2011年7月4日月曜日

ゴジラ(1984)

 僕は平成VSシリーズが好きなんだけど、怪獣対決に興味を持っているタイプの人間だった。だから1984版のゴジラは何となく自分向きじゃないと思い込んでいて見ていなかったんだけど、いやもうこれは、面白い。今まで見ていないのが悔やまれるくらいの出来だった。

 今作は平成VSシリーズの第一作目と位置づけられているが、中身はほとんど違う。次作のVSビオランテ、後のVSメカゴジラなどと比べても作り方が異なっているのだ。
 この作品の最大の特徴は超兵器&そのクルーが全くクローズアップされないこと。民間人の主人公と、何と首相周辺が物語を引っ張っていくのだ。しかも主人公は逃げまわる民間人の代表として活躍しているのみ。あ、一応ゴジラを三原山に誘導したけど、スーパーXが活躍できていれば必要なかったよね?、程度。こういう手法で作られた怪獣映画を初めて見た。確かに、1984版のゴジラは怪獣プロレスになってしまった昭和ゴジラをリセットし、再度「理不尽な恐怖」を表現する映画として優れていたと思う。
 僕自身は初代の「ゴジラ」を見たことないし、またその当時の空気を感じることも出来ない。全ては歴史として知っただけだ。そのため、平成VSシリーズとの相違点を挙げることで1984年ゴジラの感想を書く。

 1984版ゴジラが後のVSシリーズと比較してリアリティがあるのは直接個人がゴジラの驚異にさらされる質感だ。ゴジラの熱戦を浴びる自衛隊員。乗っている電車を襲うゴジラの手。逃げ惑う民衆のすぐ後ろを踏みつけるゴジラの足。しかも人間目線で足を描写するから巨大であることの恐怖が伝わる。VSシリーズの逃げる人々がある意味では怪獣上陸の記号でしたなかった事に比べて遥かに迫力がある映像だ。というか、後の作品の逃げる大衆に緊迫感がないというか、マラソン大会の映像にも使えそうなほど画面が綺麗なんだ。1984版のゴジラは人々は火事や建物崩壊の最中をバラバラに逃げ惑い、その背後にはゴジラの足が迫る。主人公ですら特権的な立場にいられず、崩れたビルから這々の体で逃げ惑うのだ。
 そしてもう1つの主人公として首相官邸がいる。今作は、もしもゴジラが現実に現れたら日本はどのような対応をするかをテーマとして掲げた作品であるため、非常に納得がいく作りである。逆に以降のVSシリーズでゴジラ対策が自衛隊→専門機関(Gフォース)へと専門化され、総理大臣の意思決定が見られなくなることが何というか怪獣プロレスへの一途を辿ってしまうのだなあと思う。
 で、その怪獣プロセス成分を巧妙に抜いた象徴が超兵器スーパーXの扱いである。どうもWikipediaを見ると1984年当時の技術で建造可能とほぼ公式で言われてたらしいけど、「超兵器」でいいよね。このスーパーX、さりげなく発進シーンが描かれていない。次作のスーパーX2やVSスペースゴジラのMOGERAなどはちゃんとドックから発信する映像が丁寧に描かれるのだがスーパーXだけはどこからともなく飛んできて威力の不明な武装でゴジラを攻撃する。そういや超兵器はそれがどれくらい強いのか説明とかされるのが流れだけど、スーパーXだけは「核分裂を制御するカドミウム弾」であっさりと表現されていたな。しかもクルーの名前すらわからない。やっぱスーパーXの保管場所などを描きはじめるとリアリティからの齟齬が生じるために外されたのだろうか。
 そして最後に何と今回のゴジラは原子力発電所強襲に成功する。その名も井浜原子力発電所(架空の原発)。思えば、VSビオランテでもVSデストロイアでもゴジラが活動する目的の1つは原発を襲い核物質を吸収することだった。ビオランテ以降の作品は人間側の知恵と努力によってそれが阻止されるものの、1984版ゴジラは劇中半ばで原発の炉心を取り出すことに成功する。以降の作品ならば原発に向かうゴジラを自衛隊と超兵器で迎え撃ち、原発防衛を全うするのだが、あいにくスーパーXは首都防衛のためのメカなので迎撃に出ない。結果、ゴジラは放射能を吸収し、エネルギーを補給する。このシーンでゴジラと鳥の帰巣本能の共通性が考え出されるのだ。

 このように怪獣映画のお約束とは一味も違う作品である。僕はかなり楽しめたというか、ほとんどの作品より面白いと個人的には思う(面白さの順番は、メカゴジラ>デストロイア>1984ゴジラ>他、かな)。「怪獣」の上陸に焦点を当てた作品として新たな原点となったと思う。これ以降、昭和ゴジラが封印した怪獣プロレス路線に再び舵が切られたのも原点である証明だと思う。

ゴジラVSスペースゴジラ

 んー、こんな作品だったかなあというのが感想。初めて見たのは小学生の頃だったけど、その時受けた印象とは全く違うなあ。当時は純粋なエンターテイメントとしてまさに楽しく見てたけど、今見たら詰め込みすぎの印象を受ける。いや、問題はそこじゃなくてスペースゴジラとゴジラが戦う理由が薄すぎるのか? それとも人間サイドの動機付けが不十分なのか? どこに不満があるのか自分でもよくわからないが単なる怪獣プロレスだから、エンターテイメント路線だからダメっという単純な問題ではない。

 この作品の人間サイドは結城晃のゴジラへの憎悪の克服と、マフィアとの攻防戦と、三枝未希の恋愛が主軸となっている。明らかに詰め込みすぎ。しかもこの内、マフィアとの攻防戦は特に必要ないシーンだった気がする。攻防戦により三枝未希のテレキネシスが目覚めるが、テレキネシス自体なくても良かったと……。より一層ファンタジーに拍車がかかってしまった要因だと思う。
 対して結城サイドのストーリーはなかなか見ごたえがあった。ビオランテと時間軸を共有することを示す権藤一佐の物語。スペースゴジラ打倒の指令が下っていたにも関わらずMOGERAをゴジラに向かわせる憎悪。それを克服し任務を果たす姿。まあ、スペースゴジラとの絡みはないというか、結城がMOGERAのクルーに選ばれなければ話が進まないため、結構強引に結城とスペースゴジラを絡ませてたと思う。宇宙怪獣という完全にスタンドアロンで設定されたスペースゴジラの弱点だよなあ、この動機付けの不足さは。メカゴジラにしてもキングギドラにしてもゴジラを倒すことが主人公の目的だったので話の進め方に違和感がなかったのだが、この作品はかなり無理をしてた感がある。
 で、最終的には恋とテレキネシスが出てきてしまう。映画が公開された1994年時点でテレキネシスという言葉でリアリティが薄れてしまっていたのだから今から見るときついなあ。しかも上に書いたとおり、なくても構わない要素だったのが一層不要さを際立たせているのだ。せっかくのT計画をもっと有効に活用できなかったかなあと思う。
 最後のシーンでリトルゴジラが放射能を吐いてしまうのもそれまでのVSシリーズとは相容れない感覚がある。僕としてはリトルゴジラが放射能を吐くのはアンハッピーエンドじゃないかと思うのだが、どうだろう。

 平成VSシリーズが好きな人はVSスペースゴジラを嫌う人がいるらしいが理由がわかった気がする。僕も他人に勧めるかと問われると、他の作品を選ぶ。映像が面白くないわけじゃないのだが、ストーリーが薄いのが最大の欠点である。

親の物語

http://d.hatena.ne.jp/REV/20110622
 ラノベに親が出ない(もしくは主人公の生活の糧以上の役割を果たさない)ってのはそれこそドクロちゃんや僕血から見られてた現象なのだが、わざわざ編集部が言及したってことは相当なんだろうな。

 でもラノベだから最近になって言われてるわけで、ラブコメマンガに注目すると昔から親が出てないと思う。
 例えば親の出るラブコメはうる星やつらが挙げられる。ついでにらんま1/2も。ああ、GS美神令子極楽大作戦も一応親が出てるな。サンデーしか出てないのは僕がそっちの人間だから。
 で、90年後半以降のラブコメはもう親が出ないこと出ないこと。飛び飛びでしか読んでないけど、いちご100%とかTo Loveるには親って出てたっけ。どこかで主人公のテンプレというネタを読んだけど、なぜか親が海外出張していることが条件になっている。つまりここ最近言われた現象ではなく、ずいぶん前から指摘されてて、ギャグにもなっているのだ。これが兄弟姉妹になると主人公と年齢が近いからか出演しやすくなるし、じいちゃんばあちゃんみたいに突き抜けた年齢になると……すぐには思いつかない。当然新たに作品を作る人は先達の内容を参照とするわけで、物語的に必要がなかったら親は出さんわな。特に学園生活のラブコメなんて親が現れたら萎えてしまったりするんだから。

 今勝手にラブコメマンガと書いて、ラノベの内容もラブコメとの関連があるみたいに書いたけど、最近のラノベは最低1人は可愛い女の子がいて、さらに恋愛が絡んでくるから勝手に想定してしまった。でもこれは僕の興味の対象を告白しただけに過ぎないかも。

最近の私

 ブログの更新が遅い。ネタはたまってるんだけど、それを公開するのを躊躇してしまう。別に見られて困ることを書いているわけじゃないんだけど。

†夢
 何回か書いたかもしれないが、僕の見る夢はかなり気持ち悪いものが多い。鬼に追いかけられてグログロな展開だったり、巨大な昆虫に襲われたり。多くは内容を覚えてないから目覚めると非常に嫌な感覚しか残ってないんだけど。

†「最‘恐?!’絶叫計画」感想
アマゾン先生へのリンク
 最終絶叫計画(Scary Movie)ってのもそろそろジャンル化しているようで、ウェイアンズ兄弟が関わっていなくても、さらにはScary Movieシリーズじゃなくても似たタイトル・作りの作品がある。レンタルビデオ屋に行けばScary Movieシリーズと無関係なんだけどカバーやタイトルが似てる作品が見つかったりする。二番煎じ作品群の多くはどうしようもない内容で、無印最終絶叫計画の持ってた勢いすらない駄作である。うん、「最‘恐?!’絶叫計画」もその例に漏れず立派に駄作になっている。

 この手の3流4流映画はひたすらお色気か歌か踊りを映画に配置することが基本らしい。そんなことをしたら映画がプロモーションビデオそのものになってしまいもったいない気がする、と思ってた時期もあった。そう思ってた僕は「駄作」と呼ばれる作品を見たことがなかったんだな。
 何でお色気と歌を過剰に詰め込んでしまうのかといえば、内容が酷いから視聴者に飽きさせない工夫がそれしかないからかもしれない。「最‘恐?!’絶叫計画」はとにかくストーリーが酷い。主人公サイドと怪人が戦うシーンも爽快感が全くないのは仕方がないとして(新手の実験映画と考えよう)、脱獄犯とか死んだ犬とかどう考えても伏線でしかないものがそのまま放置されてしまう。そもそもハロウィーンパーティーも伏線っぽいぞ、とかヒロインの1人である秘められた力を持ってそうな金髪さんが馬鹿のままストーリーが終わってしまうとか、デブで黒人でスケベなスーパーマン(コスプレ)という設定ならもっと色々キャラを転がせるだろうとか、それはもうもったいないと言うしかない。
 何度となく途中で見るのを止めようかと思ったけど、我慢できたのはお色気と歌の力。別に水準が高いわけじゃないけど、他の作業をしながら見ると意外とストーリーの悪さが目立たない。ぶっちゃけエロさというか下品さでも最終絶叫計画の水準には達してないのでそっち方面の要求には応えられないと思う。以上。

†ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発
 素晴らしい。怪獣映画のパロディとはこのように作るのか。本作は政治風刺(と言ってもザ・ニュースペーパーが出たりする程度。悪ノリして視聴者が引いたりするレベルではない)を行うために怪獣という災害を設定した作品。2011年6月現在でリメイクするならやっぱ地震ネタになるのだろうか。アイドルのプロモーションビデオとしても優れていて、直前に見た映画が最‘恐?!’絶叫計画だから直截的でないシーンにかえって色気を感じてしまった。でも喜び組のコスプレは個人的に受け入れがたいものがあった……。
 音楽も伊福部怪獣メロディを彷彿とさせる感じで笑ってしまった。でも伊福部音楽って僕にとっては東宝のものだから、ギララが松竹って聞いてからは何か合わない気がするんだけどな。できれば空想自衛隊の超兵器と共に流して欲しかった。
 また、秘密神社のダンサーズが踊る微妙に古臭いけど現代風な曲が頭から離れない。この映画の中で最もインパクトの大きいシーンだろう。ちなみに宇宙怪獣ギララと戦うのが神社に奉らわれてる観音様? 明王? なんだけど、ウルトラマンとハヌマーンが共闘する映画をどこかで見たことがあるから意外性はなかったな。大映にも大魔神シリーズがあるし。エスニックな怪人は特撮映画に似合う気がする。