2017年10月10日火曜日

「裏世界ピクニック」(宮澤伊織、ハヤカワ文庫JA)

 確かこの作品を読もうと思ったのは都市伝説についての小説という触れ込みだったからだっけ。
 「裏世界」という諸星大二郎氏が描く異界のような世界を主人公2人が各々の目的で探検するという内容で、そこではくねくねみたいな都市伝説の存在が実在しているという設定。読み進めると都市伝説のキャラクターたちは認知論をベースにした理屈で存在しており……まあ「奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い」と読んだ感覚は似ている……怪奇ネタを題材にしたSFと言った感じ。ホラー作品だと甲田学人氏のMISSINGの方が(方向性が違うから当たり前だが)圧倒的に怖かった。

 続きが気になるし、続けようと思えばいくらでも続けられる設定だとは思う。ただ、原理がはっきりと書かれているため、後はひらすら都市伝説の存在を理屈をつけて解説するしか方向性はなさそうで、ダレるかもしれない。今の文庫の終わりも中々良い感じなので、本書の雰囲気が好きな僕としては続きを読まずにこのまま本を置いたほうが良さそうである。