2007年5月31日木曜日

Google AdSense説明レポ

 昨日(5月30日)のグーグルプロダクトセミナーへ行ってきました。
(詳細はこちら

 そのレポートを書きます。
18:00 ぼくが会場に着いたとき、10人ほど待ってる来場者がいました。
18:30 開場。一気に30~40人ほど入りました。19:00までプロモビデオが流されます。
18:50 Apple store銀座の人が挨拶。
19:00 開始。この時点で座りきれない人がいる模様。最初はGoogle Analyticsの説明。来場者の6,7割がブログを持っているらしい。
19:25 Q&A。どうでもいいのですが、就職活動の時の全体説明といい、あまり多くの質問をする時間がないにも関わらず、なぜQ&Aのコーナーを設けるのでしょうかね。
19:30 Google AdSenseの説明。システムよりも、どうやったらサイト運営を効率的にできるか、そしてサイトの収益性など、実践的な内容でした。
19:45 AdSense登録の方法。実演してました。何か個人情報がだだ漏れだ、と思いきや、実は事前に仕込まれていたらしい。やられた。
20:00 終了。AdSenseにその場で登録するコーナーが作られる。多くの人は帰ったものの、10人ほどは(ぼくも入れて)その場で申し込んだと思う。

 感想としては、Googleの人は技術とかが好きなのでしょうね。結構説明の最中、「こういうこともできますよぉー」と脱線していました。
 それから、Googleという企業の説明というよりは、ユーザーがどうやって活用するのかに絞って話してました。
 楽しかった。

2007年5月29日火曜日

Beyond the Sword

 が7月23日に発売されます。北米で。
たぶん、秋葉原の某ゲームショップもその日に発売されるでしょう。
 Warlordも北米発売日に買えた(たぶん)くらいですから。

2007年5月24日木曜日

ガイドブック-どこよりもくわしくないアイルランド旅行の解説!

1年以上前のコンテンツだぜー。
 それはともかく、現在(2007年5月23日21時)Twitterがつながらないのは何かの呪いかな? 昨日、Twitterのネタを書いたから怒られてるのかな、かな?

 見知らぬ土地へ行くならガイドブックは必須です。自称旅人は「ガイドブックなど持たずに自分で何とかするのが旅」などとうそぶきますが、これはかなり危険なことだと考えておいた方がよいでしょう。
とりあえず、アイルランドは比較的安全でして、今まで盗難被害とか暴行事件の話は聞いたことがありません。アイルランドは確かに普通に生活する分には安全です。ただしそこはやはり海外。旅行者は狙われやすいですし、よほど英語が堪能な人でない限り言葉も通じません(アイリッシュ・イングリッシュは特に聞き取りにくいのです)。ガイドブックは万が一の状況で頼れる唯一の参考書です。
 それゆえちゃんと「地球の歩き方」なり「個人旅行」なりを持って行きましょう。
しかし、観光をするなら「地球の歩き方」は足りないところばかりです(特に地図とか各都市への行き方とか……)。一番足りないと思ったのはバックパッカーのようなお金を節約してる人へのガイドです。ホステルなどがあまり書かれていません。
 できれば電子辞書と格闘しながらでも現地で「LonlyPlanet」なりなんなりガイドブックを買うのを勧めます。

2007年5月23日水曜日

やあ、ぼく

Twitterが「おもしろい」という少数派(by log)(現在は記事がありません)

まあ少数派でも全然構わないしたしかに俺が異常なのかもしれないけど(by Klozrr)
少数派ですが何か?(by iwamot@Twitter)

過反応(by 幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする)

過反応上等(by iwamot@Twitter)
Twitterがおもしろく感じられなくても問題ない(by iwamot@Twitter)

好きになれる可能性(by 趣味のWebデザイン)
Re:過反応上等(by 趣味のWebデザイン)
を読みました。
 うぐう、口は災いの元だなぁ、と思いましたが。自分も反省。そういや、昨日、Twitterが面白くないと書いた気がする。
 そうだよなー、こんなことを書いたら不快になるし、特に感情論は相手も批判しようがないので余計に問題がややこしくなりますねー。
 書くなら議論しやすいネタにしよう。
例)Twitterのビジネスモデルが理解不能
  Twitterって新手のSNSもどきのような気がする
  志郎・・・・・・貴様はTwitterの技術に溺れ、もてなしの心を忘れた・・・・・・

 それはともかく、ぼくの友人の間ではTwitter使う人がいません。そりゃ、何が面白い? と聞かれたら「使えばわかるサ!」しか言えませんからねー。
 あと個人的には日本ではmixiがあればそれで終わりだと思います。mixiですら報道で言われている数値(100万人突破とか)と実際の使用状況に乖離があるのですから。就職活動で聞いてたら、mixi使ってる学生は6人に5人程度ですよ。大手企業の受験生で、それなりに人の繋がりを作ることを重要視している学生でも。

2007年5月22日火曜日

どこよりもくわしくないアイルランド旅行の解説!

日本人があまり行かない、もしくは団体旅行やイギリス旅行のついでにしか行く印象のないアイルランド。しかし実は歴史的建築物が大量にあり、自然が豊かな「穴場」なのです。ここではアイルランドに2週間以上滞在することを想定し、お金をかけない生活の秘訣を教えます。
なお、ここでは観光地を紹介するのでなく、生活方法を教えるのみにします。それというのも僕は個人旅行の目的はツアー旅行でできないことをするためだと考えております。例えそれが海外で何もせず、テレビを見て生活したいなどでも立派な目的です。だからあえて観光ガイドの類は書かないことを心に留めておいてください。

つーか、自分のための覚え書き状態。

アイルランド旅行のメリット・デメリット
メリット:英語が通じる
     日本人が比較的少ないので良い体験ができる
     ホスピタリティ
     都会だけど比較的安全
デメリット:マイナーだからガイドブックなどが少ない
      「遊ぶ」や「買う」、「食べる」があまりないのでそれに期待はしない方が良い

各論
0.ガイドブック
1.食事
2.天候・気温と服
3.移動手段
4.お金・物価
5.エンターテイメント
6.言語
7.その他覚えたいこと

プロフィール

おなまえ: Tellur
ときどき おなまえ: オカダナオユキ
ねんれい: 25さい
すきなおんがく: あべにゅうぷろじぇくと
        東方系、ポケモンゲーム系、TWO-MIX、アリプロ
すきなまんが: 唐沢なをきのカスミ伝シリーズ、諸星大二郎、駕籠真太郎
しゅみ:ポケモン、ウルティマオンライン、レゴ遊び、読書

Twitterはどこが面白いのだろう。

何か半月くらい前から使ってますが、いまいち面白さがわからない。
どこかのサイトで、Twitterは適当にaddしまくる人が楽しめるって書いていたのを見ましたが、それは言えているかも。
(ブログに比べると比較的)addっていうか、リンクしやすい作りにはなっているため、ガンガンお気に入ったら面白くなるかも。
そういや、ぼくはmixiも10人ほど友達指定して、それから休眠したし・・・・・・。
わかっていることはFirefoxのtweetbarはアンインスト決定。あまり見てないけどデスクトップサイドバーを置いてて、さらにFirefoxのサイドバーを常開させるメリットはないです。
Twitter Lineが使いやすい模様。
あ、Twitterで地震情報が見られるのは便利です。

2007年5月21日月曜日

自己紹介

こんにちは。
はてなダイアリーから来ました。
うん、はてなダイアリーは記法が面倒くさかった。
そのまま更新せずに・・・・・・フェードアウト。よくあることです。
そんなわけで適当にただ一人の人間の毎日を書いていきます。
よろしく。

2007年5月10日木曜日

2007年就職活動日記vol.8

自分の性格と特徴

 自分の性格を見極めることは大切でしょう。特にどんな時に不満を感じるのかなどを知っておかないと不本意な会社に入ってしまうかもしれません。
 ぼくは性格ではありませんが、酒を飲むことを強制される会社は行きたくないと思ってました。飲めないわけではありませんが、自分のペースで飲みたい。すると、酒造会社はあきらめました。もともとぼくは食品・飲料会社には興味がなかったため、これで良かったと思います。
 もう一つ、中途半端に古くて小さい某会社達は、体育会系な宴会の傾向があることも学びました。これは会社によって違うと思いますが、社員さんに聞くとどうもそんな感じ。酒を飲めることが必須らしいです。というわけで、ぼくはできるだけ大手を目指しました。

 その他にも自分の性格は内向的だと思っています。これについては、グループ面接やディスカッション、セミナーなどでの隣の人との会話などで知らず知らずの内に改善されることを頼むしかありません。ぼくは1月~3月の内は自分が内向的すぎて今後どうしようと悩んでいましたが、4月以降はグループディスカッションで積極的にリーダーになったり(それでも落とされたけどな)しました。ただプライベートではあいもかわらず内向的なままですが。
 そんな感じでクヨクヨ悩まずに数をこなせば何とかなるでしょう。

2007年5月9日水曜日

なぜ学校・勉強なのか?

 先日、フランス大統領選があって、サルコジ氏(Nicolas Sarkozy)が当選しましたが、フランスは日本とは別の意味で学歴社会らしいです。
 フランスの 学校制度は初等教育がエコール、中等教育がコレージュ(中学校)、リセ(高校)であり、リセには3コース(普通教育、技術教育、職業教育)あって、それぞれでバカロレア試験を受け、大学へ行くシステムです。で、大学は、一般的な大学と専門学校、グランドゼコールの3種類あります。ちなみにグランドゼコールとは高級官僚を育成するための超エリート学校です。
 日本の学歴社会(何かことばが変)は東大、京大、早稲田や慶応など偏差値で上位の学校が社会では比較的優位である状態です。会社に入っても平社員から始まり、役職を持つには十年ほどかかります。何より受験に金は必要ですが親が有名大学出身だから子どももその大学に入りやすいという傾向はありません。
 フランスはグランドゼコール出身者の子どもはグランドゼコールへ行き、出身者でない人の子どもは行く傾向があまいないらしいです。つまり社会的に棲み分けができている。そしてグランドゼコール卒業生は即高級官僚もしくは役職持ちの会社員になることができる社会です。
 ちなみにサルコジ氏はパリ大学の卒業生だとか。ロワイヤル氏(Marie Royal)はENA(フランス国立行政学院)の卒業生。ENAはグランドゼコールの中でも一番のトップ。

 このように見たとき、日本の教育システムは言葉通り一億総中流社会を前提とし、さらにできるだけ中流からはみ出す人(上にも下にも)を少なくしようとするシステムでした。先のなぜ勉強するのかという質問への答えは、
「日本では勉強すればある程度、自分の夢が実現できる可能性があるから」
というのでしょう。

2007年5月8日火曜日

Civ4 BtS情報

ソースはスタスタから。
未来世界とファンタジーがでるらしいです。ついでに一部のシナリオはランダムマップでプレイ可能とか。
AIボーナスが減ったのもうれしいことです。
ついでに戦争以外の手段も拡張しているのが良い。ぼくはOCCをしているので。

Firefox

早稲田ネットではFirefoxが使えない。そんな時代遅れな。
そんなときにはアドオンのIE Tab
これさえあればUSBメモリに入れたPortable Firefoxが使えます。
ある程度マシンパワーがなければ動きにくいけど。

2007年5月4日金曜日

2007年就職活動日記vol.7

健康は大切なので注意して体調管理しましょう。
さらに言うと、肉体的な健康だけでなく、精神面での安定も大切です。
4月第1週、第2週は1日に4~5社回ったので落ち込んだりしたら次の面接にも悪影響を与えます。良い意味でも悪い意味でも図太い神経が求められます。

某倉庫会社の一次面接では4人のグループ面接でしたが、左から
女性1・ぼく・男性・女性2
の順でした。
4回ほど質問をされ、最初の順番は女性1→ぼく→男性→女性2、次の質問の順番はぼく→男性→女性2→女性1……だったのですが、3つ目の質問で女性1が緊張で立ちくらみを起こしました。そのため女性1は一時離脱し、ぼくが先に質問に答えました。
その後の態度もすごく弱々しく、かわいそうでしたが、アドバイスとしてはこんなことがないように、体調と精神管理(例えば外資などで練習するとか)には気を遣いましょう。

精神管理と言えば、他の面接で話した人たちは追い詰められたら1週間ほど予定(面接や筆記)をキャンセルor無断欠席して旅行に行ったと言っていました。それが良いか悪いかは別として、それくらいしないと体も保ちませんし、自分で管理をしなさい、というのが企業側の理屈でしょう。

今日の結論:体調は嘘でもいいから万全だと言うこと。適当に休んで気持ちを切り替えること。自分のことは自分しかわかりません。

2007年5月2日水曜日

エロゲー会社への就職?

http://employment.en-japan.com/search/desc_job.cfm?WorkID=100028&_pp_=KEY%3D%2583%2541%2583%258A%2583%2558%2583%255C%2583%2574%2583%2567%7Cru%3D3%7CFrameNo%3D1%7CStartRow%3D1%7CANDOR%3D0%7CSORT%3D0
です。(独り言以外の何か- Windy Avenue -より)
アリスソフトへの就職です。
エロゲー業界の中では最高の環境らしいので(たぶんそこらの中小企業よりも待遇は良いと思われます)、本気で目指すのもネタで目指すのも良いでしょう。
募集要項に18禁と書いていたり、ヌけるなど、エロ事業であることを強調しているところに好感を持ちました。
[en]は一通り取材をするのですね、知らなかった。
募集資格にゲーム制作経験者か……かなりのハードルですね。
あとケーススタディで風麟さんが出てました。

あ、追記。
実際にエロゲーを作っている人のセリフ。
丸谷秀人

某Aさん

2007年5月1日火曜日

アニメとトラックバック

上の匿名の話題に絡んで。あ、トラックバックの練習も兼ねてます。
http://d.hatena.ne.jp/REV/20070501/p1
http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20070429#p1
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20070424/drawingotaku
適当に引っ張ってきたアニメ関連のお話。3人ともエライ人。
ぼくはここ3,4年、新作アニメを見ていない人間です。最近見たアニメは初代「トップをねらえ!」、「ガオガイガーFINAL」、エヴァTV版です。アニメやテレビドラマ、映画って絶対に30分なり2時間なり取られるのが嫌なのですよ。こんなぼくはオタクにはとてもじゃないけどなれない。
そんな中で見つけ出したアニメの楽しみ方は、ネットの論評を読むこと。
これには自分ルールがあって、
1.絶対に作品そのものは触れるな=触れても1年後とかにしろ
2.得た知識は間違ってる物として考えろ=人に話すな
3.別に読まなくてもいいじゃん
という規則を自分に課しています。
要はKANONとかシスプリはそれ自体よりファンを見る方が楽しめるという世界です。ファンの人はサイトを持ち、名前をさらしているので思考がわかりますしね。
これと同じことが今期(かな?)のアニメにも言えます。「作画崩壊」とか「批評問題」とかファンの人の行動を見ている方が楽しいなぁ。

匿名?

Wikipediaは信用ならんとか(http://slashdot.jp/articles/07/02/22/2210225.shtml)言われているのを聞くと、ネット自体がある程度、匿名なのだから信用ならんのも無理ないなぁと感じていました。
ってゆーか、10年程度前からネットにハマリ、2chの発展を見ていた人間からすると、ネットのコンテンツ(記事と書くのが正しいのか?)を信用しすぎると釣られるにょー、釣られたら負けだと思ってる、って感覚があります。そのために近年の「役立つ2ch」路線が気に入らんなぁ、と勝手に感じている毎日です。
それでも例えばブログは名前を出すからこそ楽しいし、SNSなども人並みに使いこなしました。もっともmixiは使いすぎて飽きて、休眠しましたが。
ところでぼくがどの場面で実名&ハンドルネーム出しを好むかと考えると、ブログやサイトなど、「その人しか作らないコンテンツを読めるところ」です。そのためプロフィールは充実していればしているほどうれしい。もっとも100の質問系のは紋切り型すぎてつまらないのですが。そのため匿名はてなダイアリーは見ません。
一方で掲示板は匿名が好きです。要は不特定多数の人間が集まることが前提の場所は別に名前を出すインセンティブがないのでしょう。
不特定な誰かと知り合うでもなしに、何となーく名前見知りになる関係が個人的には好きです。