2008年6月9日月曜日

「ハイテンション」(土居坂崎)感想


 とうとう来ました、土居坂崎先生です。ハリー・ポッターのパクリとかドラえもんとかハットリ君とかパロディを描いたり、エロ絵戦士シリーズを書いたり、そうかと思えば微妙に叙情的な作品を描いたりとネタに困らない人です。今は秋田書店のチャンピオンシリーズにも連載されていますが、もう少しエロマンガを描きつつけると、まぐろ帝國先生にも負けないネタ作家になっていることでしょうおめでとう。

<個別作品紹介>
 まあ買えばわかるさw。

 いや、本当にそうなんですよ。何をどう書けば良いやら……。まあ、あれです、このマンガの中で一番感想を書きやすいのが後書きって時点で色々とわかると思います。
 つーか、連載時の原稿に手を加えた形跡がありますね。特に二話打ち切り作品(正式名UNHALLOWED)。しかも伝説の作品らしく、編集者コメントがそのまま載ってるし。

長い間ご愛読ありがとうございました!
土居坂崎先生の来世にご期待下さい!


まあ後書きによると土居先生が原案出したらしいですがね。
しかしこの最終シーンのアレさは……。エロ絵戦士シリーズにしてもそうなのですが、何かいけない電波を受信したのか心配してしまう構図です(買って読めばわかる。絶対にエロマンガの最終コマではないw)。
 そういや、最終コマってかページのアレさと編集者コメントに気を取られてたけど、「UNHALLOWED」のストーリー自体目茶苦茶ですな……。土居先生はストーリーがネ申がかっていると定評がありますが、正にそんな感じです。普通のエロマンガなら2,3話使ってヒロインと主人公の関係とか性格を説明するのに、「UNHALLOWED」は4,5ページで終わらせます。すばらしい。
終わり。