2008年12月7日日曜日

ポメラとガジェットとiPhone

 個人的にはポメラにはあまり食指を動かされなかったですね。その理由として、キーボードを広げたときの形がダサくて壊れやすそうだったのがあります。ついでにEeePCでいいじゃん、と。
 僕の持論としては、「超『超整理法』」に書いてあったように、デジタルで保存するメリットは検索のしやすさが第一義だと思います。ついでに修正のし易さとかまあありますが。その意味で、テキストしか扱えないのはかなり痛いな、と考えました。せめてCSV位はサポートしてくれ……。まあ、本格的に文章を書く機会がないからこそ「別に手帳でいいじゃん」的なセリフを吐けるのかもしれませんね。というか、今のところはどちらかといえばExcelメインなので、その点からもEeePCなんですよね。
 この手のことはiPhoneにも言えていて、微妙に有名になった割にはいまいちパッとしなかったり。日本で使う携帯電話としては日本製の方が高性能だし、海外で売られていることを売りにするならノキアとかいっぱいあるし(ちなみに海外販売のメリットは企業にとっては収益性、ユーザーにとっては様々な場所で使われているためユーザーによるバグや故障のデストがなされていることだと思う)。「iPhoneは携帯電話じゃねえ」とか言う人がいるけど、スマートフォンとしたら性能は悪いし、何よりiPod Touchの壁は厚いぞ。
 iPod Touch系列の品はおもちゃだからこそ使っていて楽しいし、高性能に思えるのであって、それを本気で仕事道具にすると絶対に不足点が見えると思います。