2011年2月26日土曜日

あいどるプロジェクト

Arclight
人数:3~5人
時間:60分
デザイナー:イラストレーターいっぱい夢いっぱい
★★☆ (2/3)
気に入った事務所としか契約してくれないアイドルたちをスカウトするために、うまく事務所を切り盛りして最高のアイドルユニットを結成しよう。目指すはドーム球場でのコンサート開催!
(Amazonの商品紹介より)


こんな感じの萌えゲーです。

【遊び方】
 競りゲー。と言ってもアイドルを競るのではなく、行動順を競りで手に入れるのだ。イングリッシュ・オークション形式で競りから脱落した人順に5番、4番……と決まる。1番を落札できた人のみお金を支払う。アクションの選択肢は、株券購入(プレイヤー数より1枚少ない)・知名度/設備/スタッフ力のパラメーターカード1枚の購入・1枚のパラメーターカードの破棄・そして臨時収入(1番手は選択不可)のどれか1つである。1番手のみパラメーターカードの購入+破棄のWアクションができる。各パラメーターカードは高額カードだと1点の勝利ポイントを得ることができる。
 全員がアクションを完了させるとアイドルの所属フェイズになるが、アイドルは自身が持っている知名度/設備/スタッフ力の条件に従い、自動的にプレイヤーの手元に行く。プレイヤーができるのは、アイドルカードは次とその次がオープンになっているため、欲しいアイドルがいたら全力で行動順を落札することだけだ。
 ターンの始めに収入フェイズがあるが、株券を持っていれば少し多く収入が入る。ターンの最後に株券売却フェイズがあり、売却したい人はその時にかなり高額で売ることができる。
 最終的に各プレイヤーに配られた終了条件を1番早く満たした人(コンサートを開催)が出た時点で終了。コンサートが開催されれば勝利点20を手に入れることができる。

【感想】
 アイマスのパクリかよ……そう思ってた時期がありました。全力で回避推奨だったために予備知識を全く仕入れてない状態でゲームした。すっげえ面白かった。キャラゲーだったからドミニオン系かと思いきや競りゲーだ。な、なんだってー! アイドルもので競ゲーと聞くとやたらに生々しい気がするのは気のせいか。
 しかしこのゲームの肝は競るのがアイドルではない点だ。これだけは本当にすごい。行動順ー要はアイドルを手に入れるためのパラメータを競っている。しかも1番手になったらアクションを2回行えるものの、競り金を支払うので高額な買い物はできない。しかも次のターンは下手すると競りに参加できなくなると来た。ゲームバランスが優れている。 アイドルがプレイヤーのパラメータによって自動的に配置されるのも新しい。アイドルの中には維持コストの割りに能力が低かったりマイナス効果を持っているのもいる。そんな連中が押し付けられるのだ。僕が参加した会では実際に維持コストが払えず破産してアイドルを手放したプレイヤーもいた。心の中でほくそ笑みながら事務所の経営とは大変なり、と呟くのもまた一興。そんな僕は結局アイドルを1人も手に入れないまま大負けしたけどな。そんなカスの押し付け合いから逃れるためにアイドルカードは2枚までオープンにされている。地雷と思われる子がいたら配置条件を満たさなければよい。配置条件に当てはまってても他のプレイヤーのパラメータのほうが高ければ問題ない(所持金のみが非公開である)。うーん、なんか後から考えると非常に優れたゲームシステムに思えるなあ。

 ただし欠点がないわけでもない。最大の問題は、コンサート開催が勝利点20も取れるためにほぼ勝ちが決定してしまうことだ。R&Rの店員さんによれば、あくまで「アイドル」だから1番早くコンサートを開催できた人が勝ちで当然! とのことだったけど、ゲームバランス的にはせめて10点、もう少し頑張って5点くらいの方が面白かったと思う。ぶっちゃけ勝利点5点でもかなりきついぜ。
 そして1ゲームで回転するアイドル数も少ないことがもう一つの問題点である。大抵の場合、アイドルを3人程度集めたプレイヤーが勝てるため、オープンにされるアイドルが少ない。しかもアイドル山札はどうも「イベントカード」なるものも混ざっているらしく、グッドイベントバッドイベントがプレイヤー全員に降りかかってカオスになるとか。僕の参加したときは全くイベントが起きなかったよ? つーかキャラゲーなのにキャラクターの登場機会が少ないってのはどうだろう。

 まあそんな欠点を除けばかなり良質のゲームだと思う。アイドルカードは全て名前も絵柄も変えるのは基本として、アイドル名はネタ元がわかる人にとって面白かったらしいし色々カードだけ見ても盛り上がることは間違いない、オタクの間でだけど!



 ちなみにここによるとゲームシステムの元ネタが存在するらしい。
 「エミーラ」ってやつらしい。ほうほう。いや、だからゲームとしてしっかりしていたのか。まあ、キャラゲー作るならゲームシステムは既存のものにするってのは間違ってないね。