2017年10月10日火曜日

「裏世界ピクニック」(宮澤伊織、ハヤカワ文庫JA)

 確かこの作品を読もうと思ったのは都市伝説についての小説という触れ込みだったからだっけ。
 「裏世界」という諸星大二郎氏が描く異界のような世界を主人公2人が各々の目的で探検するという内容で、そこではくねくねみたいな都市伝説の存在が実在しているという設定。読み進めると都市伝説のキャラクターたちは認知論をベースにした理屈で存在しており……まあ「奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い」と読んだ感覚は似ている……怪奇ネタを題材にしたSFと言った感じ。ホラー作品だと甲田学人氏のMISSINGの方が(方向性が違うから当たり前だが)圧倒的に怖かった。

 続きが気になるし、続けようと思えばいくらでも続けられる設定だとは思う。ただ、原理がはっきりと書かれているため、後はひらすら都市伝説の存在を理屈をつけて解説するしか方向性はなさそうで、ダレるかもしれない。今の文庫の終わりも中々良い感じなので、本書の雰囲気が好きな僕としては続きを読まずにこのまま本を置いたほうが良さそうである。

「奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い」(木犀あこ、角川ホラー文庫、2017)

 ホラーには馴染みがない僕だが、知り合いから紹介されて読んだ。
 ホラー小説の文脈がわからないので不安もあったが、中々面白かった。むしろSFに近い。巻末にこの作品が受賞した日本ホラー小説大賞の歴代作品が載っているが、パラサイト・イヴとか輩出したんだね。そりゃSFとも親和性があろう。

 内容的を大まかに書くと、人間の持つ恐怖心を脳科学でハッキングする系列で、似た雰囲気の作品としては「裏世界ピクニック」(宮澤伊織、ハヤカワ文庫JA)が挙げられる(そう言えば「裏世界ピクニック」は感想文書いてないな)。超自然的な存在が世の中には実在しており、主人公には知覚できるので、進化論だったり脳科学だったり記号論や言語論などを用いて超自然的な存在がもたらす事件を解決するという内容。理屈がはっきりしているので僕としては恐怖を感じなかった(怖がりだから良かった)。
 むしろ読んでて面白かったのは、ホラーとしてのアイデアの方で、嗅覚や味覚など、視覚(定番)・聴覚(ラップ音)・触覚(ひんやりとした~みたいな)以外の怪奇現象についてだとか、花や虫の幽霊(確かに動物霊や付喪神があるなら、草花も虫も魚もミトコンドリアも幽霊になって問題ない)の可能性や描写だとか。たぶんSFならこの方向性を進めて情報論とかそっちのテーマになってエスカレートすると思うんだけど(冷静に考えたらクラークの「幼年期の終わり」も生霊という形でホラーに含めそうだし)、この作品はどうなるのか楽しみ。

 キャラクターや会話は今風というかリーダビリティは高い。特に僕は怪奇小説の感度が低いため翻訳調でおどろおどろしく書かれると飽きる可能性があるので、この文体はありがたい。キャラクターの過去の掘り下げをフックにして物語にのめり込めるし、本書で出て来る怪異はストーリーに関連する部分はオーソドックスな幽霊の姿なので怖さが想像つきやすい(花や虫の幽霊は実験例的な意味合いで出てくるので読み飛ばしても可)。
 よく考えれば人が死なない作品なので、陰惨な作品が苦手な人も楽しめると思う。
 あと、生まれる前の胎児が幽霊になって出て来る話は、これこそ諸星大二郎氏にマンガ化してもらうと面白いと思う。


 とは言えホラーを求める人が本書に満足するかはわからない。日本ホラー小説大賞ってラインナップ的に正統派のホラーなのかすらわからないし。やっぱりSF読みの方が楽しめると思うのだ。

「ゴーレム100」(アルフレッド・ベスター著・渡辺佐智江訳、国書刊行会、2007)

 先に書いておくと、タイトルである「ゴーレム100」の「100」は百乗である。だから本来は「ゴーレム100」なんだけど、面倒だからこの記事では「ゴーレム100」と表記する。
さて、アルフレッド・ベスターの作品はタイポグラフィや言葉遊び、イラストが用いられる傾向がある。ある、と断言したが、実は僕は彼の作品は「ゴーレム100」しか読んだことがないのでその小説としての面白さまではわからない(「虎よ、虎よ!」は立ち読みでタイポグラフィだけ見て満足しちゃった)。
奇抜な表現は「ゴーレム100」でも多く使用されており、文体だけでもスラング混じりのガフ語に加え、蜜蜂レディは7人も8人もそれぞれ語尾やフォントいじりで個性を表現し、ラストはジョイス語で締めるというありさま。もちろん際立って目立つもの以外にも多分文体模写とかやってると思う。当たり前のようにイラストが出てき、最初に悪魔を召喚するシーンでは祈祷を表現するのに楽譜が用いられる(ちゃんと悪魔の返答も書かれるが、祈祷が完全に終わってからというのがミソ)。
実のところ、突飛な表現もじっくり読むと本文中に解説されており、見た目の異常さに反し意外とわかりやすい(いや、理解出来るのではなく、作者のやろうとしていることが想像できるという意味ね)。意味不明に思えるイラストも解説シーンがあって読者の負担にならないようにしているし(むしろあっさりと解説してしまって不思議さが薄れてしまっている)、イラストもシーンに合わせてテイストを変えている……はず。どれもこれも中途半端に抽象画入った作風なので自信はないが。

ストーリーは極めて単純で、連続殺人事件の犯人を追うのだが、追っているはずなのだが、何かどんどん脱線していくんだよな。犯人は超自然的な存在だと割りと始めの方でわかり、それから残された痕跡を辿って蜜蜂レディに潜入し、人間の精神を覚醒させるようなドラッグを打ったことでトリップしている内に大量に連続殺人が起き、人間の超自我が犯人だったとわかり、再びドラッグを打ち記録しようとしたところで主人公の1人が超自我に乗っ取られる、というか乗っ取られていたことがわかる。その超自我はアップデートされゴーレム101(101乗)になるのだが、あらすじ書いてもまったくネタバレにならないのはこの小説の利点である。むしろストーリーを知っていたほうが文体などを堪能できて楽しめるかもしれない。
地の文はガフ語頻出の会話文とは違い、大人しいが、ドラッグでトリップし始めたところから文章のテンポが上がってくる。お祭りの中で人が犯されて殺されるって内容なんだけど、パターン化された文言で何回も何回もほとんど同じ内容が書かれて読者も半ばトリップする。大量のモブキャラが現れてそれが大量に殺されるシーンなのだが、まるで本当にカーニバルのようにわちゃわちゃしていて面白い。

解説も裏話感があって面白い。なんと山形浩生氏による解説だ。初めて本書のあらすじを聞いた時はフロイト理論を使っているのか……とがっかりしたが、解説を読むと何でフロイトなのかがわかる。そして作者アルフレッド・ベスターが本書を書く前に長いブランクがあったことも。

こうやって感想文書いている今でも細部はわかっておらず、ついでに内容をどんどん忘れていってる。さらに自分の理解も表面的だと自覚しており、連続殺人犯を追うのは良いが突飛な展開が多く他人には勧め辛い小説でもある。1980年台に書かれたらしいが、まさに未来の文学なので、できれば多くの人が買ってくれることを願う。

どうやら、この本が出版された時、トークショーが行われたらしい。ああ、行きたかったなあ!

2017年10月6日金曜日

9月30日のホビージャパンゲーム会へ参加した

 遊んだゲームは、「宝石の煌き」(拡張版込)、「シークレット:米ソ諜報戦」。他2つほど軽いのを遊んだけど、合わなかったので割愛。
 「宝石の煌き」は相変わらず面白い。コンポーネントが豪華なのが一番良いところ。3回遊んでも、まだ戦略が見えてこない……。
 拡張版はゲームの性能を根本から変えるデザインとなっており、飽きさせないようにする工夫が感じられる。初心者が簡単に把握できるようなルールではないんだけど、しっかり遊びごたえがあって良いなあ。

 正体秘匿ゲームの「シークレット:米ソ諜報戦」。人狼をボードゲーム化し、会話から正体を推理するのをカードアクションを利用した対応で推理させるようにしている。ぶっちゃけ、カードアクションの内容は複雑だし、カードアクションの結果から正体を類推することもゲームに慣れてなければ難しいので、人狼に比べると初心者向けではない。とは言え、ゲーム中脱落者がいないのは本家である人狼に比べて中々の利点。
 内容は、2つのチームに分かれてチーム同士で勝利を目指し、さらに漁夫の利を狙う単プレイヤーがゲーム人数に応じて1人~2人ほど現れる。実は、自分がどのチーム/プレイヤーなのかはゲーム開始前にしかわからない。ゲーム中は自分の正体は隠されて進み、カードアクションに応じて他のプレイヤーなどとチーう/プレイヤーが交代したり、正体を公開したり、こっそり見たりする。自分の正体すらこのカードアクションを通じてしか見ることができないのだ。それで、勝利の方法はアクションをする度に受け取ったカードの合計点。各チームごとにそれぞれのプレイヤーが持っているカードの合計点を足し、一番点数の高かったチームが勝つ。ただし、漁夫の利を狙うプレイヤーは、自分の点数が他の全てのプレイヤーよりも低かったら、勝利となる。
 このゲームの肝は、メモを取らないことである。ゲームの展開の度に全員、もしくは過半数の正体を覚えていれば意外とゲーム的には簡単なのだ。自分のチームの他のプレイヤーに点数を押し付ければ良いだけだしね……。それじゃあつまらないので点数が一番低ければ勝つ単プレイヤーのシステムが導入されたと思うんだけど、ゲームデザイン的に合っていない気がする。

 今回遊んだ2回中、点数が一番低ければ勝つ単プレイヤーはどちらも勝利できなかった。
 単純に自分の正体がわからないというゲームシステムと、チームで点数を高めるという仕様が合っていないと思う。確率論で行けば、チームのどちらかに入る可能性が高いため、自分の正体がわからないのであれば自分の点数を高める方が有利である。多分、自分の正体がわからないので、チームのため自分の点数を上げることと単プレイヤー用に自分の点数を下げることのジレンマを表現したかったと思うんだけど、自分の点数を意図的に下げることができない上、正体が秘密裏に交換される(あるプレイヤーA以外が目をつぶり、Aの両隣のどちらかがAによって正体を交換される。A以外のプレイヤーからすると不確定要素多すぎじゃね?)ため推理が成り立たない。
 一緒に遊んだプレイヤーはカードアクションを通じて相手の正体を探ろうとしていたが、そんなの同じように思考する相手にしか通じない。先にも書いたように、会話ゲームである人狼に比べてカードの効果と結果が直感的に分かりづらいのでカードアクションから正体を類推するのは難しいと思うなあ(今まで書かなかったルールとして、カードを5枚受け取ったプレイヤーが現れたらゲーム終了するため、カードを全員に均等に渡す動機も生まれてしまうためだ)。結局はプレイヤーごとに3チームを丸暗記した方が早いという結論に達する。

 というわけで、惜しいゲーム。脱落者がいないのは非常に優れた点。会話を行わなくても良いのも優れた点。だけど、ゲームにするためカードアクションにしてしまったら、正体を推理する部分でわからなくなる。人狼系のゲームは他にも色々あるし、僕としてはあえてこれで遊ぶ意味はないと判断した。

2017年10月5日木曜日

「ずっとお城で暮らしてる」(シャーリィ・ジャクスン著、市田泉訳、創元推理文庫、2007年)

 田舎という閉じられた世界に対する恐怖と言うべきか。ネットの発達した現在の方がリアリティを感じると思われる。

 僕の親の本家は田舎にあり、親は都会に出てきた人間である。親の話を聞く限り、その昔、表沙汰にはならなかったものの本家の人は金(田畑とか漁業権とか山の権利みたいな意味ね)を騙し取られたとかあったらしい。それも近所など近しい人から。今は何とかその損失も消えたが、それでも僕の親世代の本家の人々は貧乏暮らしだったらしい。なので今でもお金はあまりなく、年金を元にした貯金と家(と二束三文の山)だけが相続できる財産で、本家の長男は姉妹と骨肉の争いをしているらしい。田舎では家なんて誰も貸してくれないので、家を継げないと生きていけないためだ。
 そういう話をちょくちょく聞かされていたため、言葉は悪いが「膿家」みたいな単語(念のため書くが、差別用語に当たる)を聞いた時、納得してしまう面もあった。なお、以下の田舎への悪口は、漠然とした「田舎」であり、さらに田舎の現状を知らない人間が伝聞で思い描いた二重三重のバイアスがかかったものであることは注記しておく。

 この本を読んだ時、僕は聞かされていた田舎が思い浮かび、僕の田舎に対する嫌悪感のイギリス版という印象を受けた。金持ちの一族を妬み、不幸があると喜び、村ぐるみで囃し立てる。ゴシップ好きで、出る杭を打ち、仲間の数が多いほど気が大きくなる。そういう共同体への嫌悪感が、この本でわずかな固有名詞と共に描かれる村(田舎)なのだろう。僕にとってこの本で気持ち悪かったのは有象無象の村人たちで、1人の女の子が自分たちのホームグラウンドにやって来た時は散々いじめるくせに、ヒステリーが高じて火事で暴徒になったり、その挙句自分たちが見殺しにして焼死者が出たと知るや一転して恐怖に震える落差は定番の展開と知りながらも気分良くはなかった。僕は暴徒とか多数派による手のひら返しとかそういう展開が嫌いなので、余計に虫の軍団のような村人たちが不気味に思える面はあるかもしれない。
 しかしこの本の主題は共同体への嫌悪「ではない」。ねちっこく描かれる村はあくまで主人公の少女とその姉を追い詰める道具に過ぎず、本書で描こうとしたのは敵だらけの世界でひっそりと生きる時間が止まったような姉と妹の耽美的な生活だと理解した。

 主人公である妹とその姉は異常である。妹は非常に幼く、読んでいる最中は10歳前後だと思ってたし(実際は18らしい)、姉は浮世離れしている。姉には一家を毒殺したと陰口叩かれ、妹は毒殺者の身内なので嫌がらせされる。その死の真実は途中から薄々読者も勘づくようになるが、でも動機については最後に至っても明言されない。妹は虚実入り混じった自分の妄想とおまじないの中で生き、人殺しと呼ばれる姉は自分の屋敷から出ず妹を甘やかすのみ。彼女たちと共に事件の生き残りである叔父が暮らしているが、その叔父も毒の影響で精神を病み、姉から世話を受けている。彼ら彼女らにとっては普通の幸せな生活なのだろうが、それも長くは続かないことは読んでいてわかってしまう。
 本書のターニングポイントは明らかに怪しい叔父の来訪。妄想入った妹を通じての描写なので本当に悪人なのかわからないが、でも客観的に考えても怪しい叔父。事件の生き残りの叔父も妄想混じりで警戒する中、姉はこの新参者を受け入れてしまう。その結果、この姉妹の生活は破綻する。彼は火事以降村人にあっさり溶け込んだように、俗世=村人の象徴である。金目当てを隠そうともせず、妹の妄想について行けないほどのまともな感性を持っている。読書中は妹に感情移入していたので憎たらしい印象を受けたが、改めて読むと単なる小者でしかない。妹にとって空気を読めない新しい叔父は姉を奪う存在であり、敵対視されるのも当然であったのだろう。

 一番いやらしく感じたのは作者である。最終的に火事が起こり、姉妹が村に戻る選択肢もあったのだろうが、村人の意地悪さや妹の被害妄想(?)から2人の世界を存続させてしまう。普通に考えて家が燃え、お金もなくなり、家具や服や食料がなくなったら生活力のない姉妹は生きることができない。そもそも姉は困難があろうと村に出ていこうとしていたのだ。それを姉妹で生きるシチュエーションを成り立たせるため、むしろ姉妹の絆を深めるために、火事で姉の希望の全てを破壊し、保存食は残っていた(!)ということにし、さらに村人たちが貢ぎ物を供えることで俗世に戻らせない展開。閉じた世界から逃さないという意思は悪意とすら思え、歪な美しさを壊す気はないのだなあと思った。