはそんな仕打ちをされた新人が無限から去っても「あいつは根性がない」などと言う気にはなれませんよ。