2010年5月15日土曜日

 ここしばらく仕事の都合で夜1時帰宅→寝るのは2時→起きるのは6時な毎日で、どうしても週末は2日とも昼ごはんを食べてから午後6時まで昼寝をするメタボ道を邁進しているが、今日の昼寝で見た夢は面白かった。

No.1
 テルマーを双六に見立てて、さらにそれを上空から眺めるって話。それも鳥瞰図で。

No.2
 いつもの通り僕がヘイブンで放置していると(そう、桜と無限で育った僕はヘイブン住民なのだ)weaken辺りでアタックされた。ガード圏内なのにおかしいと思ったけどとりあえず逃げてハイドで様子見たら、ヤマンドンが闊歩しているではないか。よく見るとGドラも野生だし。さっきのはPKerだったんだな。それで大逃げしてハイド暴きを受けつつ無事に宿屋についたというわけだ。

 え、落ち? 夢だからないよ、そんなもん。

2010年5月9日日曜日

La Mugen

 もう一月程経つのかな、こっそりと無限にキャラを作って育てていた。
 元々僕にとっては無限は第二のホームグラウンドだからいつかは無限でも生活すると思っていた。逆にUOに戻って半年以上も無限に行かなかったことの方が驚きと言えるかな。 今まで無限の案内サイトといえば、DEX125くらいしかなかったが、新しくMUGEN GUIDEができたことで、雰囲気がわかると思われ。

 とりあえず自分にとって一番使いやすい忍者メイジにしようと考え、種族は人間一択。夕暮れが見れることと、スキルの最低保証が非常に便利だから。魔力の残骸抽出もスキル0よりはましなんだよね。
 前に作ったキャラは生産子の癖に素材を得る手段がなかったため(PC間取引も含めて)、最終的に毒忍者にしてしまったから、今回プレイするコンセプトとしては、それなりに無限で暮らせるようにスキルも最適化することに尽きる。ヒューマンのスキル保証もしかり、無限では魔法が必須なので攻撃手段も魔法にするためにEI入れたり、普段移動用に忍術+ステハイ入れたり。レジが入らないのはご愛嬌。

 そんな感じで生まれたのがこいつ。
 髭のジジイ。出雲のrogerも転生クエ繰り返して髭のジジイになってたな……。
 ヘイブンについてすぐにやったことはエスコートクエ。前のアカウントではキャラ作成直後にNPCエスコートを30セット繰り返してLRCを80くらいにしてたけど、現在は練成もあってLRC程度なら安く買えるのが大きく違うところ。一パーツ@1500くらいで、しかもS革鎧にLRC18を錬成してくれている。とまあ、それはINT * SHOPのことなのだが。単なるLRC稼ぐだけなら499程度で買えたりもする。まあ完全にスキル上げ用でしかないと思うけど。
 キャラ作成で注意したことは、どのスキルに初期ポイントを割り振るかと、できるだけ全てのスキルを同じように上げること。無限では、NPCからスキルを習えないので、知っていないと序盤が上げ辛かったりすることもある。僕の場合は、
武士・忍術>生産など金と資材を消費するもの>スキル使用遅延時間の長いもの>マナを使うもの
の順番で割り振るべきだと思っている。人によるけどな。
 単純に忍術と武士は一番最低必要スキルが25くらいなので初期に振っていなかったらアクセブーストしなければならないから。都合よくアクセを貸してくれる人が見つかるとは思えないので、忍術に49振ってみた。
 その他は使用遅延が長いと評判のハイドに49、そしてスペル本が欲しいため、魔法に2入れた。まあ、どの道、無条件で上げられるのはスキル70までしかないけど、少しでスキル上げを早めるためだ。
 でだ。キャラ作って旧ヘイブンで訓練していると、これがまた殺されまくるのだ。一応僕の他に数人訓練中と見られる人々(装備もかなり劣悪な)がいるのだが、なんか知らんが僕だけが粘着されてた。スキル上げ自体は他の場所で行ったから良いのだが、正直ヘイブン周辺では狩りなんぞ行わない方が良いかも。ステハイPKerが大量にいる。まあ、ヘイブンは生活する街としては相当便利だからなー。そりゃPKerも大量にやってくるさ。
 ちなみに下手に赤キャラで街に入るべきじゃないかも。
 こんな感じ。ヘルパーさんが戦闘モードになるというレアな感じになる。
 ついでにヘイブン前で放置するとシーフに盗まれるかもしれないから気をつけよう。今まではまだ盗まれたことはないけど、もしかしたらの可能性があるからね。

 そんなこんなで現在はROT中。やっとスキルの方向性も決まって、さて次はという感じ。魔道武器もちたいけど、SPMも魅力的なんだよな。

猫も杓子もリカルドクエ

 リカルドクエは大成功だったと思ってる。
 戦闘スキルのない作りたてのキャラでも何とかクリア出来る難易度、終盤のPKにドキドキしながら本を読むことができた達成感、Tで得られるアイテムは旨みがないもののマナ・スタ回復可能という堅実な性能、Fのアイテムはシーフ対策必須だが、速度付きのマント。生産者でも初期キャラでも楽しめる点で、良かったと思う。まあ出雲はFコーブにシーフすらいないため、皆非常に隙だらけだったが(苦笑)。ちなみに桜はシーフうざいというか、延々とハイド暴きされてた。無限は……PKerすらいないあのシャードをどうしてくれよう。

 というわけで、無限キャラを晒してみる。
ああ、前の土地クエ時の証明写真だ。ちなみにスキルはこんな感じ。
 いわゆる忍者メイジかな。当時はレジ抜きで頑張ろうと考えていたんだよなあ。
 こいつで諸王の墓入場クエを頑張ったのだから、人間やれば何でもできるのだ。

 リカルドクエは当然土地クエよりは簡単だったのだが、
 いきなり公共を放火したりバリケードを貼ったりするTBな思想にかぶれた青がいたり、ステハイPKerがいたりと波乱万丈だった。
 つーか、9日目と10日目の方が安全だったぞ、無限は。
 まあ無限でPKerすらいないのが良いことか否かはともかく、だ。
 一般は何だかんだ言っても警備隊がPKerを撃退してたし、翌日は完全にノーマークな状況になってたんだから普通に誰でもクエストできる状況だったな。
 そして、ついに!
 キターー……のか?
 ここは無限。保険なんてマジック品には服ブレスなんてもってのほか。ついでに一般に比べて物価が安い。
 うん、ゴミとは言わんが微妙だな。2カ月後、十分流通量が少なくなった頃に売ってみる路線で行こう。多分3カ月経ったら、速度5、マナコス2、マナ回1、命中5なマントが出るに違いない。
 ちなみに出雲は7キャラで回しまくったが、新マント1枚、新タリス1個、旧タリス1個、レリック3個だった。桜はレリック9個くらいでたなあ。無限はレリック3個に速度マント付き。なんぞこの差は。まさか出雲は呪われているのか!?

 そういや無限でもこんな勝負装備を着てる人がいるなあ。
 かっけえ。

2010年5月3日月曜日

この春探索する無限スカラ街道@無限紀行

†無限での思い出
 かつて無限で本格的に活動したのはステハイ毒忍者だった。無限は装備による強化がほとんど不可能だから、便利アビリティが揃っている忍術が一番てっとり早がったんだよね。
 当時、既に一般シャードで家を持っていたために「アパート」(プレイヤーハウスに居候すること)に住むことを考えたり、保険がないのでHQ鎧を着ながらダンジョンへ潜ったり、人間保証で裁縫バルクをもらったり、PKerに合って全ロスしてヘイブン住民から施しを受けたり。
 恐らく、あのままトラメルとフェルッカが一体化していたときの未来の、「もう一つのUO」が無限の姿だったと思う。そう感じさせるものがあった。もっともトラメルを作らない未来はたぶん強烈な過疎化しかないという予感もさせられたが。
 無限と言えば「住民はみんなGMステハイだから見かけ上過疎になるんだよ」などの伝説のギャグがあって、巨大掲示板とかでもよく言われてたりするけど、あながち嘘ではないのが無限らしかったりもする。ヘイブン銀行近くで走り回るとハイド中の人を乗り越えたりするんだよね。それとか有名PKerとしてステハイ人が何人も挙げられたり。僕もかつて、アパートの近くに有名PKギルドハウスがあった時、偵察(というか、彼らの活動時間からずらしての狩り)をするのにステハイ使ってたから、わかる気がする。
 ステハイ使ってるとトイレ離席とかで銀行放置するときにも安心で、それで危機感がなくなったりもしたな。放置して帰ってきたら、ヘイブンでなぜか死んでいたりとか……。PKされたか、バトルに巻き込まれたのかな。そんな時に毒塗りダガーをたくさん持っていてロストしちゃったり。
 そうそう、無限は一般シャードと違い、ダガーやはさみなどにもチャージがあって、ダブクリするごとに自動的にすり減る仕様なんだ。タゲキャンセルしてもチャージが減る感じ。だからタゲとりは名誉マクロ使ってた。軽くて小さい刃付き武器(=ダガー)は当に生活するうえで必需品で、焚き木を取る/羊毛集め/皮剥ぎ、などなどかなり重宝していた。その頃は毒忍者だったのでそれこそ武器代わりに手持ちのダガー全てに毒を塗っていたんだよ。

†何で無限に行ったの?
 人が少ないのでみんな知り合いな雰囲気があって、当時はそれに憧れてたな。1つのコミュニティっぽさが好きな人には好きかも。されど、新参がそれなりに(本当に「それなり」ですが)現れたりするので内輪って訳でもないのがうれしいところ。
 また、装備の上限がそこまで高くないから、気軽に狩りができたんだよね。生産者だけでもパワスクやってたこともあるほどだった。装備のためにお金稼いで、さらに資材貯めて、それで装備を作るという精神鍛錬を行わなくて良いのは魅力の一つだった。
 それら含めてプレイに対しての敷居が相当低いことは楽しさの1つだと後から気付いたな。モンス死しようが、PKされようが、荷物をロストしようが別に珍しくもなかったり。生産者をしたいなら、ルニック廃人や天ぷら+練成+強化廃人になる必要がないのですよ(帽子は服ブレスを使える唯一の抵抗装備だから、非ルニック武器学有りのHQがメジャー。そして練成装備も抵抗と秘薬低減のみが超高級品扱いされたりw)。普段、木防具錬成→強化失敗したーと茶化しているけど、実はあれは結構ショックだったりするからねー。
 対人をしたいならばいつでもなれるのがメリットだね。勝率は悪いと思うけど、気軽に襲えるらしいよ。
 最後に、日常的にPKがある代わりに、それを避ける努力などが報われやすいのもポイント。例えば圏内でしか活動しなかったり、ステハイで移動するのも有効。この手の創意工夫が手軽に試せて、かつ結果を伴いやすい無限は魅力なんだよね。人が少ないけどな。

†人間様じゃ!
 各シャードのお散歩キャラはエルフだったりするけど、無限ではかつても今も人間キャラを育てている。
 やっぱりスキル最低保証は便利なんだよ。備忘録として一例を示すと、
・キャンピングでどこでもログアウト
・ハイドでショッピング・DHで気休めスリ対策・トラッキングもできる
・鍛冶でダガー、細工ではさみや生産道具、弓矢も作れるよ
・フォーカス保証と瞑想保証が恐ろしく便利すぎる
・たまに発動する盾ブロック
・お金を払えば騎士回復
・神秘・スペウィー・ネクロの低級呪文なら一応発動可能
・マジックアイテムの抽出で小遣い稼ぎもできる

うん、人間は便利だな。

†一般との違い
 保険やマジック品にブレスが付けられないとか、色々言われているけど、個人的に一番一般シャードとの違いを感じたのは全ての道具にチャージがあることかな。
 知識として知っていても最初は気付かずに刃物をWクリしてたら壊れてしまっていた。驚いたよ。たぶんこれのお陰で道具などの流通が行えるという側面があるんだろうね。
 その他のROTやらどこでもPK、NPCが資材を売らない・PCから買取らない・スキルを教えないってのはそこまで大きな違いではない。ある程度、一般ルールを変形したものでしかないと思う。
 道具ですら普通に使っているだけでなくなってしまう……それこそが徹底的に使い捨て前提で活動する無限の本質だと思う。

†頭防具の最高級品はブレス付きHQ帽子?
 錬成が導入されたことによって、S皮鎧に秘薬低減という安くて便利でそこそこ防御力がある装備が作れるようになったのが大きな特徴か。特にベンダーで非常に安く買えるので魔法を70まで上げるのに重宝する。
 とはいっても基本は神秘装備。さすがに全部を秘薬低減革鎧にすると防御力が持たない。狩りをしようとすると1箇所は錬成などで防御力を高めるべきだと思う。そこで神秘マントやローブの出番となる……が、そこでも褒章ローブ・マントとバッティングするんだよなー。僕はあと4カ月で初めて褒章グッズが手に入るけど、やっぱ色が気に入らないもののローブとマントを手にいれるだろうな。AR合計6上がって、しかもブレス付きは非常に美味しい。
 ブレスといえば、無限ではNQとHQ以外の布製品には服ブレスが使えない。速度マントやタングル、その他マジック帽子などはブレスなんぞ付かないのだ。そんな中で人々から熱い支持を受けてるのがHQ帽子。無限は武器学GMで防御ボーナスが8になるため、それもあって服ブレスを付ける人が多いのだ。もちろん普通に秘薬低減を錬成して運用する人も同じくらい多いけど。
 さて、無限では保険がないのだが、1つだけ個人ブレス化できたりする。キャラクターのメニューを出して個人ブレスを選び、対象をタゲるのだ。
 で、僕なんかはどれをブレス化するかの選定に悩んでしまう。防御力の高くて優良プロパ付き鎧を選ぶか、マギペンダント・スペルブック系にするか、もしくは武器に付けるか……。
 今のところはマギペンダントを個人ブレスしている。マナ回復とマナコスと秘薬低減は便利だから。でも防御力がないため、将来的には武器を天ぷら粉+錬成して個人ブレスつけようかな……。

5月のUO日記

5月。
UOでは様々なクエストやらPCイベントが開かれたりした。
僕も某酒場に初めて行ってきたりネクパラを育てていたりと中々有意義に過ごしている。
で、とりあえず5月のビッグイベントと言えば……

「メソナの失敗」

だろう。
食えないクリームパイ? 上等。パイとは投げるものだ。しかも待機時間いらずという親切設計。きっと雪玉を投げる連中が「雪玉20個以上持ち歩かなきゃ連射できないよう。先生何とかしてください」と泣きついたに違いない。グッジョブ。

で、クエストに行ってみた。とりあえず無限で。
ああ、いや、こいつは出雲のキャラ。10周年の徳装備を着ている。無限キャラは必死すぎてスクリーンショットが取れなかったんだ……。だから以下の写真は全て出雲のイメージ映像と言うことで。
いや、死にイベントらしいから、失うものがない無限キャラが適任だと……。ついでにブレス付き遊び道具も欲しかったし。

まあ、何だ、普通に死んだ。
というか、弓スナイパー共をくぐり抜けられない。無限キャラは防御力が低いから一発で体力の3分の1がなくなる。
パラリを見ながらだと、墓と毒ガスとウィスプと3匹のスライムは普通に自力で何とか出来たんだけどな。
扉と、
墓石と、
毒ガス通路。
ちなみに毒ガス通路のテレポタはシャードによって違うらしく、無限は上の写真で一番下と言うか、南側というか、左をひたすら走るだけで勝手にテレポートしたのだが、出雲はちゃんと位置を合わせる必要があった。
位置を……合わせる……必要が……orz

で、弓兵は出雲でも初見突破不可能で、さらに数回死んだから無限では言わずもがな。
というか、無限のモンスAIは非常にアグレッシブで、一般シャードよりもホスタイルになる時間が短い気がする。しかも弓射程長いし。ただしそのためにルートすら不可能な状態になってて、その点も調整してるのかな。

あの曲で

板をWクリすれば楽に向こうの岸まで着くけど

何回やっても 何回やっても 弓通路が通れないよ
あのSK何回やっても避けれない
ステルスで隠れて歩き続けてもいきなりハイド暴かれる
テレポ連打も試してみたけど視線通らないから意味が無い
だから次は絶対勝つために僕は召喚だけは最後までとっておく~

→いや、召喚生物出して自分インビジ作戦しても、召喚生物が死ぬ方が早いからw
なんて感じだったりする。
それにしても受動DHが発動しない無限でもきっちりとハイド暴きされるとは、EAもわかっていやがる。
結局無限は他のプレイヤーの後にくっついて歩いたな。その人がタゲを受けてくれるから、ステルス暴かれてもハイド可能で、それで安全地帯に行きやすくなって。

道順が分からない&荷物の回収手段が最初はわからなかったので、それもあって無限では難しかったかも。
ちなみに出雲では抵抗MAXにして強行突破したけど。包帯って便利なんだねーと初めて感じたよ。


赤ウィスプは「それなんて弾幕シューティング?」状態で、それなりに簡単だった。
……ああ、失敬、前言撤回。
しかも何か幽霊になってもカウントダウンしてるし。通常、ワープゲートでヒーラーまで戻って生き返ると荷物が足元に戻るのだが、

幽霊でカウント状態で0になる前に生き返ると、速攻死ぬから注意。下手すると最後の死体=幽霊状態と認識されて、荷物が戻らない場合もある。というか、あった。
ここから先は死ぬときは死ぬからこんな格好でも大丈夫。
まあ、緑の赤ウィスプを避けて緑に触れるだけ。
赤ウィスプはランダムに動くけど、こちらが動かなければ大丈夫。

最後のジェリースライムはパラリに攻略法載ってるし。
そこはかとなくバグな感じもしないではないが、EAのご褒美として受け取っておこう。

パイをゲットして終了。

このイベントのまとめはこれが全てを表しているね。
どのキャラも同じくらい有利・不利があって、考えれば攻略可能だが力押しでは何ともならない難易度、プレイヤー同士で自然と助け合わせる設計、そしてヒーラーへのゲートを通れば荷物が回収可能になる。
完璧。プレイヤーとしては安心感たっぷりで、すっごく楽しかった。
こうやって他プレイヤーと会話したり協力したりする醍醐味がMMOの楽しみだよね。それを誘導出来ているこのイベントは相当すごいものだろう。