2012年12月12日水曜日

僕が考える初心者向け戦士装備(前篇:実践)


 暇だったから職業案内所を見ていたら、装備例のページで初心者向けのはずなのに回避低下メガネとかが普通に書かれている! こうしちゃおらんと僕なりに初心者向け近接白豚のテンプレを書いてみた。もちろん個人の意見であり、効能を確約す(ry。

【コンセプト】
・ヤングキャラの序盤の目標とそれ以降の道標となる。
・高価な装備・アイテムは利用できない。
・なるべく希少材料を使わずにコストを抑える。
・練成後の強化なんぞもっての外。
・ルニック改良ってなんですか。

まあ、妥当な条件だろう。

【前提】
種族はエルフ。ナイトサイトのプロパが不要になるのはでかい。マナがINT+20になるのでその分をDEXに回せられるのはでかい。性別は女性。装備にも書くが、ヴァルキリーブロンズアーマーを装備できるようになるのは非常にお得。
・ステ振りは
STR100(HP100)
DEX110(スタミナ110)
INT15(マナ35)
・スキルは
メイス 120
戦術 100
解剖学 100
ネクロ 100
武士道 100
受け流し 100
騎士 80

 当然ながらステータス合計は225、スキル合計は700である。正直、これならば白豚よりもネクパラ(もしくは包帯キャラ)の方が強い気がするが、カルマ管理がわけわからないと思うので白豚にした。武器スキルはパワスクが安価なメイスを選択(2012年末の出雲価格で900k)。回避と命中に影響するのでできれば120推奨するが、お金が無ければ115で十分……というかむしろパワスク110~115を投入した後は装備の充実に専念するほうが強くなっていることを実感できるかもしれない。この場合の最大の問題は、今時パワスク115なんて中途半端なものを売っている店を見つけることである。

【装備例】
頭:木防具 11・4・14・10・12(フロストウッド前強化済、FR15錬成、マナコス7、スタミナ7、マナ7、PR10錬成)
首:木防具 12・4・13・10・12(フロストウッド前強化済、FR15錬成、マナコス7、スタミナ7、マナ7、HP4)
胴:ヴァルキリーブロンズアーマー(2012年末の出雲価格で50k) 11・14・8・11・8(STR5、DEX5、HP5、スタミナ5、マナコス10、スタ回3)
腕:木防具 12・4・14・10・12(フロストウッド前強化済、FR15錬成、マナコス7、スタミナ7、マナ7、HP4)
手:木防具 12・4・14・10・12(フロストウッド前強化済、FR15錬成、マナコス7、スタミナ7、マナ7、HP4)
足:回避足(2012年末の出雲価格で100k) 12・8・7・4・19(HP6、回避20)
タリスマン:毒タリス(2012年末の出雲価格で200k)
ブレスレット:命中13・回避13・武器ダメ23+INTなど
リング:命中13・回避13・武器ダメ23+STR・INTなど
ローブ:罪人の衣
武器:ダイヤモンドメイス(武器ダメ45・速度25・マナリ50・スタリ残り・回避低下)
その他:お好みでマントを着たり、フルエプロンを付けても良いのでは?

【結果】
HP 124~
スタミナ 148~
マナ 63~
AR 70
FR 94(ヴァンプ後69)
CR 70
PR 70
ER 75

 頭と首と腕と手を錬成。注意事項として、武器ダメージや命中のプロパが上限に達していない。ただ、ダイヤモンドメイスを使用する関係上、武士のライトニングストライクを打てばよいのでこの点はさほど問題にならないと考えられる。また、木防具の腕は要求STRが80と高めなので場合によっては素のステータスを調整する必要がある。また、希少素材は極力使わないようにしたが抵抗錬成時のボウラの皮は比較的安価なので投入した(2012年末の出雲価格で10枚で100k未満)。
 胴は安価で高性能なヴァルキリーブロンズアーマーを選択。初心者向けならこれ以外に選択肢はないと思う。ルンビ胴はあまり抵抗のバランスが良くないためおすすめできない(しかも高いし。2012年末の出雲価格で300k)。これを装備するために女性キャラを選ぶ価値があると言っても良い。
 足は回避を稼ぐために回避足を装備。命中足は回避を捨てることになる上、DOOM AFなので地味に値段が高いという欠点がある。命中もライトニングストライクを使えば十分に代用できるし。もっとも、回避を20稼がなくて良いならば一番良いのは錬成木防具となる。
 アクセサリーは足りないプロパを補う形で。
 タリスマンは防具で稼げる抵抗値の関係から毒タリスを選択した。フロストタリスに比べて人気もないから少しだけ値段が安くなる特典あり。もしくはマナコスタリスを使用し、防具への負担を減らすのも良い。

 さて、このキャラの強さだが、最低でもタイタンパラゴンは倒せる。と言うのもML時代に僕が実際にこれ未満の装備で何とか倒していたからだ。当時はソウルシーカーを使っていた上、錬成による装備も用意できる今ならば黒閣下程度は倒せるだろう。っていうか、回避低下メガネやエプロンを装備していないとはいえ当時の戦士の中と比べると格段に高性能な装備なのだから強ドラパラゴンも緑閣下も倒せるはずなのだ。そういや、僕はルンビ胴を1Mで購入できて喜んだっけ……。
 お金が貯まったら、まずは回避低下メガネを買うと良い(2012年末の出雲価格で1100k11,000k)。回避低下もさることながら、反則気味のステータスブーストと脅威の抵抗が持ち味である。くれぐれもプリズムレンズで妥協してはならない(重視するプロパは人それぞれだから一概には言えないものの、ステータス回復は即効性がないので見劣りしがち。特に戦士はHPは敵から吸い取るから。しかもマナ回復がないのは致命傷。もしも命中あたりが10付いていたら差別化も図れたろうに……)。ちなみに回避低下メガネの一番のポイントは素材を奉納するだけで貰える点であり、ぶっちゃけ金がない人は頑張って木を切り倒しまくると良いと思うよ。環境保護団体から怒られるまで頑張れ。
 その後は後強化や改良品の導入など装備の一新と赤エプロン(HPをブーストできる神装備。2012年末の出雲価格で2200k22,000k)、アンデッドタリス(武器ダメと命中とアンデッド特効のイカれたタリス。2012年末の出雲価格で3000k30,000k)、速度マント(この頃には速度5の重要性はわかっているはずだ。2012年末の出雲価格で3000k30,000k)とグレードアップすると良いだろう。
 お金は各種資材や錬成希少素材が主な収入源になる。今はマジンシアにブローカーで買取する人もいるし、昔に比べたら稼ぎやすくなったものだ。戦闘が苦手な人は復活の種、得意な人は各種エッセンスやPS、ピンクチラシなどが高値で売れるはず。

 ってなわけでこんな感じでどうだろうか。職業案内所の微妙にハードルの高い装備よりかは入門向けになるはず。スキル上げ相手はゾンビーズ→エティン→オーガ→サイクロプス→トログダイル→OLが亜人特効さえ用意できれば手軽だと思う。素材重視ならガマン→ボウラ→高原ボウラ→ワイバーン→アビスダンジョンなルートとか。新シェイム1、2階で錬成の元にできるような1プロパのみの神アクセ狙いをしてもスキルが上がるだろう。
 戦士のビルドはこの他にも無数にあるし、ここでは僕の経験と現在の出雲の状況より最適と思われるものを書いたに過ぎない。人によっていくらでもアレンジができるのがUOの優れた点だろうと結論付けておく。
 ……ところで、【結果】のステータスってこれで良かったっけ? 思ったよりもステータスが高いというか、僕の白豚以上にマナがあるぞ。まあ、計算ミスに気付いた人は教えてくれ。
 後編に続く、かも?

【2012/12/16追記】
 なんか装備の値段が致命的に違ってた。速度マントが3Mで変えるはずはないよねえ。