2008年4月14日月曜日

「健全恋愛ライフ」感想(こいずみまり後編)






前回の続き。

 僕は比較的作家買いをする方で、出版社とか雑誌とかの名前でマンガや小説を買うことはあまりありません。しかしひとたび、ある作家の作品を気に入れば他の作品も買っていくタイプの人間です。そんな僕ですがこいずみまりのマンガはあまり持っていないのですよ。最近の作品はタイトルしか知らないくらい。きっかけがないと買う機会がないな、と思っています。今までの買い方からはイレギュラーですが、でもこいずみまりの作品は好きなのですよね。

 それで、僕にとってどこが面白いのかと問われると以下になりますね。
・男はダメンズだが憎めない
・絵に特徴があるからか? 等身が低い&笑ってる目が多い
・女が主人公の作品は生き生きしている(逆に主人公を男にした「れっついっつびー」は主人公周りに男の友人とかいなくて生活感がなかった)
・4コマって少し前に流行ったコマ割りの漫画理論(視線誘導とか)からは何となく無視されていたけど(萌え4コマとかが出てきたからね。「らきすた」がマンガ読みからするとつまらない、って論争もあったはず)、かなりハイレベルであること
ですね。ついでに以下感想。
・「男がダメンズ」っと言っても内田春菊系の作品ではないのですよね。もっとギャグに特化して、さらに男も女もダメな奴はダメって感じがこいずみまりの特徴かも。
・こいずみまりの主人公達って男も女も独立してる感じがする。恋愛が主軸ではあるけど恋愛や結婚などに依存していない連中ですよ。自立とはちょっと違うかも。男も女も究極的にはお互いを必要としていないのかも。岡田斗司夫が「日本でフェミニズムが流行らないのは少女マンガで強い女性の見本が描かれたからだ」的な事を言ってたけど、まさにその通りかも。

 こんな感じで夜は更けていく。