2010年12月14日火曜日

失恋した

※今回の記事はいつもより激しくオナニー度が高くなるので注意。キモイのが嫌いな人は回避推奨。しかもリアルで僕のことを知っている人が見れば気付かれるかもしれないけど、誰にも言ってないからいっか。

 つい先日というか昨日、失恋した。多分向こうはこのブログ読んでいないと思うから詳しく書いちゃうけど、同期の女性で意識してから大体1年くらい想い続けて、玉砕。それはもう見事だった。後で書くけど、2chまとめとかでそれなりに友人として良い関係を築けていてそれでも恋人関係にはなれないみたいな片思いからすると怒られそうなほど清々しい散り際であった。根暗人間バンザイ。
 僕は完全に非コミュとかそっちの方の人間で、その子とも全くメールとかしない関係。唯一課外活動で週一で会うか会わないか程度だった。要はこの状態で告白しても高確率で駄目だったんだよね。それは自分でもわかっていた。しかも僕は自分からコンタクトなどは一切せずに、僕としてはそれでも満足だったんだけど、意識し続けてそろそろ1年。いい加減に進退を決めないと僕自身も限界になったんだ。
 特に職場的に出会いがないから婚活とかするならするで決めないといけなかったのだが、片思い中だったので完全にその女性以外の人に魅力を感じず、動く意志がなかったのだ。だからそろそろどのような返事を得るにしろ告白しようと思っていた。大体年末の飲み会で意識して、1年ほどたった昨日が調度良い日だった。
 でも自分でも泣きたくなるけど、僕はこれが初恋であって、全く告白とか自然な関係を築くとか、そういった行動がわからなかったんだ。もう25にもなって恋愛沙汰がわからないなんてどんな馬鹿だよ。
 やったことは飲み会でその女性ともう一人の女性と帰りが一緒になったときに「前から好きでした。付き合ってください」と言っただけ。その前後の友人としての段階とかをすっ飛ばしてだよ。しかもその場にいたもう一人の女性が気を使って先に帰ってしまう事態に。orzorzorz

 結果は言わずもがな。見事にふられた。告白しようかどうしようか迷っていた期間に、そこら辺の覚悟は出来ていたからやっぱりねーみたいな気分で帰った。個人的には中途半端に返事を伸ばされるよりも即断ってくれたからそっちの方が嬉しかったりした。だって生まれて初めて気になった人が自分の為に言葉を考えてくれたんだぜ。

 で、なんつーかこれを書いている間、この感覚が何かに似てるなーと思ってたんだけど……。
 これか。
暇なのでキモメールを送ろう
 うげぇ。今ならわかるよ、こいつらの気持ちが。いや、僕がキモメールを送りたいとかじゃなくて、人間関係が破綻してしまうのにも関わらず、送ってしまう連中の気分が理解できた。以前は何こいつらキンモーとか思ってたけどわかってしまった。
 多分だけど、キモメールを送ってしまう奴らって、その女性に惚れてるんだよな。でも関係が全く進展しない。だからこそ変なメールを送ってどうにかバランスを崩したいんじゃないかな。それが僕みたいな(場にそぐわなくとも仮にも)告白なんかじゃなくて、キモメールになっちゃうのは相手の女性に真剣になってほしい……からなのかも? 全然自信ないけど。ちなみに電脳ポトラッチさんでは小学生の嫌がらせと同じという指摘だった。やーい、ばっかでー。
 少なくとも断られる一瞬だけは相手が自分に向きあってくれて嬉しかったからつらつらと思った。

 以下蛇足。
 でさあ、個人的に一番ショックだったのは振られた瞬間全く動じなかったんだよね。告白したときは足ガクガクで一番緊張したけど、それ以降は別に気にしなかったというか。告白したことも自分の感情にケリをつけたいという勝手な動機だったからなあ。
 マンガとか読んでるともっとショックで、さすがに泣くとかそんな訳はないと思うけど、夜眠れないんじゃないかなーと思ってたけど、そんなことは一切なかった。いつも通りに普通に生活してたんだよね。何かこの1年間の僕の気持ちってこんな程度なのかなと情けなく思ったよ。
 あの時、ちゃんと笑えてたのかな。人生で一番大切な時期に仏頂面なんかだと笑うに笑えないよ。昔、どこかのマンガ家が自分の泣き顔すら鏡で観察してスケッチをするーーなんてエピソードを描いてたけど、僕は振られたときの自分の顔を見る勇気がなかった。
 さらに、一番ダメダメなのはこの期に及んで自分のことしか書いていない僕の心持ちだよね。今から思うともう少しタイミングとかを考えてあげなよ、と思うんだ。いくらこの気を逃せないと焦ってたからと言って、告白するときに第3者の目の前ってのはどうかと思わずにはいられないよ、僕の馬鹿。



 最後に、多分ここを読んでいない誰かに対して。
 ちゃんとお返事が聞けて嬉しかったです。しかもフォローまでいただいてしまい、告白して良かったと思えました。今後も良き仲間としてお会いしましょう。貴女の幸せを心より祈っております。ありがとうございました。