2015年9月24日木曜日

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(アラン・テイラー監督、スカイダンス・プロダクションズ、2015)

 のっけからネタバレだが、今作(以下ターミネーター5)は「T-800が敵に倒される→主人公ピンチ→T-800が再起動し逆転勝利」の展開はない。このシーンを作らない決断をした製作陣は勇気があった。
 思えばターミネーター2での予備電源を利用した逆転以降、再起動シーンはターミネーター3・ターミネーター4で何度も使いまわされ、しかも微妙にシチュエーションを変えているので余計にチープさが増していった。ターミネーターシリーズ迷走の象徴でもあった。2の予備電源のシーンは視聴者がそのことを知らなくT-800は完全に壊れてしまったのかと衝撃を受けたからこそ後の感動につながるわけで、手の内が明かされてからの自己パロディは寒いだけだ。

 さて、ターミネーターシリーズの悲劇は、物語としてのハッピーエンドはスカイネットを破壊することなのだが、実際にそれを行ってしまうとシリーズという商売が終わってしまうことにある。そのためターミネーター2→3に至る中で2の感動をぶち壊す暴挙に出たのだった。つまり物語として綺麗に終わらせられる作品としては1と2の時空だけでしかありえず(もしくはT-800は出てきそうにないけど、未来の世界でスカイネットに「完全勝利」する瞬間くらいかなあ)、他の時間を描くと絶対にラストがバッドエンド風味になるのだ。名作(1と2)を受けてシリーズ化(3や4)を企てるも数字を稼げないので名作をリメイク・リブートする(5)……というサイクルを恐らく延々と繰り返すのがターミネーターシリーズの定めなのだろうなと諦めざるを得ない。ええ、5~7と三部作になるらしいが、途中でポシャるか7でやっとジョン・コナーが生まれて、スカイネット編は次の三部作だ→途中打ち切り、になると確信していますよ。

 僕はそこまで熱心なファンではないが、でもターミネーター1と2を好きな人がこのシリーズに抱く感情はアンビバレントである。個人的には続編(というか正義のT-800)を見たい。未来の世界で人類の救世主として闘うジョン・コナーを見たいし、1や2の時間へ送られる経緯も知りたい。何よりもスカイネットへの勝利も映画化して欲しい。でも心の底では自分たちが妄想を繰り広げた面白さには敵わないと知っている。
 未来の世界のシーンは小出しにされているからワクワクしたのであって、実際に映画化された4を見るとチャチい感じを抱いた。そういや未来では人類はゲリラとして戦うんだっけ……。設定通りに映画化すると、ジョン・コナーは司令官として命令を下すだけで、名もなき兵士たちが人間の姿すらしていない機械兵にゴリゴリ倒されるスターシップトゥルーパーズ的な作品になるんだろうな。そこにT-800も、手段を選ばず皆殺しなリンダ・ハミルトンも出る余地はないだろう。
 だからこそ新作が発表されるたびに次こそは面白いはずだと期待をふくらませて映画館に向かい、裏切られてはその次に期待しているのだ。


 で。
 今作(ターミネーター5)はなかなか面白かった。冒頭にも書いたとおり、ターミネーターシリーズの致命的なお約束であるT-800の再起動を描かなかっただけでも評価する。映画というものはご都合主義だとわかっていても前後のシーンの流れで感動させる傑作は確かにある。でも一度人気を博したシーンを別の映画に移植したって単なるパロディにすぎない。
 今作はその点を考えこまれたのか、今まで「ターミネーター」として定番のシーンだったものを微妙に外して作られている。バイクも出ないし銃器も中心的ではない。2はガンマニアでない僕でさえも拳銃・マシンガン・グレネード……と大雑把に銃器を認識できたのだが、5では脇役で影が薄い。だって対ターミネーターの武器はメリケンサックなのだ。ターミネーターなんだから肉弾戦だろうと言わんばかりの格闘シーンが心を躍らせる。
 何よりも注目すべき点はジョン・コナーを敵にしたこと。これを筆頭に人間関係や設定も変えている。ターミネーターシリーズの目玉は戦うT-800だとして、他の設定を一新している。潔い決断で好感が持てる。そもそもこのシリーズは設定に縛られきっていたのが面白さを失わせる1つの要因であった。

 とは言え、欠点も大きい。設定を一新したせいで今までのタイムラインとズレてしまった。さらにはシリーズ化されストーリーと設定が複雑になる中でタイムスリップの設定が不明になっているのは致命的。1や2は同じ世界線だったため、視聴者に説明をしなくとも問題はなかったのだが、3で明らかになった事実(未来の結果は変わらずタイムラインが遅れるだけ)は後付とはいえ2のT-800の行動とは矛盾しているぞ。今作(5)はその影響がもろに出ており、作品の謎ということで後々明らかになると思うのだが、それでもタイムスリップ関連の設定はめちゃくちゃになっている。5のラストを見る限りではジョン・コナーは今までの設定通りには生まれなくなる……よね?
 平和に生まれた幼少期のカイル・リースが登場したころがら考えると、平行世界宇宙論を採用したのだろうがだったらこの世界でカイル・リースが戦う意味もジョン・コナーがやってくる意味もないのではという疑問が生まれてしまう

 まあ、制作陣は一応考えていると思いたい。シリーズを再構成したためターミネーター5を見ただけだとわからないところがあるのは仕方ない。むしろ過去作の既視感をなくすために必要な処置か。全世界での収益も十分にあったはずなので、今度こそは無事に物語を終わらせてほしいなと思ったが、スカイネット(ジェネシス)を吹き飛ばす爆発が炸裂したのに本体っぽいのがまだ生きている描写がラストで描かれている……。
 このシリーズ、敵が圧倒的に主人公よりしぶとい(または上手)なので終わる気がしないなあ。