2019年5月30日木曜日

「名探偵ピカチュウ」(ロブ・レターマン監督、ワーナー・ブラザース&レジェンダリー・エンターテインメント、2019)

 いやー、ポケモンもついに実写映画になるとは……。しかもかなりちゃんとした内容だったし。やはり全世界にファンがいる作品は珍妙なアレンジを加えられないので強いな、と改めて感じたのだ。

 ポケモンゲーム(特に初代=第一世代)のファン的には、出てくるポケモンが第一世代だけじゃないのが面白かった。内容とビジュアル的に対象年齢が高いと思ってたのでてっきり第一世代しかいないのかなーと思っていてびっくり。数は少ないけど、ちゃんとフェアリータイプも出てる! でも毒はゲンガーだけ、鋼タイプは出てこなかったと思うし、ドラゴンタイプも虫タイプ(Wikipedia)を見るとバチュルが出ていたらしい)も岩タイプも記憶にない。悪はヤンチャム親子とゲッコウガとニューラの群れがいたのに!(モブシーンちゃんと見ると岩タイプが映ってるかもしれないけど)。ところで、銅像みたいに鎮座してるゴルーグは絶対にゴーストタイプじゃないと確信した。ゴルーグは鋼・地面だよ。ゴルーグ、できれば空を飛んで欲しかったな……。

 ビジュアルの目玉はなんと言ってもピカチュウ。ピカチュウがもふもふしてて可愛い。ピカチュウだけじゃなくてカビゴンももふもふしててぬいぐるみみたいだし、フシギダネはカエルのような植物のような不思議な質感だけど可愛かった。毛を持たない連中はゼニガメやリザードンやギャラドスなど、それっぽかったと思う。
 とはいえ、リアルな汚れが足りない感じはした。町中が異様にクリーンではあるけど、ポケモンは(というかピカチュウは)裸で歩いているのだからもっと足元が汚れてて良いはずだ(もっといえば冒頭に出てくる野生のカラカラは全然野生っぽくない綺麗さだった)。ミニチュアペイントで汚れのないペイントの見本になった。そう考えて冷静に見てみると、ピカチュウ、リアル系のぬいぐるみレベルじゃない? いやもふもふしてて可愛いけど。
 ぶっちゃけ、ビジュアルの質としたらパシフィック・リムの衝撃を超えてはいない。可愛い可愛い言われてるピカチュウの表情の手法はジュエルペットシリーズで既出だし(人間は眉があって表情が出るけど、眉のない動物は目の周辺で皺を作って表現する、とジュエルペットサンシャインの設定本に書かれてたよ)、もっと昔から、もしかしたらディズニーあたりですでに開発されている手法かもしれない。
 そして絶対に我慢ができなかったのはダサいスローモーションアクションを使ってること(SATを参照)。スローモーションアクションは絶対に近年の映画をおもちゃっぽくしている原因なので、親の仇のごとく批判しなければならないと改めて決意した。しかも今作ではスローモーションになると音が(声が)低く引き伸ばされるのだ。三流バラエティ番組のギャグシーン? 正直、罵倒表現が思いつかないほどひどい。
 なお、今作で新たにもう1つダサいビジュアルのテスト方法を発見した。未知の強力なパワーが発動されて強敵感が出ると街を引きで映し衝撃波がブワッとなる。この表現を2019年にもなって使うのはもはや犯罪的ですらある。

 脚本は……うーん。脚本もそうだし設定も正直思ってたのより出来は良くない。見終わってからこのサイトを見たけど、うん、そうだよね、と思った。ミュウツーは素直に主人公のお父さんを助けてやれよとか、人間の魂をポケモンに入れる→人間の身体がなぜか消えるとか、その割に黒幕おじさんの身体は消さずに無防備だった(混乱の中バルーンが爆発してビルが倒れたらどうするつもりだったんだろ)とか、メタモンがいるなら黒幕の息子さんはさっさと殺しとくべきじゃなかったのでは?(なんで押し入れに放り込んだままだったんだろう) とか、そもそもお父さんの魂がピカチュウに入ったからと言って主人公だけがピカチュウと会話できる理由になってない(リアルで腹で感じたの?)とか、怪しい薬品「R」ってなくても話がまとまったのでは?(「R」の存在が主人公を物語に導入したのは確かだが、その割には「R」と物語の真相とのつなぎが雑というか……) とか設定のツッコミ所はたくさんある。
 また、名探偵だったのはCNMの女性記者(ヒロイン)で、主人公は彼女に引っ付いて偶然情報を得たり、黒幕おじさんから解説してもらったりと終始受け身だったのが残念(ヒロインに出会わなかったらお父さん助けられてないよね?)。そのくせヒロインは終盤出番がなく黒幕の息子さんの方がヒロイン感あってかわいそうだった。
 ついでに、ポケモンをリアルに、そして連れ歩きシステムにしたことで、ポケモンバトルが闘犬とか闘鶏みたいにインモラルな雰囲気になるかと思えばそんなことなかった。闘犬・闘鶏を批判する人には僕は反対だけど、監督はもうちょっと生き物をバトルさせることを批判的に描くべきだと思う(たとえポケモンのコンセプトにそぐわなくても)。

 文句を言うだけでは発展性がないので良いところを書いておくと2つある。
 まず何よりも、主人公がかわいい。ゲームのポケモンの主人公みたいなまっすぐでお上品なキャラで好感が持てる。この作品、主人公だけじゃなくて、冒頭の主人公の友達とか、黒幕の息子さんとか、男性(おっさんピカチュウ&お父さん除く)をすっごくかわいく撮ってて、それもあって女性陣の印象がイマイチ。一方、おっさんピカチュウは時々主人公に向けて女性の誘い方みたいな男同士のシモネタを話して、主人公から冷たくあしらわれるんだけど、これってお父さんがこんな品性ってことでしょう? 主人公、こんなお父さんとこれから暮らすんだ……。
 2つ目は、ポケモンの個体はあくまでいっぱいいる種族として描いていること。ピカチュウは相棒だけしか出てきてないけど、どこかの森に行けばいろんな性格のピカチュウに出会えるよう雰囲気がある。これは僕の勝手な考えだけど、日本の作品って主人公を特別な存在として描くのは得意なんだけど、何でもない有象無象の一人(でも主人公)として描くのが本当に下手だと感じている(繰り返すが僕が見ている範囲の話だ)。一方で、アメリカの作品は社会の歯車を社会の歯車としながら主役として描けるという感覚があり、それが今作のポケモンの描き方につながっているのではないかと思っている(繰り返すが僕の感覚の話だけど)。つまり世界の広がりをこの映画から感じることができて、それが受けたってことである。

 文句は書いたがとりあえずポケモンが実写化されただけでも満点を与えるべきか。今後のコンテンツ業界はこれと比べられるようになってしまい大変そうである。

2019年5月15日水曜日

「巨星 ピーター・ワッツ傑作選」(ピーター・ワッツ 著、嶋田洋一 訳、創元SF文庫、2019)

 初のピーター・ワッツ。原題を見ると「『島』と他の物語」なのに日本語訳では「巨星」が全面に押し出されている。この違いは何だろう、と思って読む。どの作品も最初のページに1ページ解説がついており、しかも結構深いところまで解説してくれている。この手の作品ごとの解説は訳者が連想したことを書いてお茶を濁すこともあるが、物語の終わりまで解説していてこれだけでも傑作の予感。
 トップバッターの「天使」は戦争用AIという人間とは異なる存在が知性を獲得していく様を、AIにフォーカスしつつも三人称形式で描く。AIにとって仲間は同じ戦闘兵器であり、時々メンテナンスする人間は甲羅を剥がして内蔵を弄るよくわからない存在とされている。AIの知性獲得というと、「ターミネーター」のスカイネットのように人間っぽい意識の誕生が思い浮かぶのだが、この作品ではあくまで条件付けと費用対効果計算による「意識」として描かれているのが面白い。攻撃しようとしたら計算結果が瞬間的に変わって撃つのにためらうシーンなど、シチュエーションは違えどみんな思い当たる節はあるだろう。最終的に暴走(人間視点で)するんだけど、AI的にはあくまで計算の結果であり、それがとてつもないことに繋がるのは現実のAIのブラックボックス化にも繋がる問題だと思う。
 「遊星からの物体Xの回想」は何が起きているのかわからなかった作品。「遊星からの物体X」見ればわかるらしい。うん、じゃあ別にわからなくて良いや。
 「神の目」は安全を保証するため脳に作用して期限付きだが不穏なことを考えられなくする装置に関するお話。実は因果関係は不明なものの、脳に影響を与えるので恒久的に人格が変わったケースもあることがわかったり、さらに脳を好ましく変えるということは今の瞬間考えていることがわかることでもあるため勝手にブラックリストに載る危険性があったりとこの装置の影響を丁寧に描いている。とはいえ、個人的には頭の中がわかってしまう世界で特定の性癖が蔑まれるってことはあるのかなと疑っている。この作品はそういう内面の自由について描いているが、本当に心の中が読み取れるなら心の中で考えていただけのことでこの作品のようになるとは思えないのだ。僕が楽観的すぎるのか?
 「乱雲」は雲が知性を持った世界でほそぼそと生き延びる人を描いた作品。その生活は風前の灯火であり、何が起きるわけでも何を行えるわけでもなく読者にその無力感を味あわせている。SF的には雲の思考についてだとか、アポカリプスな世界だとかに焦点が当てたいところだが、ひたすら絶望的な環境で生活する人間を描いただけの今作はそれはそれで面白い。
 「肉の言葉」は死んだ瞬間に何を考えているのかを研究する男の姿を描いた作品。読者の感情移入を拒み、何を考えているのかわからない男が作中の恋人の心を壊していく様子は鬼気迫るものがある。死の瞬間は何もないことに気付いた男がかりそめの慰めを見出したのが恋人の声色で喋る少し進化しただけのSiriっていうのも皮肉が効いている。
 「帰郷」も人間以外の知性のあり方を描いた作品。舞台設定が解説ページに書かれていて把握できたのだが、深海での作業を行うためにある種の人間が選ばれて改造を施されたらしい。そんな改造を受け深海に適応して蜥蜴のような存在になった元人間が、普通の人間に出会っても意に介さない様子を描いている。作品単体では設定がわからなかったので解説はありがたかった。「天使」みたいにひたすら人間蜥蜴の行動を描写してるだけだもの(人間蜥蜴は動物的な思考しか持ってないらしいので描写できる思考もないのだろう)。確かに人間以外の知性を描いてはいるものの、考え方がわかりやすい「天使」に比べると地味だし「だからどうした」で終わりそうな作品である。他の人間蜥蜴を出して社会性を持っていて人間に敵対するみたいなイベントがあれば面白くなったんだけどね。
 「炎のブランド」は植物(藻)に燃料を作る遺伝子改造を施したら、ウイルスなどによって人間にその遺伝子が感染してました(水平伝播)! というお話。人間自身が燃料を作ってしまうので、タバコを吸ったりしたら爆発するというショッキングな設定。それによりタバコを吸うということは安全な人の証明であるので、逆説的にタバコを吸うことが流行るという社会の変化。主人公はかつて遺伝子改造した企業と結託した行政にて人間が爆発する事件を闇に葬ってきた過去を持つ女性。今は遺伝子改造を行う企業に勤め、身をもって適応の神秘を体験していたという終わり方。うん、人間が爆発するというエンターテイメントさでごまかしてるけど、遺伝子組み換え食品を忌避するロジックで描かれた作品である。遺伝子組み換え食品に反対する人が掲げる理由の1つとして将来の影響がわからないことや人間に伝染る可能性を挙げたりしてるが、まさにこの作品の設定そのものであろう。水平伝播や寄生虫による思考の変化は理屈としてあるとは思うんだけど、人間に影響を及ぼすレベルなのか? と僕は思う。お話は派手で面白いが、ラストの主人公の露悪さも含め、単なる反遺伝子改良の主張でしかないと感じた。
 「付随的被害」は装着者の無意識に作用して意識に上る前に行動、つまり攻撃、してしまうサイボーグ技術についての作品。つまりは自由意志についてだ。……と思ってたら、自由意志を越えてトロッコ問題のような道徳や倫理の問題まで踏み込んだ作品だった。すごい。単に、無意識を反映してしまう殺人装置に関して、装置が悪いのか/無意識のせいだから装着者は無罪なのか/無意識でもそう思ってた人(=意識)が悪いとするのか的な議論だけではない。もちろんこの議論は近年の自動運転みたいなシステムにも関わってくるので面白いのだ。法律論的ではあるが。しかしこの作品はさらにそんな殺人装置に装着者を冷静にさせる機能を持たせ、「冷静」に「倫理」的に振る舞わせてしまう! その結果は本書を読んでのお楽しみ。ところで、出てくる技術が現実の延長だからか、シチュエーションがわかりやすかった。
 「ホットショット」からは同じ世界観を元にした三部作。遺伝子操作と教育付けによってある目的を果たすために作られた人間を主人公とし、自由に行動させてるふりをしてその実牢獄のような世界に反発しつつ、本当の自由意志を求める様を描いた物語。色々書かれてるけど、結局は自由意志なのだ。正直、意志についてのお話もそろそろ飽きてくる頃なので、半ばあくびをしながら読んでいた。
 「巨星」は「ホットショット」から登場人物を変えて、星間宇宙船が巨大な恒星とぶつかる危機を描いている。ゃんとした出来事があってキャラクターも類型的だったので、むしろ他2作よりわかりやすかった。主人公の1人は宇宙船を支配するコンピューターとつながっている人間で、もう1人はコンピューターに反乱しようとした人間という対比がわかりやすい。この作品もテーマは自由意志なのだが、このようなコントラストが効いた人物が宇宙船の危機に立ち向かおうとするストーリーなので面白く読めた。本当に主人公が自由意志を持っているか否かについては、持ってないんだろうな、と僕は考える。
 「」を読む頃は飽きてしまった。せっかく宇宙だの異星人だのスーパーテクノロジーだのがあるのに個人の意志についてチマチマ考えるのってつまらなくない? この作家はでっかいSFギミックより「天使」や「付随的被害」みたいなリアルな設定を積み重ねる作品のほうが良さそう。

 というわけで、遅ればせながら感想文が書き上がった。好みに合わない作品もあったが、全体的には面白いと思う。

2019年5月14日火曜日

「みならいディーバ」(石ダテコー太郎監督、ヤオヨロズ製作、2014)

参考:みならいディーバイベントに行ってきた
こちらも:ひもてはうす感想


 再度見直してたが、やはりこれはすごいと思った。モーションキャプチャーによる生放送アニメ、視聴者参加型、リアルタイムで歌詞付け、など演者だけでなくスタッフやオーディエンスも巻き込んで生アニメを作っていた。はっきり言って、リアルタイムで視聴していないとこの凄さはわからないと思う。今は22/7計算中みたいにモーションキャプチャーアニメが普通にある。2014年にこの技術を用いて、しかもその動きをアニメとして放送して、1時間かけて1つの曲を作って歌う。今から考えると視聴者が少なかったらどうしてたんだろうと思う。
 正直僕は、この作品で音楽アニメを学んでしまったので、普通の音楽アニメをつまらなく感じるようになってしまった。その場のノリで歌詞を付け、1発で歌う。すごい。
 もちろん欠点はあるというか、今アニメを見返すとすっごくつまらない。コメントのあるニコニコ動画で、さらにリアルタイムでしか見れる作品ではない。というか、「アニメ」らしさを期待しているならこの作品は見るべきじゃないだろう。ただ、本当の視聴者参加、生放送という今でもめったに見られないものを高品質(というかこれ以外ないから品質を比べようがないし)でやり遂げたこの作品は、波長が合えば見るべきだろう。減点方式だと無残な点数になるが、加点方式だとここ数年では最高傑作になる作品。

 ……アニメ内で流れたバージョンの曲を早く売り出してください。今更出ないと思うけど!

「通し狂言 妹背山婦女庭訓」

https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2019/5124.html
 ちょくちょく文楽は鑑賞していたが、先日初めて1日まるごと文楽に費やした。座り続けてるの、さすがに疲れたぜい。
 この作品を見て驚くのは、舞台が飛鳥時代(大化の改新頃)のはずなのに、考え方や風俗習慣が完全に江戸時代であること。天智天皇や蘇我入鹿はお公家さんっぽい服を着ているが、彼らの部下は侍だよね……? そういえば武家とか大名の娘とか言ってた気がする。江戸時代の庶民がそもそも貴族の服や飛鳥時代のことをどれくらい知っていたのだろう? 最初は庶民に親しみを持ってもらうため、わざと江戸時代に寄せているのだろうと思っていたが、考えてみるともしかしたら庶民も江戸時代の延長でしか想像できなかったのかもしれない。

 ストーリーは天皇の地位を狙う蘇我入鹿と、それに対抗する藤原鎌足勢の争いといったところか。蘇我入鹿はまるで魔王のように描かれ、滅するために超常のアイテムが必要なほど。それを得るために男女の悲恋が絡み、ついに藤原鎌足はそれを用いて蘇我入鹿を打ち倒す、らしい。今回演じられたのは蘇我入鹿を倒す必殺笛を手に入れたところまでで、倒すのは割愛されてた。
 一段と三段、二段と四段がそれぞれストーリー的に対になっており、特定のキャラクターに感情移入して観るとストーリーがぶつ切りになるが、この作品は群像劇的に観るのが正解なのだろう。キャラクターも二段で重要な役割だった人がその後出てこなかったりと、現代の小説などとは大きく違う作りである。
 対といえば、三段の妹山背山の対比は見事。仲が悪い2つの家を舞台にした男女の悲恋なのだが、男女で交互に物語が進み、最終的に悲劇の合唱になる。クライマックスの太夫の合唱は本当にすごかった。半日くらいかけて物語を進めてきたからこそ観客も心を動かされるわけで、通しで見て良かった。
 道中恋苧環は三味線五人囃子で豪華。

 それにしても、江戸時代の人って名誉と義理を大事にして死ぬことを喜ぶけど、一応子を失った悲しみは感じてるんだね。物語的に妹山背山にしても三輪にしても、主人公各の人を殺すのは当時の人々が可哀そうフェチだったからとかなのだろうか。死の感覚が現代とはまるで異なっており、三輪の最期にしても、入鹿を倒す手段になるから喜べとか、喜べないよ。それで妹山背山では死んだ後で悲しみの合唱を行うのだからマッチポンプみたいに思えた。本当、当時に生まれなくて良かった。

 その他、何となく身分の感覚がない。町娘に過ぎない三輪が蘇我入鹿を知ってたり、一般市民に身をやつした武士のパターンが多い。なんか面白い。

 頑張って一日作って見てよかったと思う。面白いとか楽しいとかではなく、江戸時代の人々の感覚が体感できた。こういうのを見て笑ってたんだ、ってわかった。何度か繰り返し書いたが、現代とは感覚が異なっており、ストーリーに入り込めない部分も多々あったが、それも含めて日本の文化とはこういうものだと知るのは良いことである。そして、この作品で書かれたプライドやら名誉やらの少なくない部分は現代にも受け継がれてるんだろうな……。