2011年11月6日日曜日

Elona始めました

 ローグライクゲームはクリアできないにも関わらず、気が向いたらちょこちょこ遊んでる(そして途中で詰まったまま放り投げる)。冒険の過程が面白かったので、もう少しグラフィックが強化されて戦闘以外にも売りがあれば良いなあと探してたらあった。

それがこのElonaである。

もともとはここの感想を読んで遊ぶことを決意したのだ。リンク先の情熱と愛を見よ。ここまで丁寧に特色をまとめられる文章はめったにない。

 まだ序盤しか遊んでいないが自由度は高い。前もって言われてた通り独りで遊ぶUOだった。ソロゲーならばルナティックドーンに近い感覚、というか、ルナドンの2やってないから比較はできないけど、少なくともルナティックドーン開かれた前途・前途への道標以上の遊びごたえはある。なぜならElonaはローグライクであるため行動自体も食べる、使う、地面に置くから始まり、読むとか飲むとか多岐に渡る。これだよ。まさにファンタジーの中で生きることをそのままゲームにしているのだ。僕はこんな感じのゲームを求めていたのだ。素晴らしすぎる。しかも無料であり、アップデートがまだまだ続いているときた。基本的にフリーゲームはある程度で開発が止まる印象があったので非常に好印象。
 ただし、問題はあって、ローグライクの例にならい非常に複雑。僕が初めてローグライクに入ったのは変愚蛮怒だけど、武器や防具の性能が全くわからなかったのだ。正直、今でも計算方法がわからないので数値とエンチャントのどちらを取るかを悩んでしまう。
 さらにはアクションの多さ。Elonaはチュートリアルがあるから比較的わかりやすかったが、これでもローグライク初心者は迷いそうだ。

 僕が遊んでいるものは「Enhanced Love Miracle」、俗にelmと呼ばれているバリアントだ。Elonaが優れているのはバリアントも開発が続いているところだと思う。elmバリアントはゲームバランスやグラフィックが改良されているらしい。遊んでいて特にストレスが無い。多少ゲーム自体が重く感じるときもあるけど、許容範囲内。
 初めてゲームを起動したときはキャラメイクから自由度高すぎで驚いたよ。そしてチュートリアルが終わって放り出された時の心細さ。UOにログインしてヘイブンでつったってたのを思い出してしまった。しかもElonaは序盤の金稼ぎ方法が極端に少ないので困ったし。

 続くかも。