2007年11月10日土曜日

2007/Nov/10、およびあるFirefoxユーザーの悩み

・[GIGAZINE]登録作業が全くいらないファイル共有サイト「drop.io」
登録不必要に加えて100Mまで可能、パスワード設定可能、ファイル保存機能有りってまさしくniコニコzip乞食用ですねw
・[窓の杜]音楽の知識がなくても簡単に楽曲を作成できるソフト「MIXTURE」の無償版が公開
誰でも簡単に音楽を作れる時代になりましたね。このソフトは既存のフレーズを組み合わせることやメロディをマイクで入力して楽譜にする機能があるらしいですが、ますます音楽のオリジナリティ論争に意味がなくなるのでは、と思います。


 僕は現在、大学生です。自分の大学ではFirefoxでネットにつなげなかったりします。いまだにIEでしかサイトを見られない学校ってどうよ。
 と言うわけでUSBメモリに入っているFirefoxにはIE Tabをぶち込んでます。……よく考えると、マウスジェスチャが使えないのであまり意味はなかったり。基本的にWindows Updataみたいに、Firefoxでは使えないけどサイトは見ることができる環境で使う分には快適なのでしょうね。
 で、今日は朝からPortable Firefoxの整理をしていました。この際に公開してみます。











据え置きのパソコンに入ってる狐さん。適度に改良が加えられています。ぶっちゃけ少し重い。








USBメモリの狐さん。USBだから速度を求めてプラグインは入れない方向で。Sleipnirも使っていましたが、完全にプラグインと本体を切り離せている狐さんの方が軽かったので浮気しました。

2007年11月7日水曜日

2007/Nov/07

「初音ミクでクラシック」の衝撃
・しっかし最近のPCゲームはオンラインが多いですね(cf.4Gamers.net)
株式会社TGLについて(from Wikipedia)。TGLTGL企画があります。そっか、TGL単体ではもうゲームを作ってないのか……。
僕は10年ほど前のTGLから発売された戦略リアルタイムストラテジーゲーム(エスティア? とかエクセル? とかいうタイトル)を探しているのですが、ないですねぇ。
本当にどこで売ってるんだろう。

2007年11月3日土曜日

2007/Nov/03+幻想伝承感想

「Spore」は2008年春--W・ライト氏が明らかに(from Yahooニュース)

ソフトハウスキャラ新作「ウィザーズクライマー」

VOCALOID2 CVシリーズ第2弾のコードネームは「リン」(from CNET Japan)

・幻想伝承感想
 行ってきました。
・当日立ち見が欠席者の椅子に座れた。それで大体立ち見者が10人前後になるくらい。
・「シンポジウム」ということでZUN氏と司会(研究会の人)がトークする形式
・途中、司会がどんな内容にするか考えてなさそうな部分も目に付いた。はっきり言って、トーク形式はダメだったと思う。「シリーズものとは何か」というテーマを打ち出していたのだから、もっと煮詰まった質問・会話にすべきだった。途中休憩や帰りの電車で内容が薄いという不満の声が聞こえてきた。

・前半は「東方とシリーズ」。東方はシリーズではない(シリーズだと金儲けなどのイメージがあるから)。で、アニメ化の話はあるが、ZUN氏の労力の関係でできない(メディアの特徴を生かしてメディアミックスしてるが、アニメは難しい)。メディアミックスだと版権問題があるためキャラを変えている。
 しかし東方は「世界観」の作品である。新しいゲームを作ろうと思ったことはあるが、世界観を作るのが面倒 & 東方=ZUN氏の世界観なのでわざわざ作る気もないらしい。
 メディアミックスの音楽CDは出版社の要請らしい。
 「シリーズ」とは少しずつキャラやストーリーを増やすことで広がりを出す。しかも東方は同人なので伏線も一つの作品で回収はしていない。東方に最終話のようなものは作らない(飽きて作らなくなることはある)。
・後半は「ゲーム制作とシリーズ」。新しいものばかり作るのは労力の無駄であり、開発者が成長できない。続編とは開発者が「ここは駄目だ」と思った部分を改良するところから始まる。商業化は時間ができ、向こうから要請を受けた場合行う。面白いものを結びつけてMADにするというニコニコ動画は創作の原点だ(単なるアニメのアップなどは除く)。ゲーム業界の開発陣は高齢だ。
 東方はある意味、同じ作品を作り続けることで古いユーザーから新規ユーザーまで獲得できたが、難易度調整が難しい。どこかであきらめる。

・本当はもっと小ネタがあったがテーマに関連するのはこれくらい。
・進行などに不満はあったが面白かった。

2007年10月30日火曜日

Nintendo-DSとタッチペンって僕にとっては相性が悪かった

 今持っているコンシューマーゲーム機はニンテンドーDS(以下DS)です。そういえば日本で一番売れているらしいですね。ドラクエの最新作もDSになったみたいですし。
 まあちょっと前に言われていた「普段ゲームをしない層」に売り込んだ結果なのですが。というわけでソフトもそんな感じになっているですよ(参考。DSのゲームタイトル-Wikipedia)。
 で、色んな会社が素晴らしいゲームを作っているのですが、一言言いたい。
タッチペン操作は電車じゃ無理だ。
ていうか、何で携帯機にタッチペン何ぞを付けようと思ったのだろう。
 いや、揺れる所で精密な作業を必要とするゲームはするな、という言葉はごもっとも。でもムダにそんな機能を持っているから「よし目新しいもんがあっから使ってみるべえ」的なメーカーも多い。ぶっちゃけ今のDSは漢字を書くとか以外はプレステのゲームに似た代物だからタッチペン操作なんていらないですよ。あってもいいけど十字ボタンでも使える仕様にしてくれ。どうせリアルタイムストラテジーとかのゲームはできないんだから(画面が小さすぎるのとキーが少なすぎるから)。
 まあそんな感じでDSを使ってます。PSPも一時期持っていましたが、どっちもどっちですね。PSPはバッテリーが長持ちしません。<ポータブルじゃないじゃん。
DSは二画面だしバッテリーがありますが、そこまでポリゴンとかリアルタイム系とかはできません。
 しっかし電車の中じゃタッチペンが上手く使えないのはイタイです。ちょっと設計コンセプトミスの予感。

2007年10月28日日曜日

Picasa


 僕は画像管理ソフトを使う人間ではないので(ファイラーはエクスプローラでなくしてるため、画像管理が可能)、Picaaに興味を持ちませんでした。
 で、いざPicasaを使おうとしたら、ニコニコ動画とかが出てきて興味がそっちに向かったので今まで使う機会がなかったのですよ。
 今日使い始めたのですが、なかなかの性能です。比較対象がニコニコ動画とかになってしまうのですが、良くできています。Flickerは使う気が完全になかったけどこれはよいかも。何と言っても同じGoogleの製品であるBlogspotとの連携が取れるのがたまらない。

幻想伝承チケット取れた!


 幻想伝承の予約チケットをゲットしました。
これで安心してゆっくりと会場に行けます。
 しかし……アレだ、一橋の人ってすごいなあ。ZUNさん呼ぶなんて。

2007年10月26日金曜日

そろそろ学園祭ですよ

 11月の3と4が学園祭です。ついでに色々見て回るものがたくさん。
どうでも良いが良くできたネットゲーム(スキル上げとかに無駄に時間がかからないとか)は麻薬そのものだな。

2007年10月21日日曜日

趣味とは

 趣味とは奥が深いものですね。模型を作ることも、極めようとすればお金も時間もかかります。できるだけ趣味を絞るべきですな。
 それにしてもRCカーって高いぜ。まさに大人のおもちゃだ。

2007年10月20日土曜日

日記

 まあアレですよ。世の中に人が5人いたら、1人は話しかけ辛いひとですよ。
で、10人いたら、最低1人は気が合わないでしょう。
15人いたら1人は常識が合わず、「ここでこいつはなんでこんなことをいうんだろう」と悩むでしょう。人間社会って怖いですね。

(2007/Oct/21追記)
あくまで一般論です。

2007年10月16日火曜日

『バージェスの乙女たち』の感想文

『バージェスの乙女たち ディノミスクスの章』
著者:蜈蚣Melibe
出版:三和出版
ISBN:ISBN4-88356-021-X
価格:980
発行:平成10/05/15

『バージェスの乙女たち アノマロカリスの章1』
著者:蜈蚣Melibe
出版:三和出版
ISBN:ISBN4-88356-031-7
価格:980
発行:平成11/04/20

 本当は三冊あるはずですが、見つかったのはこれだけです。
 さて、「エロマンガ」というジャンルは相当広いですが、恐らくこの人が極北に位置するでしょう。氏賀Y太よりも確実に向こう側へ行ってますね。基本的に氏賀Y太はグロいだけで、「こういう世界もあるんだよ」っていうのをあらかじめ知っていたら衝撃はありませんからね。
 しかし蜈蚣Melibeの『バージェスの乙女たち』シリーズは徹底的な人体改造を氏賀Y太の読者とは反対方向の人へ向けて(つまり一般の人)書こうとしているため、違和感が出まくりです。人体改造っていう向こう側のネタを一般の人へ向けて描くだけでエロマンガの限界のラインに立ってしまうのは面白いことです。
 内容は先に書いたとおり人体改造。

未来の世界、有機人形という戦闘用、性交用の人工生命体がいた。主人公は人型の有機人形を改造する医師バージェスとその愛人で有機人形であるアノマロカリス。アノマロカリスは娼館ユグドラシルに捕らえられ、バージェスは単身助け出す

……はずなのですが、なぜか全然ストーリーが進んでません。個人的には『ファイブスター物語』とならぶネタになるかと思ったのですが(蜈蚣MelibeもFSSについて言及している)、まああれだ、FSSでファンが「もしかしたらコーラス独立戦争篇~A.K.D.崩壊篇~アマテラス、ラキシスを求めて旅立つ篇は永野護が飽きて描かないんじゃないの? 」と危惧するのと同じように「もしかして蜈蚣Melibeは本編描いてくれないんじゃないの? 」と僕は不安に思います。いや、肉体改造有機人形のストーリーは興味深いことは確かですが、メインストーリーが始まらないのは如何せん。
 あ、そうそう、先ほどエロマンガと描きましたが、これは紛れもなくエロマンガです。何て言ったって、エロをちゃんと描いてますから。フラミンゴ組として並べられることも多い人は駕籠真太郎ですが、駕籠真太郎は性交をギャグというか悪趣味な笑いとして描いています。しばしばスカトロと混ざることからも分かる通り。
 とりあえずどうでもいいことですが、蜈蚣Melibeは仮面に対し何か思い入れがありますね。
蜈蚣Melibe

2007年10月12日金曜日

GearHead

 世の中にはRogueと呼ばれるゲームがあります。古くからPCなどでゲームをしていれば知っているほど有名ですし、最近でも「風来のシレン」や「トルネコ」、「チョコボ」などがRogueのシステムを採用しています(ここら辺が綺麗にまとまっています)。
 さて、このゲームはグラフィックがないので最初は取っつきにくいですが、慣れると面白く感じるようになります。なぜならモンスターをペットにしたり職業があったりと細かいところまで作り込まれているからです。このシステムの自由度は最近のRPGも太刀打ちできないかもしれません。
 日本でも「変愚蛮怒」などが有名ですが、今僕がハマっているのは「GearHead」(リンク先は日本語解説ページ)。一時期、人生シミュレータなどがPCゲームで流行りましたが、正にその通りです。ハンターなどの職業とは別に会社にも就職できるなどやりたいように遊べます。

2007年10月8日月曜日

『世界樹の迷宮II 諸王の聖杯』製作中らしい

世界樹の迷宮II 諸王の聖杯

 世の中にはシンプルイズベストという言葉があります。ダンジョン探索RPGもその一つでしょう。世界を旅するならともかく、ダンジョンを潜るだけで血湧き肉躍るシナリオなんて僕は期待しません(とか思ってたら某エロゲで3Dダンジョン登りRPGが出たのですが)。僕はそれなりにウィザードリィをプレイしてますので徹底的にシンプルに、でも分量は多いのが好みです。たぶん『世界樹の迷宮』がヒットしたのもシンプルな作りだからじゃないかな。
 さて今冬発売予定らしいですが、変更された点がいくつかあるらしいです。
・新職業とか魔法とかはどうでもいい
・あまりマッピング用のアイコンを増やさないで欲しい(正確にマッピングしたいのはやまやまだけど、複雑なのもどうかと)
・中断セーブ追加は最高
・レベル上限制限はなしで
・前作はキャラクターを成長させるときに、一つか二つのスキルを限界まで育てれば、万能に育てたキャラよりも使える欠点があったから、万能キャラも使えるようにして欲しい
・日向悠二サイコー
・古代祐三サイコー

2007年10月7日日曜日

始動、2009年就職戦線

 本日二本目行きます。最近、去年の就職サイトが終わったことを知らせるメールが来てました。僕は幸いなことに既に内定をもらったのですが、恐らく就職活動を続けている4年生はいると思います。
 それにしても去年とかバブル以来バブル以来と叫ばれてますが、どの程度だったのでしょうね。ついでに今現在の秋採用もどの程度なのでしょうね。原油高とか材料高とかで2009年の就職戦線はあまり見通しが良くなさそうな予感がします。僕が勝手に思いこんでるだけですが。
 これからの企業研究のためにブラックについて勉強した方が良いでしょう。正直、企業ランキング自体は眉唾だと思ってますが(マターリランキングはそれなりに信憑性があるのではないでしょうか)、ブラックは見ていて損はない。適当に旅行とか先物取引だとか選んでしまうと大変ですよ。
 あといろんな業界を回って、いろんな面接を受けましょう。人事の人も話を聞いただけで尊敬できる人から人間性が……ゴホンゴホンな感じの人まで多種多様です。こんな大人になりたい、こんな大人は嫌だというビジョンを持つためにも面接はすればするほど自分のためになりますよ。意外と自分に合わないと思っていた業界からオファーが来ることもありますし。

USBメモリに入れるツール

 去年あたりからでしょうか、1GのUSBメモリが普及するにつれてUSBメモリで外出先のPCを快適な環境に変えようとする動きがありました。レジストリを使わないソフトならばUSBに入れることができます。でも一昨年は1G=1万円だったのに、今年は1万円=8Gなのが悲しいです。
 外出先で家と同じ環境にするのって意外と楽で容量も食わないのですよ。とりあえずブラウザを持ち運び(FirefoxでもSleipnirでも10M以下)、Skypeとテキストエディタで十分です。オフィス系はネット上で使えます。FTPやマルチメディアなんて別になくても良いですし……。もっとも、ソフトが少なければ少ないほどそれに代わるネット上のサービスとか、外出先のPCに入ってるソフトで我慢とかになるのですが。
 とりあえず入れればハッピーなソフトはここから選べば確実です。僕は
PStart
UnplugDrive Portable
・Firefox
・JTrim
・Skype
・解凍ソフト
を入れています。他のソフトは入れても使う機会がありません。Schwertkreuzもソフトの起動が遅くなるのですよね。
 面白いソフトはないかなー。

2007年10月4日木曜日

『万事快調』の感想文

著者:駕籠真太郎
出版:株式会社美術出版社
ISBN:ISBN4-568-73012-0 C3079
価格:1300円+税
発行:2000/03/25 (旧版)

 昨日は信仰している駕籠真太郎に否定的なことを書いたから、今日は僕がどんな作品を評価しているのか書きます。
 その前に、この本の裏表紙にはISBN-568-73012-0 C3079って印刷されてますが、正しくはISBN4-568-73012-0 C3079ですよね。
 さて、昨日は駕籠真太郎の面白さを
1.ギャグの面白さ 
2.スカトロを含めたグロテスクさをガジェットにしておりSFなどとして読むことが可能
3.「ある奇妙な法則に支配された世界の、それを何とも思わないで受け入れていく一般人」を描くことにより読者の頭を混乱させる
としました。『万事快調』は正にそれに当てはまっています。マンションの部屋のような個室で平行世界が展開される「万事」シリーズは平行世界が増えるにつれてネタが面白くなってきます。静夫くんが重度のサディストとか。
 二つ目は「動力」シリーズの銃器が人間の肛門から弾を発射するいつものアレである点からわかるでしょう。ついでに内臓とか流血とかのシーンもある意味グロいのですがブラックユーモアとして書かれているので笑ってしまいます。それはともかくとして、『超動力時空転移』中の性交シーン(賛太×マヤ)って完全に性的意味から切り離されていますよね。直前までのコマと流れがつながっていない上にマヤが賛太と性交する理由がない(というか性交シーンを書くためにストーリーをねじ曲げたのではないだろうか)。ここら辺のグロテスク性や性をおもちゃにするのが僕にとっては最高なのです。
 最期に「奇妙な世界」の「奇妙な法則」を徹底的に自然な感じで描くことは漫才でいうボケにボケを重ねて話を展開させることと同じ感覚がします。例えば『びっくり黙示録』なんかアキラって何? とか壁の外の世界はどうなってるの? とかなぜ壁に潰されないようにするためにとった方法が泥沼チック? とか疑問はたくさんありますが解決してくれません。それが何とも言えずカッコイイのですよ。
 この文章を書くために改めて読み返しましたがやはり面白い。ついでに駕籠真太郎の絵の変遷が、最新刊と合わせて読むことでわかります。『万事快調』の頃の女の子キャラの絵柄って可愛いのですよ。現在ああいう絵柄になったのは萌とかの記号を排除してキャラを画一化するためなのかな。

2007年10月3日水曜日

『正しい変態性欲』の感想

著者:駕籠真太郎
出版:三和出版
ISBN:ISBN978-4-88356-399-9
価格:933円+税
発行:2007年10月15

 駕籠真太郎の新刊です。三和出版のBaby Faceという雑誌で連載されていたため成年マークが付いています。
 何ていうか、ぼくは熱しやすいため信者になりやすい性格だと思っています。ですが今作はあまりすごいとは思いませんでした。ある程度下らない内容でも受け入れられると自負してるので、こんな気分になるとは思いませんでした。正直今の時期の駕籠真太郎の新刊として出す意味も成年マークを付ける意味もなかったと思います。とりあえず以下その理由でも。
 1.収録されている内容を適当に挙げてみると「名探偵アナン」とか「それから」とかです。わかると思いますがパロディです。しかしそのレベルが低い。駕籠真太郎はギャグが上手い印象がありましたが今作に限ってはあまり面白くはありませんでした。
 2.今作はスカトロネタです。ただ駕籠真太郎の歴史の中では『アイコ十六歳』など良作がたくさんあるのですよ。駕籠真太郎の書くスカトロの面白さとは、スカトロそのものが一捻りされたSFガジェットであることでしょう。例えば単行本『万事快調』中の動力シリーズにおいて、便が銃の弾なのです。対して今作は文字通りの「スカトロ」。性癖以上の意味は与えられていません。面白くは……ないでしたですよ。
 3.その2と被りますが、駕籠真太郎の作品の特徴として「ある奇妙な法則に支配された世界の、それを何とも思わないで受け入れていく一般人」を描いている点が挙げられます。それは『アイコ十六歳』の「日本精神便」などもそう。しかし今作は一般人がスカトロ性癖に目覚める様子を描いた物が多い。それゆえ薄まっていますよね。

 要するに過激さというか面白さが足りません。今作の内容だと「そういう性癖の人」意外にアピールしにくいと思います。ラストシーンやコマ一つ一つは面白い物があるのに(『それから』の顔の皮が内側に引っ張られるアレ。絵で勝ったも同然でした)、もったいないです。
 つーか、Baby Faceってことは「そういう性癖」でエロマンガを読まない人向けなのか? まあそこら辺はどうでもいいや。

2007年10月2日火曜日

祝復活

とりあえず、Civilization熱は下がりますた。
これから以前のように更新を続けます。

2007年6月6日水曜日

Sentences on a blog plagiarized by famous Japanese writer

 わー、世間では唐沢俊一先生がブログの文章を「参考」にした事件が起こっていたようですね(by
Something Orange)。
この人が被害者、この人が容疑者ってか犯人。ちなみに唐沢氏は認めたらしい。
 裁判するとかは当事者同士の判断なので、外野がとやかく言うことではないでしょう(一部、「今後のために」とかいう理由で騒ぎ立てようとする人がいますが、穏便な解決が本人達にとっては迷惑でしょう)。それよりもぼくにとっては今後の唐沢氏の動向とかが気になる感じです。
 この文章のタイトルは「有名な日本人作家がブログの文章を盗作した」です。「盗作」は英語でPlagiarism。大学生や教師なら分かると思いますが、現在、大学ではレポートの盗作・剽窃に敏感です。日本では剽窃が発覚して、退学になったケースはありませんが、アメリカではあるらしいです(ソース未確認)。
 さて、そこまで考えたらぼくの興味は、出版社は今後唐沢氏に対してどのような態度を取るのか、に移りました。学生は退学処分です。では作家は?

 ここまで文章を書いていて、基本的なおさらいを。普通、「参考」にしたが「明示していなかった」は「盗作」と言いますよね。それからこの場合の出版社の責任ってどうなるのだろうか(いちいち事前に本の内容まで見るのだったら、責任はありますが、それは作家側から文句が出そう)。純粋に知りたいなあ(あ、でも週刊現代VS相撲協会だったら記者でなくて講談社か。と思ったら、記者はあくまで講談社の社員だからかな)。あと、これはあまりこじれないだろうな。サイトでの文章から見たら唐沢氏は全面的に認めていて、裁判所も和解を勧告しそう。もちろん表に色々出ていない黒いものがあるならば別。
 唐沢氏は主催している文筆業ゼミで、問題となった本について宣伝してたから、そっちでも問題が起きるんじゃないかな。「文章乱造の弊害」とか。

2007年6月4日月曜日

Images for blog



2007年6月3日日曜日

Impression of books

人間以上 
いきなり始まりました、感想文。第一回は
新装版 人間以上(Amazon)です。
著者:駕籠真太郎
出版:久保書店
ISBN:ISBN4-7659-0574-8
価格:1200円+税
発行:2002年10月25 (旧版:1990年11月10)

 適当にググってみると、ただの残虐だの、駕籠真太郎の面白さである皮肉というか笑いというか、アートっぽい感じがないだの、色々言われています。「凸凹ニンフォマニア」の方が評価は高いですね。
 で、なぜわざわざこれを選んだかというと、以後駕籠作品の発想の面白さの原点が「GODZILLA」などに現れているからです。人体をモノ扱いする作風も現れていますし。ぼくは成人漫画の歴史について詳しくないのですが、1990年代初期において、この作品群はどんな文脈だったんだろ。現在(2007年)は氏賀Y太など「残虐」漫画を書く作家がある程度は認知されてはいますが(少なくともマンガマニアならば聞いたことはあるよねーって)、当時は少なかったんじゃないかな。
 「快楽としてのグロ」(要は一般的にはグロはグロのため、好んでみる人はいないけど、あえて嗜好・楽しむこと。ギャグとして見るとかとは少し違う)が本を出版できるくらい広がったのはいつのことなのでしょうか。90年代後半のような気がします(根拠なし)。もしそうなら、「人間以上」はグロ表現を広めた功績があるんじゃないかな、と思います。

 ただしやはり「凸凹ニンフォマニア」の方が発想が面白いです(「A感覚の帰還」など)。

2007年6月1日金曜日

Online Profile Service

 さっきの続き。
 結局、prfileflyに登録しました。アドレスはこちら
 決め手はプロフィール入力のしやすさ・簡易性と軽さ。zikiはなかなか更新できない上、プロフィール入力欄がどこにあるのか、一見、わからないのがマイナス点だと思います。少なくともrofileflyだと直感的に操作でき、わかりやすいのです。
 話は変わってprofileflyのプロフィール欄にmixiが載ってたのが驚きました。そうかmixiは外国でも認知されるようになったのか。あとは「Glee」とあったけど、GREEのことかな? TwitterってブログでもSNSでもあるらしい。
 そしてprofileflyに登録した影響で、今回から投稿のタイトルが英語に変わりました。
万歳

オンライン上の名刺!?

 プロフィールアグリゲーターという言葉が本日、話題になりました。詳しくはこちらにて(by メディア・パブ)。 そんなわけで、試してみようと思いましたが、まずはサイトを選びます。
 目的はオンライン上の名刺代わり。ということは
1.デザインが良いか。自分より広告が目立ってしまってないか。
2.軽いか。名刺なので、大量のプロフィールを見ると考えると軽いかどうかは重要でしょう。
3.検索するときに非登録者でも可能か。名刺なので、非登録者が検索しても閲覧可能でないと不便です。まあ、個人情報を漏らしてしまうことになりますが。
4.(日本人に限らず)利用者が多いか。多くないとそのサービスサイトの存続の危機です。
5.余計な機能(例コミュニケーションなど)がついているか。mixiとの関係で、そんな機能はいりません。
 これらを考えた場合、英語サイトで
http://www.ziki.com/ 
http://www.ziggs.com/
http://profilefly.com/
がありました。
 ziggsは登録者のみ閲覧可能。
 ziki日本人(日本語検索)で133人。でも登録しただけの人多すぎ。あと、SEO対策は魅力的。でも重すぎ
 profileflyは日本人13にん(まともに使ってるのは9にん)。デザインがよい。
 日本語のサイトは
http://iddy.jp/
http://aboutme.jp/
の二つ。どうも日本語のサイトはSNS色が強い気がします。
 英語サイトのzikiとprofileflyが良さげ。特にprofileflyはデザインと軽さが良い。ついでに日本人メンバーもある程度年齢があって、オンライン上の名刺とするならば最適だと思います。でもzikiに比べてメンバー数が少ない。今はzikiが優勢でしょうか。

 とりあえず、zikiに登録してみます。

AdSenseをのっけてみた

 先日行った、Googlepプロダクトセミナーで申し込んだAdSenseをのっけてみた。
 何だかプロのブロガーになった気分です。今のところ別にお金を儲ける気はないので、適当にデザイン遊んでみます。

2007年5月31日木曜日

Google AdSense説明レポ

 昨日(5月30日)のグーグルプロダクトセミナーへ行ってきました。
(詳細はこちら

 そのレポートを書きます。
18:00 ぼくが会場に着いたとき、10人ほど待ってる来場者がいました。
18:30 開場。一気に30~40人ほど入りました。19:00までプロモビデオが流されます。
18:50 Apple store銀座の人が挨拶。
19:00 開始。この時点で座りきれない人がいる模様。最初はGoogle Analyticsの説明。来場者の6,7割がブログを持っているらしい。
19:25 Q&A。どうでもいいのですが、就職活動の時の全体説明といい、あまり多くの質問をする時間がないにも関わらず、なぜQ&Aのコーナーを設けるのでしょうかね。
19:30 Google AdSenseの説明。システムよりも、どうやったらサイト運営を効率的にできるか、そしてサイトの収益性など、実践的な内容でした。
19:45 AdSense登録の方法。実演してました。何か個人情報がだだ漏れだ、と思いきや、実は事前に仕込まれていたらしい。やられた。
20:00 終了。AdSenseにその場で登録するコーナーが作られる。多くの人は帰ったものの、10人ほどは(ぼくも入れて)その場で申し込んだと思う。

 感想としては、Googleの人は技術とかが好きなのでしょうね。結構説明の最中、「こういうこともできますよぉー」と脱線していました。
 それから、Googleという企業の説明というよりは、ユーザーがどうやって活用するのかに絞って話してました。
 楽しかった。

2007年5月29日火曜日

Beyond the Sword

 が7月23日に発売されます。北米で。
たぶん、秋葉原の某ゲームショップもその日に発売されるでしょう。
 Warlordも北米発売日に買えた(たぶん)くらいですから。

2007年5月24日木曜日

ガイドブック-どこよりもくわしくないアイルランド旅行の解説!

1年以上前のコンテンツだぜー。
 それはともかく、現在(2007年5月23日21時)Twitterがつながらないのは何かの呪いかな? 昨日、Twitterのネタを書いたから怒られてるのかな、かな?

 見知らぬ土地へ行くならガイドブックは必須です。自称旅人は「ガイドブックなど持たずに自分で何とかするのが旅」などとうそぶきますが、これはかなり危険なことだと考えておいた方がよいでしょう。
とりあえず、アイルランドは比較的安全でして、今まで盗難被害とか暴行事件の話は聞いたことがありません。アイルランドは確かに普通に生活する分には安全です。ただしそこはやはり海外。旅行者は狙われやすいですし、よほど英語が堪能な人でない限り言葉も通じません(アイリッシュ・イングリッシュは特に聞き取りにくいのです)。ガイドブックは万が一の状況で頼れる唯一の参考書です。
 それゆえちゃんと「地球の歩き方」なり「個人旅行」なりを持って行きましょう。
しかし、観光をするなら「地球の歩き方」は足りないところばかりです(特に地図とか各都市への行き方とか……)。一番足りないと思ったのはバックパッカーのようなお金を節約してる人へのガイドです。ホステルなどがあまり書かれていません。
 できれば電子辞書と格闘しながらでも現地で「LonlyPlanet」なりなんなりガイドブックを買うのを勧めます。

2007年5月23日水曜日

やあ、ぼく

Twitterが「おもしろい」という少数派(by log)(現在は記事がありません)

まあ少数派でも全然構わないしたしかに俺が異常なのかもしれないけど(by Klozrr)
少数派ですが何か?(by iwamot@Twitter)

過反応(by 幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする)

過反応上等(by iwamot@Twitter)
Twitterがおもしろく感じられなくても問題ない(by iwamot@Twitter)

好きになれる可能性(by 趣味のWebデザイン)
Re:過反応上等(by 趣味のWebデザイン)
を読みました。
 うぐう、口は災いの元だなぁ、と思いましたが。自分も反省。そういや、昨日、Twitterが面白くないと書いた気がする。
 そうだよなー、こんなことを書いたら不快になるし、特に感情論は相手も批判しようがないので余計に問題がややこしくなりますねー。
 書くなら議論しやすいネタにしよう。
例)Twitterのビジネスモデルが理解不能
  Twitterって新手のSNSもどきのような気がする
  志郎・・・・・・貴様はTwitterの技術に溺れ、もてなしの心を忘れた・・・・・・

 それはともかく、ぼくの友人の間ではTwitter使う人がいません。そりゃ、何が面白い? と聞かれたら「使えばわかるサ!」しか言えませんからねー。
 あと個人的には日本ではmixiがあればそれで終わりだと思います。mixiですら報道で言われている数値(100万人突破とか)と実際の使用状況に乖離があるのですから。就職活動で聞いてたら、mixi使ってる学生は6人に5人程度ですよ。大手企業の受験生で、それなりに人の繋がりを作ることを重要視している学生でも。

2007年5月22日火曜日

どこよりもくわしくないアイルランド旅行の解説!

日本人があまり行かない、もしくは団体旅行やイギリス旅行のついでにしか行く印象のないアイルランド。しかし実は歴史的建築物が大量にあり、自然が豊かな「穴場」なのです。ここではアイルランドに2週間以上滞在することを想定し、お金をかけない生活の秘訣を教えます。
なお、ここでは観光地を紹介するのでなく、生活方法を教えるのみにします。それというのも僕は個人旅行の目的はツアー旅行でできないことをするためだと考えております。例えそれが海外で何もせず、テレビを見て生活したいなどでも立派な目的です。だからあえて観光ガイドの類は書かないことを心に留めておいてください。

つーか、自分のための覚え書き状態。

アイルランド旅行のメリット・デメリット
メリット:英語が通じる
     日本人が比較的少ないので良い体験ができる
     ホスピタリティ
     都会だけど比較的安全
デメリット:マイナーだからガイドブックなどが少ない
      「遊ぶ」や「買う」、「食べる」があまりないのでそれに期待はしない方が良い

各論
0.ガイドブック
1.食事
2.天候・気温と服
3.移動手段
4.お金・物価
5.エンターテイメント
6.言語
7.その他覚えたいこと

プロフィール

おなまえ: Tellur
ときどき おなまえ: オカダナオユキ
ねんれい: 25さい
すきなおんがく: あべにゅうぷろじぇくと
        東方系、ポケモンゲーム系、TWO-MIX、アリプロ
すきなまんが: 唐沢なをきのカスミ伝シリーズ、諸星大二郎、駕籠真太郎
しゅみ:ポケモン、ウルティマオンライン、レゴ遊び、読書

Twitterはどこが面白いのだろう。

何か半月くらい前から使ってますが、いまいち面白さがわからない。
どこかのサイトで、Twitterは適当にaddしまくる人が楽しめるって書いていたのを見ましたが、それは言えているかも。
(ブログに比べると比較的)addっていうか、リンクしやすい作りにはなっているため、ガンガンお気に入ったら面白くなるかも。
そういや、ぼくはmixiも10人ほど友達指定して、それから休眠したし・・・・・・。
わかっていることはFirefoxのtweetbarはアンインスト決定。あまり見てないけどデスクトップサイドバーを置いてて、さらにFirefoxのサイドバーを常開させるメリットはないです。
Twitter Lineが使いやすい模様。
あ、Twitterで地震情報が見られるのは便利です。

2007年5月21日月曜日

自己紹介

こんにちは。
はてなダイアリーから来ました。
うん、はてなダイアリーは記法が面倒くさかった。
そのまま更新せずに・・・・・・フェードアウト。よくあることです。
そんなわけで適当にただ一人の人間の毎日を書いていきます。
よろしく。

2007年5月10日木曜日

2007年就職活動日記vol.8

自分の性格と特徴

 自分の性格を見極めることは大切でしょう。特にどんな時に不満を感じるのかなどを知っておかないと不本意な会社に入ってしまうかもしれません。
 ぼくは性格ではありませんが、酒を飲むことを強制される会社は行きたくないと思ってました。飲めないわけではありませんが、自分のペースで飲みたい。すると、酒造会社はあきらめました。もともとぼくは食品・飲料会社には興味がなかったため、これで良かったと思います。
 もう一つ、中途半端に古くて小さい某会社達は、体育会系な宴会の傾向があることも学びました。これは会社によって違うと思いますが、社員さんに聞くとどうもそんな感じ。酒を飲めることが必須らしいです。というわけで、ぼくはできるだけ大手を目指しました。

 その他にも自分の性格は内向的だと思っています。これについては、グループ面接やディスカッション、セミナーなどでの隣の人との会話などで知らず知らずの内に改善されることを頼むしかありません。ぼくは1月~3月の内は自分が内向的すぎて今後どうしようと悩んでいましたが、4月以降はグループディスカッションで積極的にリーダーになったり(それでも落とされたけどな)しました。ただプライベートではあいもかわらず内向的なままですが。
 そんな感じでクヨクヨ悩まずに数をこなせば何とかなるでしょう。

2007年5月9日水曜日

なぜ学校・勉強なのか?

 先日、フランス大統領選があって、サルコジ氏(Nicolas Sarkozy)が当選しましたが、フランスは日本とは別の意味で学歴社会らしいです。
 フランスの 学校制度は初等教育がエコール、中等教育がコレージュ(中学校)、リセ(高校)であり、リセには3コース(普通教育、技術教育、職業教育)あって、それぞれでバカロレア試験を受け、大学へ行くシステムです。で、大学は、一般的な大学と専門学校、グランドゼコールの3種類あります。ちなみにグランドゼコールとは高級官僚を育成するための超エリート学校です。
 日本の学歴社会(何かことばが変)は東大、京大、早稲田や慶応など偏差値で上位の学校が社会では比較的優位である状態です。会社に入っても平社員から始まり、役職を持つには十年ほどかかります。何より受験に金は必要ですが親が有名大学出身だから子どももその大学に入りやすいという傾向はありません。
 フランスはグランドゼコール出身者の子どもはグランドゼコールへ行き、出身者でない人の子どもは行く傾向があまいないらしいです。つまり社会的に棲み分けができている。そしてグランドゼコール卒業生は即高級官僚もしくは役職持ちの会社員になることができる社会です。
 ちなみにサルコジ氏はパリ大学の卒業生だとか。ロワイヤル氏(Marie Royal)はENA(フランス国立行政学院)の卒業生。ENAはグランドゼコールの中でも一番のトップ。

 このように見たとき、日本の教育システムは言葉通り一億総中流社会を前提とし、さらにできるだけ中流からはみ出す人(上にも下にも)を少なくしようとするシステムでした。先のなぜ勉強するのかという質問への答えは、
「日本では勉強すればある程度、自分の夢が実現できる可能性があるから」
というのでしょう。

2007年5月8日火曜日

Civ4 BtS情報

ソースはスタスタから。
未来世界とファンタジーがでるらしいです。ついでに一部のシナリオはランダムマップでプレイ可能とか。
AIボーナスが減ったのもうれしいことです。
ついでに戦争以外の手段も拡張しているのが良い。ぼくはOCCをしているので。

Firefox

早稲田ネットではFirefoxが使えない。そんな時代遅れな。
そんなときにはアドオンのIE Tab
これさえあればUSBメモリに入れたPortable Firefoxが使えます。
ある程度マシンパワーがなければ動きにくいけど。

2007年5月4日金曜日

2007年就職活動日記vol.7

健康は大切なので注意して体調管理しましょう。
さらに言うと、肉体的な健康だけでなく、精神面での安定も大切です。
4月第1週、第2週は1日に4~5社回ったので落ち込んだりしたら次の面接にも悪影響を与えます。良い意味でも悪い意味でも図太い神経が求められます。

某倉庫会社の一次面接では4人のグループ面接でしたが、左から
女性1・ぼく・男性・女性2
の順でした。
4回ほど質問をされ、最初の順番は女性1→ぼく→男性→女性2、次の質問の順番はぼく→男性→女性2→女性1……だったのですが、3つ目の質問で女性1が緊張で立ちくらみを起こしました。そのため女性1は一時離脱し、ぼくが先に質問に答えました。
その後の態度もすごく弱々しく、かわいそうでしたが、アドバイスとしてはこんなことがないように、体調と精神管理(例えば外資などで練習するとか)には気を遣いましょう。

精神管理と言えば、他の面接で話した人たちは追い詰められたら1週間ほど予定(面接や筆記)をキャンセルor無断欠席して旅行に行ったと言っていました。それが良いか悪いかは別として、それくらいしないと体も保ちませんし、自分で管理をしなさい、というのが企業側の理屈でしょう。

今日の結論:体調は嘘でもいいから万全だと言うこと。適当に休んで気持ちを切り替えること。自分のことは自分しかわかりません。

2007年5月2日水曜日

エロゲー会社への就職?

http://employment.en-japan.com/search/desc_job.cfm?WorkID=100028&_pp_=KEY%3D%2583%2541%2583%258A%2583%2558%2583%255C%2583%2574%2583%2567%7Cru%3D3%7CFrameNo%3D1%7CStartRow%3D1%7CANDOR%3D0%7CSORT%3D0
です。(独り言以外の何か- Windy Avenue -より)
アリスソフトへの就職です。
エロゲー業界の中では最高の環境らしいので(たぶんそこらの中小企業よりも待遇は良いと思われます)、本気で目指すのもネタで目指すのも良いでしょう。
募集要項に18禁と書いていたり、ヌけるなど、エロ事業であることを強調しているところに好感を持ちました。
[en]は一通り取材をするのですね、知らなかった。
募集資格にゲーム制作経験者か……かなりのハードルですね。
あとケーススタディで風麟さんが出てました。

あ、追記。
実際にエロゲーを作っている人のセリフ。
丸谷秀人

某Aさん

2007年5月1日火曜日

アニメとトラックバック

上の匿名の話題に絡んで。あ、トラックバックの練習も兼ねてます。
http://d.hatena.ne.jp/REV/20070501/p1
http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20070429#p1
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20070424/drawingotaku
適当に引っ張ってきたアニメ関連のお話。3人ともエライ人。
ぼくはここ3,4年、新作アニメを見ていない人間です。最近見たアニメは初代「トップをねらえ!」、「ガオガイガーFINAL」、エヴァTV版です。アニメやテレビドラマ、映画って絶対に30分なり2時間なり取られるのが嫌なのですよ。こんなぼくはオタクにはとてもじゃないけどなれない。
そんな中で見つけ出したアニメの楽しみ方は、ネットの論評を読むこと。
これには自分ルールがあって、
1.絶対に作品そのものは触れるな=触れても1年後とかにしろ
2.得た知識は間違ってる物として考えろ=人に話すな
3.別に読まなくてもいいじゃん
という規則を自分に課しています。
要はKANONとかシスプリはそれ自体よりファンを見る方が楽しめるという世界です。ファンの人はサイトを持ち、名前をさらしているので思考がわかりますしね。
これと同じことが今期(かな?)のアニメにも言えます。「作画崩壊」とか「批評問題」とかファンの人の行動を見ている方が楽しいなぁ。

匿名?

Wikipediaは信用ならんとか(http://slashdot.jp/articles/07/02/22/2210225.shtml)言われているのを聞くと、ネット自体がある程度、匿名なのだから信用ならんのも無理ないなぁと感じていました。
ってゆーか、10年程度前からネットにハマリ、2chの発展を見ていた人間からすると、ネットのコンテンツ(記事と書くのが正しいのか?)を信用しすぎると釣られるにょー、釣られたら負けだと思ってる、って感覚があります。そのために近年の「役立つ2ch」路線が気に入らんなぁ、と勝手に感じている毎日です。
それでも例えばブログは名前を出すからこそ楽しいし、SNSなども人並みに使いこなしました。もっともmixiは使いすぎて飽きて、休眠しましたが。
ところでぼくがどの場面で実名&ハンドルネーム出しを好むかと考えると、ブログやサイトなど、「その人しか作らないコンテンツを読めるところ」です。そのためプロフィールは充実していればしているほどうれしい。もっとも100の質問系のは紋切り型すぎてつまらないのですが。そのため匿名はてなダイアリーは見ません。
一方で掲示板は匿名が好きです。要は不特定多数の人間が集まることが前提の場所は別に名前を出すインセンティブがないのでしょう。
不特定な誰かと知り合うでもなしに、何となーく名前見知りになる関係が個人的には好きです。

2007年4月30日月曜日

PSP

ドット欠けらしかったけど、全然気になりません。
今やっているゲームは連邦VSザフトのアレ。
発色も良いし、ロード時間も比較的短いため、ポリゴン(言い方が古いかな。要は3D)バリバリのゲームが向いていますね。その代わり開発費がかかりそうです。洋ゲーとかに向いてそう。
しっかし、ポケモンは絶対にDSだし、ドラクエとかどうなるんだろ。このまま行くと、本当にコアゲーマーしか買わないブツになりそう。

2007年4月27日金曜日

PSP買いました

ソフマップでドット抜け中古を17800で。
うわ、画面の発色がいいな。GBAとは大違いだ。
正直な話、ここ数年の携帯ゲーム機戦争はニンテンドーDSの圧勝って雰囲気があるから、PSPを買う気はありませんでした。でもまあ満足、かな。
PS2系やPC系のソフトをプレイしている人なら好きなタイトルがあるかもしれません。何せファルコム、ガンダムアクション、GTAが出ているので。
逆に脳トレやポケモン、のんびりしたゲームをやりたい人には向いていないでしょう。
そんな意味でニンテンドーDSは普段ゲームをしない人へも買わせたけど、PSPはゲーマー向けで、市場的にはDSに勝てないのかなぁ、と個人的に思ったりします(あ、勝つってのはこの先数年、雑誌で取り上げられるとか言う意味で、勝ったからと言ってメリットはないかも)。

ただ、ニンテンドーDSとWiiは日常的にゲームを行わない層へ売ってしまったが故に流行が終わると売れないのでは? と考えてしまいます。ニンテンドーDSって初めのうちはコアなゲーマーがいて、そして脳トレやDSLiteで広告が付き、品切れになった印象があるため、欲しい人が買い終えて、脳トレブームが終わったら任天堂の売り上げは目に見えて下がるのでは? と余計なことを考えてしまいます。
普段ゲームをしない会社員に受け入れられると年間通して売れますが、そういう人たちは新しいソフトが出たからと言ってせっせと買わないような気がします。
どんなビジネスモデルを作るのかゲーマーとして注目の的ですね。

2007年4月25日水曜日

2007年就職活動日記vol.6

会社選びと理想と黒い噂

就活をするとき、人は2chを参考に会社を選ぶ人と全く見ない人に別れます。
で、選択肢の一つがブラックでショボーンとしたり、内定をもらった先がブラックで、それでも大丈夫! と自分を騙したりと、万が一の事態が起こった時、その人はどんな行動をするのか見えますね。
さて、ぼくは2chはあまり参考になりませんでした。
なぜなら大企業をねらったから。大企業は研修がしっかりしてるとか、製品がトップシェアだから市場への影響が大きいとか、事業範囲が広いとか色々言いましょう。
2chでのブラックネタは、2chをどこまで信じるかによります。そしてブラックランキングを見たせいでチャンスを失っても自分の責任と割り切ることができるかどうかにかかるでしょう。知名度や従業員人数などの関係上、どうしても大企業&みんな知っている企業が噂に出やすい傾向がありますから。
ブラックといわれてても若い内ならできるとかいう報告もあるらしいですし。
個人的には行きたい企業のみ受験することを勧めますよ。

2007年4月24日火曜日

2007年就職活動日記vol.5

自己PRの書き方

最近はどこのセミナーでも同じことを言われますし、どこの面接・エントリーシートも同じことを聞かれます。
・自己PR
・志望動機
・学生時代に行ったこと
の三点です。
正直、自分たちは一つ覚えなことしか聞かなくて、学生の見分けがつかないとか言うのもアレだよな、と思いますがね(PRネタなんてゼミ・サークル・アルバイト・留学・旅行・趣味・資格・ボランティアの中から一つ、学んだことは人間関係・向上心などしか書けないんだからPRにかぶりが出るなんて当たり前だと思うのだが)。まあこの三点もリクルートが始めて他の企業が真似しただけだとかなんとか言われてるんですけどね。

とりあえずぼくの書き方は
・自己PR=現在
・志望動機=未来
・学生時代に行ったこと=過去
です。こんな感じに考えれば書きやすいと思います。
で、「私は~~です。なぜならば具体例。それから~~を学びました。そのため私は~~です。」が全ての文章のフォーマット。
面接では特に意識して使う必要があるでしょう。


……と言いたいところですが、ぼくはこのフォーマットを一切使わなくなった時点から面接に合格し始めたため、フォーマット自体が間違っている可能性も否定できません。いかんせん全てはぼくの経験しかわかりませんから。

2007年4月23日月曜日

2007年就職活動日記vol.4

受ける企業を絞ろう

そういえば、書くのを忘れていましたが、ここに書かれているのはあくまでぼくの体験なので、必要以上に気にしすぎると後悔するかもしれませんよ。何事もやってみて失敗した方が、次回の役に立ちます。
それでは今日は企業選びについて。

・受けたい企業が決まっていれば受ければよい
が大原則です。
でも普通は決められないし、全ての業界に興味を覚えるでしょう。
そこで
1.人と向き合う?orモノと向き合う?
2.短期決戦?or長期決戦?
3.多くの人と交わりたい?or少数でも深くつきあいたい?
などを考えれば答えは出やすいでしょう。
答えが出なければ多くの企業・業界を回るのも方法です。ぼくも受けてない業界が住宅、食品、飲料、流通・小売りだけですから。








実際問題、今みたいに就職活動が長期化した状況ではできるだけ多くの企業を同時に回る必要があるのも事実でしょう。
ついでに多くの企業で聞かれることもほとんど同じであり、それは志望動機ですらそうです。少し業界研究を行えば業界内の企業の違いがわかるようになるので、それを適当に加工すれば通用するのですから……。
決めすぎるのも問題だとぼくは思ってますけどね。

2007年4月22日日曜日

2007年就職活動日記vol.3

自己分析について
自己分析とは自分のやりたいこと・自分の性格を研究して、どの業界・職種・企業を受けるか考えるものです。ついでに面接での「どの業界を受けてるの?」や「どんな仕事したい?」などに対する回答も作っておきましょう。企業によっては「広い視点を持ちたいからあえて業界を絞らない」と答えたら自己分析ができていないと言われましたからねー(実話)。
ただしどこでも言われてますが自己分析マニアにならないように気を付けましょう。何事もほどほどが一番。

1つ目のツールはマズローの5段階欲求説。就職用の自己分析セミナーでは大人気です。
これは人間には
1.生理的欲求:食欲・睡眠など生きる上で欠かせない欲求
2.安全への欲求:危機回避や健康維持など身を守る欲求
3.愛情への欲求:恋愛や人から良く思われたい、集団への帰属をも含めた欲求
4.尊重の欲求:社会的ステータス・人から認められたい・プライドを満たしたい欲求
5.自己実現の欲求:「自分はこうなりたい」人物になる欲求
という5つの欲求があるお話です。そうそう、上の引用自体、孫引き+ぼくの中で整理された結果なので学術的正確性は保証できません。
さて、今、就職しようとしている学生は1と2はクリアされているでしょう。そのため残りの3個をランク分けしましょう。
とりあえずぼくの場合は、物欲>愛情>自己実現という夢も希望もない人間なので
4>3>5
です。
これで少なくともぼくはある程度の大企業(もしくは知名度のある企業)で年収が多けりゃ多いほど良いという基準を作りました。

2つ目のツールはデール・カーネギーの欲望説。マズローよりも具体的です。
中身は
1.健康と長寿
2.食物
3.睡眠
4.金銭と物欲
5.来世の生命
6.性欲
7.子孫の繁栄
8.自己の重要感
です。マズローの愛情への欲求がカーネギーでは性欲と子孫と自己重要感に分断されました(?)。
これも適当に引用してるため正しいかどうかは知りません。マズローで何となく漠然として首を捻ってるのなら、こちらを試してみるのがおすすめ。


で、こんなことを書いていてなんですが、フィーリングとかで自己分析をしたほうが良いと思いますよ。各企業には何となーくの社風があり、それと合わなきゃ落ちます。それ以前に面接官との相性もある。
自己分析しすぎて視野を狭くするのは損ですよ。

Second Life(以下セカンドライフ、もしくはSL)はどこまで成功するか

SLが一部で有名になったのは2005年後半だったような気がします。
それから少したって、一般のメディア(つーかR25)で有名になり始めたのが2006年後半。ぼくが就活の時期です。
そのためITを積極的に取り入れている企業はSLのことを質問したりしました。

そんな中、日本経済新聞であるニュースを見ました。
mixi、セカンドライフ内で就職活動(関連情報:http://web-hr.net/2007/02/mixi2008.html)。
少し遅れて電通国際サービスもSL上で会社説明会を開いたらしいっす。これはmixiがSL説明会を行ったのを見て決めたんじゃないかと思ってます。
最初は面白いと思っていましたが、よく考えるとどこまで成功する試みか疑問があります。
というのもぼくはSLをしていないからです。ぶっちゃけPCが動かない。
そういや就活中も比較的多い人がmixiに入っていないことを知ったため、この手のサービスはマスコミで言われてるほど広まっていない気がします。
つーかPCを持っている人自体が様々な調査で出る結果より少ない気がします。
某IT企業でプレゼンテーション面接があり、パワポを使ってUSBメモリorフロッピーディスクで持ってくるよう指示されたのですが、USBメモリを前日買ったとか言う話を受験生同士でしておりました。面接官からは「最近の人はみなUSBメモリとか持っててすごいねー」と関心されましたが、いえいえ、現実は違うらしいのですよーと心の中でツッコミを入れてました。それに似た件でぼくたちの就活はリクナビとかPCを利用しますが、学生の何割かは学校などのPCを利用しているらしいです。つまり世間で言うIT普及と学生から見た状況はかなり違います。
ぼくも新しい物好きですがSLには手を出せていないのですから。

ある面接でSLを利用したプロモーションを出せと言われて
・SLの利点は大きさや色、デザインが周りの物体と合わせて比較できること
・SLはSNSと違い誰でも参加できるし、すでにビジネス用としての実績があること
・IT感度の高い人が参加しているのでアンケートなども集めやすいし求めている答えが出る
・よって新製品の精密なオブジェクトを作れば良いプロモーションができる
という当たり障りのないことを言いましたが、実際は
・本当に人数がいるのか
・対象が本当にSL参加者で良いのか
などを考慮しなければならないでしょう。

そういえば同じネット上の採用活動ではドワンドの2chでの募集が有名でした(
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/06/news069.html)。
これに対してSLはネットゲーというほどゲームした造りでないし、コミュニケーションのためにわざわざソフトを立ち上げるのかは疑問だし、ビジネス利用はされているものの・・・・・・。
ある程度は普及するものの、どこまでかは微妙でしょう。
ネットゲーでもない癖に後から参入する人があまり楽しめない(単に土地が買い占められてるってことですが)ってどういうことよ・・・・・・。

2007年4月20日金曜日

2007年就職活動日記vol.2

ぼくが実際に活動した大まかな日程を書きます。
2006年 9月 日経ナビ合同セミナー参加
 10月 日経新聞社セミナー参加
 11月 学内セミナーピーク(他の人はテレビ局&外資系で力試し)
 12月 最初の選考開始
2007年 1月 上記選考、3部門で失敗
  2月 個別企業説明会参加(他の人はIT・ベンチャー受験)
  3月 選考・説明会本格化ーー15日以降は毎日あります&金融リクルータ接触
  4月 第1・2週は1日4社まわる。3週以降は極端に予定がなくなるからつらいっす(俗に言う持ち駒がなくなる状態)。
      5月 中小出版社選考開始&独立行政法人系も試験開始?

まあ今年は出だしが早いと言われてましたから来年以降もこうなるかはわかりません。
外資などは面接になれるために受けた方が良いような気が。
4月になると周囲の人が色々言い出すが、自分のペースで行動するべきだと思います。
あせって金融エントリーとかしてると他の予定に食い込みますよ。

2007年4月19日木曜日

2007年就職活動日記vol.1

まだまだ内定はもらってないけど。

次の世代の人(&もしかしたらぼく)へのアドバイスみたいなものです。
まずは簡単に自己紹介を。
-------------------
Tellur
現在大学5年生。2008年3月卒業予定
文系(経済系)
関東在住
出版・物流・メーカ志望
-------------------
まあおいおい書いていきます。