2017年9月19日火曜日

サディスティックサーカス2017Autumn

 行ってきたよ。ちなみにサディスティックサーカス2017Springはこちら

 出し物1つ目はMr.アパッチ。ジャグリングである。格好良くて最高。はしごの上に乗ったりお手玉やったりしてた。何とはしごの上で7つの玉でお手玉してたんだぞ、すごくない?
 2つ目はPAIN SOLUTIONの前半。前半だからショッキングではなかろうと思ってたら針刺しショーおっ始めやがった。J型の針を人体にぶっ刺して、たくさん刺したら紐につなげて空中に吊るし、ブランコみたいにブラブラさせる。さらに紐を1本ずつ切ってた。最終的に乳首の針1本で空中に吊り下がってたけど、乳首って強いんだね。陵辱エロゲのアレとかコレとか、実際には無理だろうと思ってたけど、意外とできるんだ。で、針刺しだったから幕間に血を拭いてた。まだ血はあまり出てなかったけど。
 3つ目はMiMi Le Noirっていうストリップ? 乳首と性器に銀塗ってた。おっぴろげたりしてた。プロポーションすげえ。
 4つ目のVeronica Waiteはポールダンスの人。ポールダンスってただ棒に体をこすりつけるだけと今まで思ってたけど、棒に登って逆さになったりだとか、完全に曲芸だ。もしやポールダンスはわざとセクシーな女性で人目を引かせて曲芸に注目させるのか。
 5つ目の浅草駒太夫。ストリップ60年選手らしい。音楽に合わせて踊るのは大衆演劇みたい。なかなか服を脱がないのだが、ストリップってそんなもの? まあ最終的には脱いだのだが上品。そして個別にお客さんに服をかけて1人ずつ性器を見せてた。これは笑いが起きた。
 次は金粉ショーのthe NOBEBO。金色の体にカラーライトが当たってきれいに輝いてた。この金色の体って前回のゴキブリコンビナートのツタンカーメンみたい……。金色の体がプルプルするのが見所という理解でOK?
 7つ目のDead Lift Lolotaはまるでアイドルみたいだった。レディビアードさん、ジャンプする時スカートを押さえないのが隣の人と対照的だった。男性はこういう所で男性だとわかるのね。いらん知識が増えた。Shade氏の曲がどれだったのかわからん。
 8つ目はノガラという軟体人間ショー。スーパー組体操みたいなものである。曲芸的な技は素晴らしい。軟らかな骨格だが、足の筋肉がムキムキなのを見逃さなかった。やはりこの手の体を使った演技をする人は筋肉質なんだ。
 その後はインターバル。フェティッシュバーの紹介。前回から気になってたけど、スタッフのお兄さんお姉さんの写真集って作ってくれないのだろうか。せっかくのお召し物、ちゃんと全員のを落ち着いて見たい。顔出しがアレなら仮面でも被って作ってほしいなあ。
 後半戦。
 最初から数えて9つ目のCAROUSELはMiMi Le NoirとVeronica Waiteがユニット組んで空中ブランコショー。宙に吊るした紐に体をぶら下げて組体操してた。きれいで格好良くて、すごい。曲芸は本当に見てて感動する。
 10番目はついにPAIN SOLUTIONの後半。まさか出血ものなのか、と思いきや、鼻に釘を差し込んだり、ガラスを食べたり、包丁の上に立ったり、針を体に刺したり、釘の上に立ったりしていた。何だ、これならあまり刺激的じゃないじゃない、と思っていたらやってくれました。最後に針を刺したり抜いたりした。出演者は3人で、それが全員で針芸するものだから迫力がとんでもない。体中に血が垂れてて床に落ちてたよ。この出し物が終わったら1人気絶と言うか貧血のお客さんが出たけど、さすがにスタッフも慣れっこみたいだった。PAIN SOLUTIONの人も心配そうに出てきて優しいなあ。演者が3人でよくまとまってたと思う。
 11番目のおベガス!。相変わらず元気になる。直前の流血ショーの口直しなのか? Pカップの方はよく見ると乳袋になってた。
 12番目は浅葱アゲハという空中パフォーマンスの人。ここらへんになると眠さが徐々に強くなる。ミヒャエル・エンデのモモをテーマにしたパフォーマンスらしいが、CAROUSELとやってることが被ってる。とは言え、ストリップしての空中パフォーマンスできれいだった。
 13番目はついにゴキブリコンビナート。「君の直腸が食べたい」というミュージカル(?)。えーと、「君の名は」と「君の膵臓を食べたい」が元ネタかな? 内容はどうでも良いが、最後に針金を口に貫通させてだんご3兄弟みたいになってた。君らも刺すのか。PAIN SOLUTIONとやってることは同じだが、痛みを素直に顔に出しているので余計に痛そう。ぶっちゃけ刺し芸としては素人っぽいが、痛みを感じず格好良さのあったPAIN SOLUTIONに比べてやたらに生々しい。
 14番目の早乙女宏美+琵琶デュオによる切腹ショーは琵琶を生で聞けて嬉しゅうございました。耳なし芳一がモチーフで切腹ショー。切るのが上手い。ちなみに今回は針刺しショーも切腹ショーも注意のアナウンスがなかった。
 そして最後に縄縛ショー。奈加あきら+紫月いろはのユニットらしい。正直、眠くて半分寝てた。ショーの大半は縛るシーンなので見てなくても特に問題なかった。やっぱ縛られる体に負担がかかるんだーと思った。

 という訳で相変わらずアングラショーである。今回は6時間ベンチに座っており、お尻が非常に痛かった。前回とは色々違うのが楽しめた。まあ、ネタがわかってても、目の前で曲芸するのはやはり迫力があって良い。次回も行きたいなあ。