2009年8月17日月曜日

ベルセルク感想

 全国の皆様、コミケお疲れ様です。
 僕は行きませんでした。

 実は5年ほど前にハマり、当時熱中していたベルセルク(三浦健太郎、白泉社)ですが、最近また読み始めました。
 いくつか気付いたこと。
†実は昔はグリフィスに対して悪いイメージしか抱いていなかったのですね。野心家が主人公たちを裏切って自分の欲望のために世界をかき乱す、みたいな。だけど今回改めて読み直すとグリフィスに対して親しみを覚えましたよ。
 たぶんそれは僕が就職活動なり実際に会社員として働いたりと自分の理想(野望)と現実とで葛藤してみたり、大なり小なりグリフィスの立場に立てたからかもしれません。後は自分が会社で働いて、仲間なんだけど只の駒な気分がわかってしまった、ってのが理由でしょうか。
 ついでに就職するにあたって色々なものを諦めたり妥協したりしましたが、その経験から何とかそれらを掴もうとするグリフィスを応援する気になれるのですよ。たとえ人間を超越しても。

†僕がかつてグリフィスのことを好きになれない理由として、行動が俗っぽすぎるというのがありました。つまり、人間を超えてもやることは戦争での国取りですか、と。神様なのだからさっさと悪の帝王を倒して自分の王国を建ててガッツに殺されればいいんじゃない? と昔は考えていました。
 でも色々経験するとグリフィスの気持ちがわかってしまうというか。自分が相手よりも上位に立ったとしても辛酸を嘗めさせられた相手には、同じ土俵まで降りて相手に辛酸を嘗めさせたい気持ちは僕もわかるようになりました。
 これこそ先に僕の感じた俗っぽさそのものなのですがね。
 夢を一度諦めさせられると、頑張ってより高位に立ち、そこで再度夢をやり直すことは僕にもあり得ることです。

†逆にガッツは敵キャラそのものだよなと感じるように。
 人間やめてしまって強い使徒やグリフィスとは違い、人間で人間離れした強さを持つガッツこそが怪物なのかな、と。
 ついでにグリフィスを超える執念を持っていたりもしますしね。

そんなこんなでベルセルクの続きが楽しみです。

2009年8月16日日曜日

UOの思い出

†日経オンラインでのネトゲ記事
オンラインゲーム その妄想と欲望

これを読んでかつてのUO活動を思い出しました。
そういえばUOも様々なトラブルがあり、その点では他のネトゲと変わらない気がします。
PKとか詐欺とか結構ありますからね。

個人的にUOに限らず、今のネトゲで一番問題なのは自由度と初心者狩りだと思います。
・自由度が問題とは、UOがそうなんですが、あまり自由度が高すぎるとプレイヤーが飽きてしまうこともあるからです。
ついでにPKをどうやって許容するかの問題もあるし。
ネトゲがある種の戦闘システムを備えている以上、PvPの対戦ツールとしても使えるため、PKはどうにかして許容されねば不満を持つ人がいます。
ただ、UOのトラメルがそうなのですが、世間ではPKに良い印象を抱かないらしいですね。
そのバランスが難しいかな、と。

・初心者狩りとは、初心者をPKしたりMPKしたりで装備を奪う人ではなく、初心者に良いアイテム・装備・金を与えることです。
UOでは頻出していましたが、これはUOでは成長限界が短期間で訪れるからなのですよ。
ある程度ゲームをやりこんだら初心者期間なんて面倒だと思って親切のつもりで物を与えたりするんですが、初心者にとってはその作業すら後から考えると楽しい思い出なんですよ、ということで。

そんなことを思い出しました。

2009年8月9日日曜日

ターミネーター4

お久しぶりです。

7月中旬にターミネーター4を見ました。
素直に面白かったです。

僕の場合、ターミネーター3はT-Xが非常に弱くてつまらない思いをしたので、その反動もあって面白く見れました。
というか、T-Xはターミネーター2のT-1000の上位版なのに壊れ易すぎですな。さすがマイクロソフトの国?
ついでにターミネーター2の名場面を繰り返すだけだったし。

で、ターミネーター4はある程度事前知識を仕入れてみてたんですが、そっちの方が面白かったですね。
たぶん何も知らずに見たら展開が早すぎてついて行けないかも。
序盤の謎と派手なアクション、主人公をかっこよく見せるためだけのシーン。仲間との対立、登場人物が感情移入できるへたれキャラ、そして最後に救出のアクションとハリウッド映画王道のシナリオで、これで面白くなければ何なんだってな位素晴らしい作りでした。



追加
・ただし僕はターミネーターは2の退廃的というか寂れた雰囲気が良いのですよね。さらには父と子の物語というものに感動して。
2の砂漠のシーンは、核で都市がバラバラになるというアメリカ人の隠れた恐怖感情を表していたのか、異様にシンクロしていて神作品でした。
4の核戦争後の描写はちょっと感情に訴える部分で足りないものがありましたね。
特にFalllout3などをやるとそう思えます。