2010年8月1日日曜日

SNSについての雑感

†僕の勤めている会社でSNSを導入した。会社の平均年齢は40前後。当然というか、上司などはほとんど利用せず若者~中堅社員の飲み会告知用と化していた。参加者数は当初の見込みに比べてどうなのだろう。少なくとも1割は越えている。

 わざわざ今の時期に微妙じゃないかなーと思うんだ、社内SNSとかいう奴は。もっと言うとmixiクローンだね。まあそれは僕がmixiの絶頂期からブーム終焉までの課程をリアルタイムで見聞きしていたせいもあるんだが。
 ただ、少なくとも会社内で使うのに会員制の社内SNSなんて意味ないと思うぞ。情報システム部長はどっかの雑誌にインタビューされて、強制参加にしないために会員制にした云々と語っていたが、本当に社員同士のコミュニケーションを促進しようと考えていたなら強制参加にした方が良かったかもね。
 ついでに今既に某グループウェア(スケジューラ+掲示板+メッセージ送付機能付き。ただし大多数の人はスケジューラしか使っていないと思われ)が浸透しているのにSNSなんて競合するだけでしょ。複数の管理画面・サイトを多数作ったからといって全部使いこなせるわけないのだから。しかも社内SNSなんて勤務時間中に使えるような雰囲気じゃなのだし(一応、仕事関係のトピックもあるため明確に禁止されているわけじゃないけど。でも、ね……。使い辛いよねー)。あと、噂ではかつて社内メッセンジャーを入れてたそうな。そりゃメールよりはスピーディになるかもしれんが、仕事の邪魔なだけだったみたい。社内SNSの末路もそうなりそうな予感がする。
 とは言え、実際に使っている人からすると面白いんだろうな。僕の知る範囲でまともに日記を書いている人はいないのだが、でもそれなりに更新している人の話は聞いているし。コミュニティも作って飲み会やっているっぽいし。わざわざmixiクローンを導入した結果がそれかよ、と思ったりもするがw