2015年1月9日金曜日

ライフスタイル

 2014年の夏頃は面白いほど何事か活動をしようと思っていた。家の近くのコワーキングスペースを探し、手当たり次第利用してみたり、スタバで朝から粘っていたり。バッグに本と飲み物とその日に行うべき課題を詰め、人のいないコワーキングスペースで作業していた。
 今から考えると夏なので冷房代を節約するために通っていたのだろう。
 秋・冬になって特に冷房の必要がなくなると(服を多めに着れば暖房は極力使わずに済む)わざわざコワーキングスペースに行くよりも家で仕事をしていた方が金銭的に得なので自然と足が遠のいた。
 とはいえ、家にいるとどうしても遊びに誘惑される。もちろん外にいるとPCが見れなかったり(当時)、本棚の資料が手に入らないという難点はあった。それもあって暑さが遠のくと家に戻ったのだ。
 モバイルを手に入れた今、コワーキングスペースでの作業も特に不便はなくなった。ここ数ヶ月の自分の姿を見ると、やっぱり自分の部屋で勉強なり作業なりしようとしてもサボってしまう。つーか、マンガを消化しようとしてもニコ動をダラダラ見る生活はやっぱり異常だ。
 コワーキングスペース生活、復活すべきかねえ。