2008年6月15日日曜日

戦女神ZERO1章、2章攻略

 基本的に難易度は低いと思われます。ダンジョン内の敵を倒す。アイテムを取る。HPが少なくなったときに回復の翼が存在したりするため、バランスは取れています。
 とりあえず、積極的に魔法・必殺技を使った方が良いでしょう。怠ると回復の翼の真上に陣取って索敵を繰り返すハメになります……。ただただ熟練度を上げる作業は大変ですよ。
 また、セリカの武器は万能属性を主力とし、副武器を神聖属性、雷撃魔法でサポートという形をとるとほとんどの敵にダメージを与えられます。普段は雷撃魔法は使わず、範囲攻撃は必殺技を使うとMPの使用を押さえられます。


 序盤で難しかったのはカバキの砦ですね。マップを探索すれば手紙は見つかりましたが、もう一つの証拠がない。まあ、結局は隠し通路を見付けたのですが(一番最初のマップ左側)。
 で、次は序盤3クエスト(ドラブナ、クライナ、カバキ)を終えたら、次のシナリオが始まらなかったことです。これはマクルイベントとノヒアイベントをひたすら選択すればおしまいでした。
 そうそう、雪月の谷のボスも強かったです。創造物属性ですからね……。もっともセリカの魔法で楽に倒せましたが。
 ハイシェラ戦もひたすら耐えるだけでしたので、楽でした。セリカをガードにし、ひたすらbuffかけまくって回復で終わりです。

 2章ラストのアストライア戦は難易度がかなり高かった気がします。
LV81、HP1555(巨神の手で500ブースト)、TP157、攻撃力250、16回のスティルヴァーレ(万能属性)装備で、途中1回闘技石使ってもTP切れになりました(主力のL5沙綾円舞剣2発で、アストライアのHPの半分を削った程度)。
 結局、クリアできたのはLv93、HP1728巨神の手で500ブースト)、TP183、攻撃力282、20回のスティルヴァーレ(万能属性)装備、朱雀の鎧(神聖属性)装備状態でしたね。これでもL5沙綾円舞剣2発で、アストライアのHPの7割程度しか削れず、しかもアストライアはHP回復するため、闘技石使ってもう一回L5沙綾円舞剣追加しました。

ちょっと考察
・Lv80代でもクリアできないことはないでしょうね。朱雀の鎧、巨神の手、スティルヴァーレがあり、各種札でbuffかけまくって、ひたすらL5沙綾円舞剣(? こっちの考察で考えるとどうなんだろ……。L5沙綾身妖舞の方が効率が良かったかも?)とPOT飲み。TP切れたら即POTと闘技石……と繰り返せば何とかなったかもしれません。僕は闘技石1個しか持ってなかったからなー。

 ああ、そうそう、序盤で迷うのが防御力の高い鎧と防御回数の高い鎧はどちらが得かという問題でしょう。例えば防御回数が1減るけど、防御力が10あがる、みたいな。
 敵の攻撃力と味方の防御力の差が低い内は防御回数なんてどうでも良いですが、差が大きいと防御回数を取るべきでしょうね。