2007年6月6日水曜日

Sentences on a blog plagiarized by famous Japanese writer

 わー、世間では唐沢俊一先生がブログの文章を「参考」にした事件が起こっていたようですね(by
Something Orange)。
この人が被害者、この人が容疑者ってか犯人。ちなみに唐沢氏は認めたらしい。
 裁判するとかは当事者同士の判断なので、外野がとやかく言うことではないでしょう(一部、「今後のために」とかいう理由で騒ぎ立てようとする人がいますが、穏便な解決が本人達にとっては迷惑でしょう)。それよりもぼくにとっては今後の唐沢氏の動向とかが気になる感じです。
 この文章のタイトルは「有名な日本人作家がブログの文章を盗作した」です。「盗作」は英語でPlagiarism。大学生や教師なら分かると思いますが、現在、大学ではレポートの盗作・剽窃に敏感です。日本では剽窃が発覚して、退学になったケースはありませんが、アメリカではあるらしいです(ソース未確認)。
 さて、そこまで考えたらぼくの興味は、出版社は今後唐沢氏に対してどのような態度を取るのか、に移りました。学生は退学処分です。では作家は?

 ここまで文章を書いていて、基本的なおさらいを。普通、「参考」にしたが「明示していなかった」は「盗作」と言いますよね。それからこの場合の出版社の責任ってどうなるのだろうか(いちいち事前に本の内容まで見るのだったら、責任はありますが、それは作家側から文句が出そう)。純粋に知りたいなあ(あ、でも週刊現代VS相撲協会だったら記者でなくて講談社か。と思ったら、記者はあくまで講談社の社員だからかな)。あと、これはあまりこじれないだろうな。サイトでの文章から見たら唐沢氏は全面的に認めていて、裁判所も和解を勧告しそう。もちろん表に色々出ていない黒いものがあるならば別。
 唐沢氏は主催している文筆業ゼミで、問題となった本について宣伝してたから、そっちでも問題が起きるんじゃないかな。「文章乱造の弊害」とか。

2007年6月4日月曜日

Images for blog



2007年6月3日日曜日

Impression of books

人間以上 
いきなり始まりました、感想文。第一回は
新装版 人間以上(Amazon)です。
著者:駕籠真太郎
出版:久保書店
ISBN:ISBN4-7659-0574-8
価格:1200円+税
発行:2002年10月25 (旧版:1990年11月10)

 適当にググってみると、ただの残虐だの、駕籠真太郎の面白さである皮肉というか笑いというか、アートっぽい感じがないだの、色々言われています。「凸凹ニンフォマニア」の方が評価は高いですね。
 で、なぜわざわざこれを選んだかというと、以後駕籠作品の発想の面白さの原点が「GODZILLA」などに現れているからです。人体をモノ扱いする作風も現れていますし。ぼくは成人漫画の歴史について詳しくないのですが、1990年代初期において、この作品群はどんな文脈だったんだろ。現在(2007年)は氏賀Y太など「残虐」漫画を書く作家がある程度は認知されてはいますが(少なくともマンガマニアならば聞いたことはあるよねーって)、当時は少なかったんじゃないかな。
 「快楽としてのグロ」(要は一般的にはグロはグロのため、好んでみる人はいないけど、あえて嗜好・楽しむこと。ギャグとして見るとかとは少し違う)が本を出版できるくらい広がったのはいつのことなのでしょうか。90年代後半のような気がします(根拠なし)。もしそうなら、「人間以上」はグロ表現を広めた功績があるんじゃないかな、と思います。

 ただしやはり「凸凹ニンフォマニア」の方が発想が面白いです(「A感覚の帰還」など)。

2007年6月1日金曜日

Online Profile Service

 さっきの続き。
 結局、prfileflyに登録しました。アドレスはこちら
 決め手はプロフィール入力のしやすさ・簡易性と軽さ。zikiはなかなか更新できない上、プロフィール入力欄がどこにあるのか、一見、わからないのがマイナス点だと思います。少なくともrofileflyだと直感的に操作でき、わかりやすいのです。
 話は変わってprofileflyのプロフィール欄にmixiが載ってたのが驚きました。そうかmixiは外国でも認知されるようになったのか。あとは「Glee」とあったけど、GREEのことかな? TwitterってブログでもSNSでもあるらしい。
 そしてprofileflyに登録した影響で、今回から投稿のタイトルが英語に変わりました。
万歳

オンライン上の名刺!?

 プロフィールアグリゲーターという言葉が本日、話題になりました。詳しくはこちらにて(by メディア・パブ)。 そんなわけで、試してみようと思いましたが、まずはサイトを選びます。
 目的はオンライン上の名刺代わり。ということは
1.デザインが良いか。自分より広告が目立ってしまってないか。
2.軽いか。名刺なので、大量のプロフィールを見ると考えると軽いかどうかは重要でしょう。
3.検索するときに非登録者でも可能か。名刺なので、非登録者が検索しても閲覧可能でないと不便です。まあ、個人情報を漏らしてしまうことになりますが。
4.(日本人に限らず)利用者が多いか。多くないとそのサービスサイトの存続の危機です。
5.余計な機能(例コミュニケーションなど)がついているか。mixiとの関係で、そんな機能はいりません。
 これらを考えた場合、英語サイトで
http://www.ziki.com/ 
http://www.ziggs.com/
http://profilefly.com/
がありました。
 ziggsは登録者のみ閲覧可能。
 ziki日本人(日本語検索)で133人。でも登録しただけの人多すぎ。あと、SEO対策は魅力的。でも重すぎ
 profileflyは日本人13にん(まともに使ってるのは9にん)。デザインがよい。
 日本語のサイトは
http://iddy.jp/
http://aboutme.jp/
の二つ。どうも日本語のサイトはSNS色が強い気がします。
 英語サイトのzikiとprofileflyが良さげ。特にprofileflyはデザインと軽さが良い。ついでに日本人メンバーもある程度年齢があって、オンライン上の名刺とするならば最適だと思います。でもzikiに比べてメンバー数が少ない。今はzikiが優勢でしょうか。

 とりあえず、zikiに登録してみます。

AdSenseをのっけてみた

 先日行った、Googlepプロダクトセミナーで申し込んだAdSenseをのっけてみた。
 何だかプロのブロガーになった気分です。今のところ別にお金を儲ける気はないので、適当にデザイン遊んでみます。